ネイチャークルーズNEWS!032



581
2010年1月30日 「まだまだ続く出遭い」
昨日の続きの話になりますが、私たちは動物調査のため1日沖にいました。
標津方面へ南下していくと、たくさんのスケソウ漁の漁船が集まっていました!
ちょっとだけ、漁船に接近し見学。
いつもお世話になっております、民宿とおまわりのご主人・横前さんが
真面目に働いていました〜
 
 
少し風があり、白波が・・・その中に白波と違ったしぶきはイシイルカです。
何頭も確認出来ました!!


以下の写真はケイマフリ!目の周りがくりっと白く何とも愛嬌があるお顔立ち。
 

そして、迫力あるトド群れです!!陸が近いのがわかりますか??
以前も紹介しましたが、国道からも見られることがあるんですよ。
 
 
警戒心が強いトドなので、なかなか近くで見ることが難しいですが・・・


トドたちもよーく見ると、みんな顔が全然違いますね。
出遭いてんこ盛りのクルーズでした!!
さて、次回はどんな出遭いが待っているでしょう?冬季クルーズ随時受付中!!





580
2010年1月30日 「つぶらな瞳にメロメロ♪」
本日は動物調査のため1日チャーターにて出航!!
天気も良く、素晴らしい景色でしたよ〜♪
 
 
見てください!!羅臼港を出てものの20分ほども走ればこの通り。
思っていた以上に流氷は羅臼側、根室海峡を埋め尽くし
国後島までびっちりの様子。
 
 
流氷上には、オオワシ・オジロワシが目立ち、今時期ではとても珍しい
クラカケアザラシを発見!!
 
 
とっても可愛いですよ〜、クリクリの瞳がこちらを見ていますね。
目撃情報も増えているゴマフアザラシも流氷に3頭。


こんなに近い所でゆーっくり観察することができました。
ゴロゴロ・ゴロゴロ、天気も良いので日向ぼっこです♪


この後、ミンククジラの浮上も確認したのですが・・・写真には収められず。
クルーズ後半の情報はまた明日!!





579
2010年1月29日 「ヒレが見えました」
オオワシ・オジロワシはもちろんのこと、ゴマフアザラシの目撃情報も
ちらほら耳にしております。みなさんも見つけているようですよ  ↓↓
 
写真家・倉沢栄一さんブログ   http://www.kdot3.com/cp-bin/blog/index.php
ガイド・石田理一郎さんブログ    http://banyakitahama.blog35.fc2.com/
 
隣町まで出かける道中、ふと海に目をやると家と家の間に黒い何かが見えた気がしました。
素通りしたのですが、どうしても気になりUターン。
すると・・・トド群れ発見!!(間違ってシャチでもいたらと小さいカメラを持参して良かった)

峯浜付近にて
 
見づらい場所にいたので、少し見晴らしのいい所に移動して、
また海を一通り眺めると・・・ビンゴ〜♪
 
 
一つ目のトド群れから400メートルほど離れたところにもう一つの群れ発見。
夢中で撮影していると、残念なことにカメラのバッテリー切れっ。
 
用事を済ませ、帰り道も海が気になりながら走っていると・・・またしてもトド!!
しかし、カメラのバッテリーが切れていたのでした(泣)
何を思ったかバッテリーを外して、それを振って入れ直し、スイッチ入れてみると
なんと電源復活!!!!!

麻布付近にて
 
全て国道から撮影しています!!帰りが一番近く、はっきり顔もわかりました。





578
2010年1月28日 「まちに待った氷到来!!」
今朝、観光協会の後藤さんから『氷が見えました』との連絡!
『氷が多くて網がまけない!氷上にはワシ達もたくさんいる〜』
と教えてくれたのは、知床半島岬よりの安全操業に出ていた栄幸丸の船頭さん。
・・・ということで、早速国後展望塔へ向かったのですが、ちょうど目の前に
なが〜い竹を積んだトラックが。
 
 
これは氷ぼんでんと言って、流氷が羅臼に流れてくるこの時期特有の浮きです。
山の方に目をやれば、お〜人が雪山を登っている。

山頂付近の黒いつぶが人です。
 
安全操業の船が続々と帰ってきていました!奥には北方領土の国後島が見えます。

 
そしてこちら!!奥はかすみもあって見えづらかったのですが、
知床半島から国後島に流れる一筋の流氷が見えましたよ〜。


左端にはちょうど飛行中のオオワシも♪
嬉しいお知らせです!!今年の流氷初観測になりますね。
本日の流氷の情報は、観光協会の羅臼ほんものニュースにも
記載されておりますので、要チェック!





