ネイチャークルーズNEWS!056



1197
2012年1月31日 「すぐそこに」

本日は、うねりが多少あったものの流氷は港の沖にしっかりと見えました。
船で作業していると『シモ(知床半島岬方面)にも氷はびっちりきてるみてーだぞ』と漁師さんが
声をかけてくれました。安心して9時便出航です!
 
 
天気は快晴!風もなく流氷帯の中に入っていけば、海はべた凪です。
そしてワシたちもたくさん集まりました^^
 
まさにこんな感じです。
知床連山をバックに流氷、そしてオオワシ・オジロワシ!!
船長が撮影した美しい景色です。
 
 
私はオジロワシが好きなようです。
自分で撮影した写真を整理してみると、オジロワシがほとんど…
勇ましく魚を食べているオジロワシ。
 
 
流氷帯に新雪が積もり、ワシが着地をするとふわふわ雪がこのように舞い上がります。
 
 
本日はざっと数えて140羽ほどのオオワシ・オジロワシを確認することが出来ました。
こちらウミガラス類、他コウミスズメ、ウミスズメ、オナガガモ、スズガモ、シノリガモ
など海鳥もたくさん見れられました。
 
 
知床連山バックにお客様が夢中で撮影している様子です☆
 
 
氷上では、餌を奪い合い激しいバトルが繰り広げられます!!
 
 
凛々しい顔を見せるオオワシですが、意外と臆病だったりおまぬけな面もあるんです。
本日は海に落ちておぼれている姿が見られました(笑)
 
 
明日も出航予定!流氷帯は根室海峡にしっかりと入ってきましたよ。
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN1/drift_ice/cgi/ice_inform.cgi
 
そろそろ鯨類も見つけたいです(笑)





1196
2012年1月30日 「ねむろバードランドフェスティバル2012」

本日の羅臼は、朝雪が降っていましたが次第に晴れていきましたね。
根室海峡には、うねりがあったのですが流氷が入ってきたようです。
国道を走っていると、流れてきた氷が見えました^^
このまま順調にいきますように。
 
さて、羅臼でも渡り鳥やオオワシ・オジロワシで賑わってきましたが…
 
オジロワシと流氷
 
流氷とワシの群れ
 
2012年2月4日、5日(9:00〜17:00)の2日間は根室市で
ねむろバードランドフェスティバル』が開催されますよ!!
 
場所は道の駅「スワン44ねむろ」(大会本部)、春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター
他市内各所で様々なイベントが開催されるようです。
羅臼町も参加します、お時間ある方はぜひご来場ください。
 
明日も出航予定、流氷が近くにありますように。
冬季シーズン、ご予約受付中!!





1195
2012年1月29日 「変な鳥とは…」

本日は、朝から深々と雪が降り続きました。
午前便の出航予定がありましたが、昨晩からの強風のため
うねりが高く、流氷はいずこ??残念ながら欠航です。
 
夕方、標津町から羅臼町に入ったところで、木の高いところに
見なれない形の鳥に目がいきました…
 
『変な鳥がいた』と私が言うと、
 
『この辺で変な鳥がいたら、大概ミミズク系だ!』と船長。
 
『大概がミミズク系って…(笑)』と私が笑うと
 
『あんな高いところの木にタンチョウでも止まってるってか!?』
 
いやぁ、それはもっともなんですけどね。
ちなみに私が見た鳥は、トビよりも小さく茶色系のちょっと丸い感じの鳥でした。
 
標津から羅臼町に入ったところから、羅臼道の駅まで国道沿いに止まっているワシを
何となく数えてみました。
 
オオワシ・オジロワシ合計30羽見つけました。
もっとよくよく見ればもっといたかもしれませんね^^
 

新しい雪が降ると、いつも見なれた景色が違って見えるのでまた新鮮で美しいです。
 
一つお知らせです。
北海道でのイベントとなりますが、1月28日〜2月26日まで札幌大通りビッセにて
知床・羅臼エキシビジョンが開催中です。
詳細はこちら、知床羅臼町観光協会HPをご覧ください。