577
2010年1月27日 「ヤン坊マー坊天気予報♪」
私たちの船もヤンマーには大変お世話になっておりますが、
昔から大好き、ヤンマーのキャラクターでお馴染みのヤン坊マー坊が、
50周年を迎えました♪
 
 
船長も厚い信頼をおいている、ヤンマー。
その商号は、豊作の象徴であるトンボ、その王様である
ヤンマ-トンボから命名したそうです
 
 
そして流氷が知床半島・羅臼側に回りこんできたようですね!!
冬季クルーズ随時受付中です。





576
2010年1月26日 「流氷を感じますか?」
本日は風が冷たく寒い1日でした!羅臼岳は真っ白、美しい。
 
 
流氷の動きも日々変化しています。
知床岬の先端の方にはきているようです。
ワシ達も流氷の訪れを感じているのでしょうか!?
 

BIRDERの1月号に羅臼沖で撮影された写真が掲載されておりますので
ご紹介したいと思います。
ハシボソミズナギドリの大群の写真は井上大介さん
ハジボソミズナギドリの群れと流氷上のオオワシ、オジロワシの
写真は戸塚学さんです。
流氷上のワシたち・・・早く見たいですね!!
 
そして秋元亮太さんの写真展のお知らせです。
 
【ピリカ モシリ】
2010年1月5日〜2月5日 キヤノンSタワー2Fにて
 
【Lightscape 光彩の季(とき)】
2010年1月21日〜1月27日 キヤノンギャラリー梅田
2010年2月12日〜2月24日 キヤノンギャラリー名古屋
その後、札幌・仙台・福岡と続きます。
 
詳細はこちら http://ameblo.jp/ezo-photo/
 
お近くの方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか??





575
2010年1月25日 「キラキラの野付半島U」
昨日の話の続きです!
こちらの写真は、野付半島から見た知床半島そして北方領土の国後島
知床半島から中間地点までのココの間で、私たちはクルーズを行っているんです。

 
そして、野付半島では湾内は結氷。
外側も流氷の誕生です!!小さいですが海面は氷のかたまりが。
 
 
岸に打ち寄せるシャーベット状の海水が『シャリシャリ〜』っと涼しい音を奏で
遠くからはハクチョウの鳴き声が響いてきます。
とても心地のいい場所ですよ♪
 
 
岸に盛り上がったシャーベットはなんとも言えない新感覚の踏み心地!!
この音もシャーベットの感覚も全部持ち帰ってみんなに伝えられればいいのに・・・
と思いました。
野付半島に行った際には、ぜひ野付半島ネイチャーセンターへもお立ち寄り下さい。





574
2010年1月24日 「キラキラの野付半島」
本日は、船長とスタッフ佐藤と共に野付半島へ遠足に♪
昨日、今日と天気がよくお出かけ日和でした。
 
まず、野付半島ネイチャーセンターへ行きました。
野付半島はこのような形です!
 
 
野付半島では、オオワシ・オジロワシも多く確認でき
半島からは距離がありましたが、遠くにゴマフアザラシもたくさんきています!
電柱にオオワシが止まっている光景も珍しくありませんよ、驚きです。

 
野付湾の中は凍り付いており、その上をシカが横断していました。
天気がよかったので、凍りついた湾に青空が反射してとてもきれいでした。
まだ続く話は・・・また明日!
 

そして夕方、羅臼のルサ沖辺りにシャチの群れを確認したと連絡がありました。
陸から双眼鏡を使って確認したところ、6頭ほどいたそうです。
大きな背びれを持ったオスが目立っていたとか。
流氷も順調に南下してきています、冬季クルーズのご予約受付中です!!