1194
2012年1月28日 「うね〜りクルージング」

本日は、見出しの通り…うねり!!!!
昨晩から吹き続いていた風が影響し、ぐねんぐねんの海の中へ出航です。
うねり、白波があったものの流氷は運よくこんなところに。
 

うねりがあり、ばらけた流氷が本日は港の目の前ありましたよ。
こちらの写真は、羅臼の2階建て漁港前です!!
ワシの周りには、カモメやカラスも集まります。
その鳥たちの泣き声が響く中で、実はワシたちも『クワッ、クワッ』と鳴いているんです。
 
 
鳴く時にこのようにワシは頭をよく上げます。撮影中にちょっと耳も澄ましてみてください。
 

氷上でのオオワシ、オジロワシの様子もいいですがたまには上空のバトルも見ものです♪
 

こちらは、いつも高いところがお好きなワシの着地。
 
 
ワシたちは本日、約80羽ほど確認することが出来ました。
そしてこちらは、カメラマンの石井英二さんです。
 
 
日本列島いきものたちの物語』 2012年2月4日(土)公開!!
奇跡の島・日本列島に満ちあふれる、いきものたちの“家族愛”感動の自然ドキュメンタリー映画。
その中で、知床を舞台にヒグマの兄弟の成長の記録を羅臼在住のカメラマン

石井英二さん、輝章さん親子が撮影に臨みました。

撮影:石井輝章氏
 
HPの予告編映像も美しい日本、愛情たっぷり素晴らしい映像ですのでご覧ください。





1193
2012年1月27日 「流氷クルーズスタート!」

本日は、今年初の流氷&バードウォッチングクルーズです^^
中国のお客様方を乗せ、7時半にいざ出航!!
 
昨晩から風が吹いており、気になっていたのですが
羅臼岳も綺麗に見えて、波も思った以上に落ち着いていました。
 

そして、流氷帯はというと出航してすぐに見つけることが出来るほど!
スタッフ岡野は、初流氷クルージング♪
初めてのものばかりで、興味はあるようですが寒さには勝てないようでした(笑)
 

お客様たちも夢中でシャッターを切り続けております。
 
 
知床半島を入れて、オオワシ・オジロワシの群れ!!
ざっと数えただけでも100羽ほどのワシが確認できましたよ。

 
エサの魚にゆーっくりと歩み寄るオジロワシ^^
 
 
エサを奪い合うワシたち。

目をこらし、潮吹きなども探してみましたが…そこまで見えたら初日にしては
贅沢過ぎますかね^^
残念ながら鯨類は確認することが出来ませんでした。
 

明日も出航予定ですが…本日の様に順調にいくことを願います。
冬季シーズンご予約受付中です、皆さまのご予約お待ちしております。





1192
2012年1月26日 「夕焼け染まる羅臼」

本日も天気がよく気持ちのいい1日でした。
夕方、北方領土・国後島もくっきり見えていたのですが、
雲もなく、羅臼岳も夕焼けピンクに染まり美しかったです。
雪はいたるところで山積みです(汗)
 
 
旅人の宿とおまわりのご主人から『流氷が見えるよ』と情報を頂いたので
国後展望塔へ上がると、確かに国後側にたくさんの流氷帯が見えました!
明日は海の状態が良ければ、今年初出航となります♪
 
そして、いよいよ公開間近!!!
2012年2月4日(土)公開となります、『日本列島いきものたちの物語
奇跡の島・日本列島に満ちあふれる、いきものたちの“家族愛”感動の自然ドキュメンタリー映画。
その中で、知床を舞台にヒグマの兄弟の成長の記録を羅臼在住のカメラマン
石井英二さん、輝章さん親子が撮影に臨みました。

撮影:石井輝章氏
 
HPの予告編映像も美しい日本、愛情たっぷり素晴らしい映像ですのでご覧ください。





1191
2012年1月25日 「雲ひとつない空」

今朝は天気が良さそうかな?と思っていたので早起き!!
しようと思ったのですが、寒くて布団から出られず…
 
日が昇ったあとの散歩となってしまいました。
朝の気温は6時で−12度、素手では手が痛くて辛かったです(汗)
 
 
オジロ橋の奥には、北方領土・国後島が見えます^^
青空快晴で、羅臼岳もとても綺麗に見えましたよ。
 

羅臼川には、白いまんまるの物体が…ハクチョウが休んでいました。

オオワシも近くで見ることが出来ました。
標津方面から羅臼に向かう国道沿いの木々には、
オオワシ・オジロワシがよく見られるんです。
 

冬季シーズンのご予約受付中です!皆さまのご予約お待ちしております。





1190
2012年1月24日 「港内にぼうずが」

本日は、夕方には落ち着きましたが昨夜から羅臼は吹雪(汗)
ぐーんと気温も下がり路面はツルツル、強風で雪が吹き溜まりました。
 
夕方に天気も良く、風も落ち着いたので港へパトロールに向かうと
オジロワシが飛んでいました。
 
スズガモやシノリガモ、ホオジロガモやカワアイサなどを確認。
 

そして、鳥ではない何かを遠くに発見し、近づいてみるとゴマフアザラシが^^
 

 
港内をうろうろ泳いでいる姿が見られましたよ♪
暗くブレブレ写真になってしまいすみません…
なかなか近くに寄れませんでしたが、可愛らしい姿が見られました。
 
そして、羅臼ビジターセンターからのお知らせです。
1月28日(土) 9:00〜ルサフィールドハウスにて、らうす自然講座が開催されるそうです。
内容は『シカのワナについて』詳細はこちらをご覧ください。
お時間ある方は、ぜひご参加ください!!





1189
2012年1月23日 「流氷なび 」

本日は朝起きたら雪がたーっくさん積もっておりました。
昨日から積もりそうだなぁとは思っていましたが…車の上には30cmほどの雪。
 
町民みんなで協力し、えっさほいさと雪とりです^^
今日の雪は、気温が高く湿気を多く含んだべちゃ雪。
 
長谷川漁業部のホイルローダーフル稼働です!!!
昔は漁業で活躍したこのブル(ホイールローダー)は今や雪とりマシーンです^^
漁業経営者の家庭には一家に一台あるんです。
 
 
本日は、ずーっと雪が降り続きました。


夕方には、スタッフみんなで船の雪とりもしてきました。
溶けた雪が明日はまた気温が下がりそうなので、凍りそうです(汗)
みなさん、道内の運転お気を付けて。
 
流氷速報を見ると、流氷はちょっと離れてしまったようですが…
ツイッターで『流氷なび』が開設されたようです。
網走市・斜里町・羅臼町の観光協会が参加し『流氷の今』をどんどん配信しましょう!
ということで、私たちも情報を提供していきたいと思います。
 
『流氷なび』は知床羅臼町観光協会HPトップ右にリンクされておりますので
ぜひご覧ください。





1188
2012年1月22日 「伊太地山伝兵衛 厳冬LIVE TOUR 2012 in RAUSU 」

本日は朝からどんより、雪がパラパラと降り続き視界不良でした。
1日ひきこもりで事務仕事だったので、外で写真は撮りませんでした(汗)
また明日から雪が積もりそうです…
 
まずはお知らせです。
2012年1月28日(土)18時30分から、羅臼公民館大ホールにて
を開催します^^
お時間ある方はぜひお越し下さい!!!
お問合せは、羅臼公民館 0153-87-2004 または 松浦 090-5950-9157 まで。
 
先日、浦河餃子の話をさせて頂きましたが
こちら、サンプルとしてまさごの店長さんから頂きましたのでご紹介します^^
餃子は全部で5種類あります。
 
 
・昆布と鮭魚醤も道内産を使用したひぐまの黒餃子
・北海道のスタミナ山菜の行者にんにく餃
・バターと牛乳も道内産とろりバターのカレー餃子
・道産の健康玉ねぎを使用したさらさらレッド餃子
・豚と野菜も道内産ピリ辛なんばん餃子
 