573
2010年1月22日 「アニマル看板☆」
本日はとても寒い1日で、かつ時折強風・・・
運転中も雪が舞い前が見えなくなるほどでした。
 
路面はつるつる・・・汗
 
少し北に車を走らせれば、風がビュービュー、沖は白波が立ち、時化模様。
写真手前は晴れていますが、奥の知床半島の相泊方面は天気が一変。
 
 
道内なら、あちらこちらで見かけると言えば警戒標識『動物とびだし注意』の看板。
北海道内は、野生動物も多く様々な動物看板が目に付きます。キツネやクマも!
隣の中標津町方面では、酪農地ということもあり『牛横断注意』看板。
 

 
ここで道内定番であるのが、このシカの看板でしょう。
以前、シカの角の向きがおかしくないか?という話をしたことがありますが、
実は、滅多に見かけませんが角が逆向きの看板もあるんですよね。
ご当地看板としては、小笠原のヤギや沖縄のカメ、西表島のイリオモテヤマネコなどなど♪
ちなみに、私の地元宮城方面はサルやイノシシ、タヌキもありますよ〜。
他にもたくさんありますが、もしオモシロ動物看板がありましたらぜひ教えて下さい!





572
2010年1月21日 「ぷりぷりおしり」
以下の写真は見ての通り、鳥のおしりですが・・・
 

羅臼川の河口に毎年2羽ハクチョウが現れるんです。
今年もやってきたようですね♪
ずっと観察していると、何度も川の中に顔を突っ込んでは
おしりフリフリ動いています。
 
 
実は、川の中で死んでいるサケを物色し、食べている様子!!
羅臼川ではマスやサケの遡上が見られます。
その為、川の中には力尽きて死んでしまったサケがたくさん。
 
 
・・・それにしてもサケが大きすぎるようで、何度大きい口を開けくわえても
するするサケは水中へ落ちていくのでした。がんばれハクチョー!!





571
2010年1月20日 「雪もどんどん溶けて」
本日は、全国的にあたたか〜い1日でしたね。
羅臼も暖かかったです。
この雪だるま、朝7時に作成したのですが午前11時頃には
溶けて傾いていました・・・
 
 
・・・ということで、本日は早朝から環境省の仕事で1日チャーター。
知床岬まで行き文吉湾へ上陸です。
久しぶりに見た知床岬は、水墨画のような白黒の世界で幻想的。
 
 
航海中は、シノリガモやハシブトウミガラス、オオワシなども確認しました。

シノリガモ
 
そういえば、以下のような珍しいものを見せてもらったんです。
何かわかりますか?
実は、スキー板なのですがスポーツ用ではなく山登り用のものだそうです。


昔の人が滑り止めに使用したのが、アザラシの毛皮。
板の裏には毛皮が貼られ、登る時は毛が逆立ちストッパーになるそうです。
今では既製品を使用しているそうですが、貴重なものを見せて頂きました!





570
2010年1月19日 「ウニ、ウニ〜♪」
本日、お昼にウニ漁の船が入港してきました!
氷点下近く寒い中、朝の7時頃からお昼まで漁をするそうです。
福井さん方にお話を聞き、見学させて頂きました。
 
 
専用の水中メガネを使って海中をのぞき、タモでウニをすくっていきます。
 
 
そして、採れたこのウニの皮剥き作業がすぐ開始され
明後日、競りに出されお店に並ぶというわけですね!!
『ほれ、食ってみろ!』と採れたてウニを手渡されました〜♪♪
 
 
うわっ、すごっ!!!ちょうどお昼だし白飯持参すれば良かった・・・笑
ありがたく頂こうと思ったら、後からきたうちの船長が
『エリカ、あれ撮れ!』『これ撮れ!!』と言われてる間に
タイミングを逃し、ウニさんとはおさらば〜
 
 
また来いと言って頂いたので、またの機会に・・・泣
 
 
ウニ漁は本日が初日だったそうで、6月くらいまで続きます。





569
2010年1月18日 「鳥がたくさんいます」
本日の漁はどうだったのでしょうか?
お昼頃、スケソウ漁船が続々と入港してきました!!
漁船の上を飛ぶカモたち、奥には北方領土の国後島がよく見えます。