ネット販売もしておりますので、ぜひお試しください。





1187
2012年1月21日 「氷点下のお散歩

本日は新しく購入したカメラの試し撮りのためお散歩へ。
羅臼川や港にはたくさんの鳥たちがいました。
 
レンズが小さいので遠いですが…
ホオジロガモやシノリガモ、スズガモにオオハクチョウ
カワガラスもいました。
 

ホオジロガモのつがい
 
天狗岩付近まで行って見ると、木々にはオオワシがよく見られました。
 

オオワシ
 
トドも100頭ほど陸から確認出来たと知人から教えて頂きました。
流氷は本体ではなくまばらですが、昨日同様羅臼町沖に確認出来ましたよ。
 

冬は空気が澄んでいて、気持ちがいいですね^^
羅臼灯台下ろうそく岩の風景です。
 
さて、一つお知らせがあります。
いつもお世話になっております、写真家・若狭政信さんの写真展が東京で開催されます。
開催日は2012年 3月 14日(水)〜3月 26日(月) 東京都新宿 ペンタックス スクエア内
詳細は以下をご参照ください。
 
『北の楽園』君に逢いたい
 
北海道の生き物たち、知床・羅臼沖の生き物の写真も展示されますよ。
お時間ある方はぜひ、お立ち寄り下さい!!





1186
2012年1月20日 「流氷急接近!?

本日も1日天気がよく昼間は気温も上がりました!
…と言っても最高気温はマイナスですよ(汗)
都内でも雪が観測されたようです。
 
さて、昨日『流氷初日』をお知らせしましたが
本日は帯状になった流氷がもっと南下してきましたー!!
 
以下の写真は長谷川船長が国後展望塔から撮影してくれました。
どのくらい近くで確認出来たかというと、羅臼漁港のすぐそばです^^
 
 
朝は雲がかかっていた羅臼岳も夕方には晴れていましたね。
 
 
私も夕方、国後展望塔から撮影しましたが携帯で撮影してもこの通り
はっきり流氷がわかりますね。


私は本日も『とおまわり』の鬼!?コーチ指導の下(笑)
1日びっちりスノーボードをやってきました。
 
流氷も順調に南下し、オオワシ・オジロワシもよく目につくようになってきました。
お客様の需要はまだないので、来週末辺りが初クルーズとなりそうです。
冬季クルーズのご予約受付中です!!皆さまからのご予約お待ちしております。





1185
2012年1月19日 「流氷初日

年明けから大雪、暴風などで悩まされた羅臼ですが
ここ2、3日は青空も見え、気象も落ち着いています。
 
さて、こちらの写真は知人がクジラの見える丘公園から撮影しました。
青い空、そして海そこに一筋の白い線が見えますが、いよいよ羅臼町から
流氷が確認されました。
 

流氷速報を見ても、密度が濃く流氷体が根室海峡にしっかり入ってきました。
 

明日はウニの初セリも行われますね。
 
こちらは長谷川船長が漁港で、入港してきた海上保安庁の砕氷型巡視船『てしお』
を撮影してきました。おそらく流氷観測に行ってきたのだと思われます。
 

てしおの後ろに見えるのは、羅臼のスケソウダラ漁船です。
私はというと…旅人の宿『とおまわり』のご主人にお誘い頂き、1日スノーボードへ^^
 

人生初!!転びまくりで滑っている姿は公開できません(汗)
と言っても『とおまわり』のブログで様子は明らかにされているかと…
帰る頃には、リフト乗り場のおじさんたちから『上手になったね』と褒められました。
褒められて伸びるタイプです。





1185
2012年1月18日 「羅臼町郷土資料館

まずは流氷ですが、順調に南下しております。
 
本日は、シャッターをきるのは約3か月ぶり!?(笑)
羅臼在住のプロカメラマン石井輝章さんが撮影してくださいました。
ウニ漁が出ており、なんと!ウニ漁船の近くには約60頭ほどのトドも見られたそうです^^
 

ウニは明後日お店に並びます(撮影は羅臼町春日町)
 

お昼に石井さんと世界の川端さんを連れて、峯浜町にオープンした
羅臼町郷土資料館』見学へ。
元々は植別小学校という学校の校舎を改修し、資料館としてオープンした建物で
各教室が、植物、動物、産業などなどわけられて多くの展示物がずらり^^
 
昔は手漕ぎの木製の船で漁をし、羅臼ではニシンが沢山とれていたそうです。
こちらは自家加工されたタラの開きの写真、
この干したひらきタラは、この当時羅臼の特産品でもあり、タラを干している風景は
羅臼の春の風物詩だったそうです!

 
船長が『エリカ、昔はこれをお風呂にしていたんだ!』と言われ
へー、こんなお風呂だったんですか!とよく見たら『ニシン釜』と書いてありました(汗)


大量に水揚げされたニシンを茹でるのに使われていた鉄釜だそうです。
ニシンをなぜ茹でるかというと、そのニシンを焚いて干して、畑などの肥料に
使っていたためです。それだけ昔は、北海道沿岸どこでもニシンがとれていたそうなんです。
世界の川端さんも昔の羅臼町の景色、漁労など懐かしい風景を見て嬉しそうに
私たちに様々な記憶を話して下さいました。
 
以下写真左カメラマンの石井さん、中央が世界の川端さん、
そして左が学芸員の館長涌坂さんです。
 
 
後ろに写っている鯨類の模型も全て涌坂さんの手作りです!!
オジロワシバックにみんな揃って記念撮影もしました。
 
 
 
展示物を見る度に『これ、いたいた!』『これ、あったあった!』『これ、見た見た!!』と
川端さん、長谷川船長2人がしゃべりっぱなしだったおかげで、色々説明してもらい
面白かったですね〜。羅臼お越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
 
そして、ここで一つお知らせです。
いよいよ近日公開!!『日本列島いきものたちの物語
奇跡の島・日本列島に満ちあふれる、いきものたちの“家族愛”感動の自然ドキュメンタリー映画。
今回一緒に見学した石井輝章さんも知床半島のヒグマ撮影で
お父さんである石井英二さんと撮影協力しております。
2012年2月4日(土)公開です、お時間ある方ぜひご覧になって下さい。
HPの予告編映像も見ましたが、美しい日本、愛情たっぷり素晴らしい映像でしたよ。
羅臼のシャチも出る!?かもしれません^^お楽しみに。





1184
2012年1月17日 「流氷接近中

本日は、ニュースでもやっておりましたが網走で『流氷初日』となりました。
羅臼町側はというと、知床岬の先端部に行っていた漁船の乗組員から流氷体が見えたと
教えて頂きましたよー!
 
漁港に行くと、ちょうど流氷対策のため『氷ぼんでん』の準備をしている
漁師さんたちがいました^^
このトラックに積んである、ながーーい竹は流氷時期特有の浮き『氷ぼんでん』です。
普段はプラスチック製の丸い浮きを使いますが、その浮きでは流氷に流されたりするので、
このように長い竹の浮きを使用することによって流氷がきても、流氷の下を潜り
浮きが持って行かれないように工夫されています。
 

漁船たちがこのような準備を始めたということは、羅臼での『流氷初日』も間近!?
このままうまくいけば、昨年に引き続き流氷の到達は早そうですね。
 
冬季クルーズご予約受付中です!!皆さまからのご予約お待ちしております。
海上保安庁の流氷速報も要チェックです。





1183
2012年1月16日 「近年にない大雪

冬の北の海ですから、時化ることは覚悟していましたが…
仙台から苫小牧までのフェリーで船酔いし気分が悪かったので
白波一面の海をぼーっと眺めていたら、フレームの中に違和感を感じ
集中してよく見ると、白波の中に今年初イシイルカ発見^^
 
ということで、無事羅臼に戻りましたエリカです。
ご無沙汰しておりましたが、みなさん今年もどうぞよろしくお願い致します!!
 