 
道の駅前にもカモがたくさんいます、スズガモやシノリガモ、ホオジロガモなど。
そして漁船が入ってくると、どこからともなくオオワシ、オジロワシが港の上に
集まってくるんです。
 

よくよく目をこらして国道沿いの山の木々を見てみると
ワシ達が結構、止まっているんです。
 

漁船からのおこぼれをこの鋭い目で狙っているんですね。
 
さて、お知らせがあります。
今週1月21日(木) 19:00〜20:00
羅臼ビジターセンター・レクチャールームにて第10回しれとこゼミを開催します!
今回はシカについてのお話会だそうですよ。
参加費無料ですので、皆さまお誘い合わせの上ぜひご参加下さい。





568
2010年1月14日 「エゾバフンウニ漁も始まります」
まもなくウニ漁も開始します。
港にあるこの小型の小さな船で漁に行きます。


港内には、スズガモやシノリガモもいました。
河口にはホオジロガモもいたかな・・・!?
そして、流氷も着々と近づいてきているようです!
皆さまもぜひ冬の体感クルーズを体験しては如何でしょうか?
寒い、寒いと言っておりますが羅臼は通常下がってもマイナス10度
内陸ですとマイナス20度だそうです、羅臼は暖かい方ですね(笑)
 
そしてひとつお知らせです。
今月1月17日(日)18:30〜20:30
知床国立公園 羅臼ビジターセンター(羅臼町湯ノ沢)にて
知床らうす自然講座『 アラスカ x 知床 ヒグマたちのいま』を
開催いたします。参加費無料ですので皆さまお誘い合わせの上
ぜひご参加下さい。
詳細はこちらをご参照下さい http://rausu-vc.jp/2010/01/07-151616.php





567
2010年1月12日 「ますます寒い・・・」
今朝、Evergreenに積もった雪を溶かす作業をしておりました。
昨日よりもかなり冷えました。
作業している9時でマイナス7度、朝6時にはマイナス9度だったようです。
通りで水を流してもあっという間に凍るわけで・・・
 
 
作業後ずぶ濡れのまま・・・(笑)
ちょうどスケソウ漁を終えた船が入港したので船長と見学に行きました♪
今日も大漁!見学させて頂いたのは、きよ丸さんです。

船長も船頭現役のころお世話になっていたそうです。
 
以下の黄色い部分は、お腹から飛び出したタラコ。
みなさんが世間一般で言っているタラコとはスケトウダラの子を言うんですよ。
船長も昔はスケソウ漁も行っていた船頭さんでした!


ちょっと中にもお邪魔すると・・・ずらっと積まれたスケトウダラ、すごい!!
煮ても、焼いても、鍋でも、干しても何をしても美味しいのがスケトウダラですよ。
 


動物、自然はもちろんのことですが、それだけではなく
この時期に漁船が出る町の様子が見ることが出来るのも羅臼の魅力です。





566
2010年1月10日 「スケトウダラ漁開始」
羅臼の港からお送りします!!
さて、今年もとーーーっても寒い中・・・
スケトウダラ漁が始まりましたよ!初日から漁は、例年よりいいようです。
 
たくさん魚を積んでいるので、船首が水没しています。
奥に見えるのは北方領土の国後島です。


この通り、すごいスケトウダラの量です!!
寒い中、このように黙々とパートさんたちは魚外しをするんですね。

 
この時期、知床半島で漁に出ているのは実は羅臼だけなんです。
若い漁師さんたちも一生懸命働いています。

 
私と同年代の方々も多く働いており・・・本当に感心します!!





565
2010年1月1日 「新年あいさつ」

新年明けましておめでとうございます。
昨年は多くのお客様に当知床ネイチャークルーズをご利用頂きましてありがとうございました。
本年も安全運航のもと、更に多くの皆様に素晴らしい羅臼の魅力を伝えていきたいと思っております。
2010年も知床ネイチャークルーズをどうぞよろしくお願いします。
スタッフ一同



>>> トップ

(有)知床ネイチャークルーズ
〒086-1833 北海道目梨郡羅臼町本町27-1 「道の駅知床・らうす」裏通り
TEL 0153-87-4001 FAX 0153-87-4002 【電話受付時間:7時〜20時】
ご予約は知床一番!知床二番!まで