羅臼に帰る途中、お世話になってます浦河にあるお店『まさご』さんに立ち寄り
 

変わっているならコレだよ!と店長にオススメして頂いた特製ミルクラーメン(カレー味)
 
 
まさごオリジナルの浦河餃子も頂いちゃいましたよ〜♪

(日高昆布餃子、行者にんにく餃子、ミルキーカレー餃子)
とても美味しく頂きました。ごちそうさまでした!!
オリジナルの浦河餃子はネット販売もされておりますので、ぜひご賞味ください。
 
また明日から、羅臼の旬な情報をお伝え出来ればと思います。
帰省中も長谷川船長からは、『羅臼雪凄いぞ!!』とよく連絡が来ていましたが、本当に凄い(汗)
流氷も順調に南下しているようですね!今年の冬季クルーズも楽しみです。





1182
2012年1月15日 「羅臼川周辺の風景

今日の羅臼川周辺の様子です。
羅臼は連日気温がプラスにならない真冬日が続いています。
流氷も日に日にオホーツク沿岸に近づいています。
根室海峡に回り込むのも例年並みかと思われます。
本日撮影はクルー兼船長見習い兼ガキン長の長谷川雄紀が撮影してきました。


羅臼川で休むオオハクチョウとカモ


羅臼川オジロ橋から望む北方領土国後島です。
冬場は特に気圧や気温の関係で大変綺麗にまじかに見ることが出来ます。


羅臼港で羽を休めるカモ達


羅臼川の側にいたオオワシの成鳥と幼鳥です。


こちらはオオハクチョウと川底に見えているのは産卵のため溯上して死んだ沢山のサケの死骸です。





1181
2012年1月11日 「真冬日の船玉祭

本日は船玉祭といい全国的に船の神様に御供え物をし大漁旗を掲げ今年一年の大漁や航海安全の
祈願をする日なんです。又今日は北海道中が気温が一日中プラスの気温にならない
真冬日でした。漁船達の中には写真のように船体着氷を沢山着けての漁船も目立ちました。
今年一年羅臼の港が大漁で海難事故ゼロで終えるように祈るばかりです。
 
流氷も海上保安庁の発表では今日現在網走から140キロ付近まで流氷の先端が来てるそうです。
オオワシやオジロワシが町内でも観察できるようになってきました。


マストの着氷を木槌で叩き落とす吉定丸の乗組員


作業灯もこのとうり!


こちらはエバーグリーンの神棚。今年一年の航海の安全お願いしました。


エバーグリーンの神棚が小さいため御供え物は操舵室前方に御供えします。


船玉祭の大漁旗と船体着氷


この着氷は沢山船体に着くと氷の重さで転覆する可能性もあるんですよ。





1180
2012年1月8日 「すけそうだら漁が始まりました

新年最初のすけそうだら漁が始まりました。操業初日から
水揚げにはばらつきが有るもののまずまずの漁模様でした。 
又本日から小さな和船によるタコの空縄漁も始まり流氷が近づくとウニ漁も始まります。
羅臼は知床で唯一冬の漁船漁業が行なわれる所です。お越しの際は旬のスケソウダラや
ウニなどご賞味ください
 
流氷も順調に南下しています。北緯45度だいまで先発が到達しています。
詳しくはトップページの流氷速報をご覧ください。


この船は日の丸を掲げて操舵室をオレンジ色に塗った北方領土国後島の
沿岸3カイリまでの操業許可を有する安全操業許可船です。


北方領土国後島を背景にスケソウダラ漁船が入港してきます。


こちらが スケソウダラでこの卵巣がタラコの原料になります。
一般にマダラの卵巣はタラコとしては流通してません

こちらは マダラ



甲板で魚外しの作業風景です。テントの外は氷点下です。


網から外された魚はトラックに積み込んで市場に搬送しセリにかけられます。





1179
2012年1月1日 「新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。


新年の大漁と安全操業を願う漁船の大漁旗


国後島からの初日の出



>>> トップ

(有)知床ネイチャークルーズ
〒086-1833 北海道目梨郡羅臼町本町27-1 「道の駅知床・らうす」裏通り
TEL 0153-87-4001 FAX 0153-87-4002 【電話受付時間:7時〜20時】
ご予約は知床一番!知床二番!まで