ネイチャークルーズNEWS!035



655
2010年4月30日 「フレンドリーミンク」
本日は、午前・午後共に出航しました。
午前便は珍しくミンククジラが船に興味を持ったのか、自ら近寄ってきてくれました!!
10分以上、船から離れることなくご覧の通り♪
 

白いお腹も見え、確実に私たちを観察している行動をとっていました。
シャチはよくありますがミンククジラはなかなかゆっくり観察出来ないので
とても貴重でしたよ。
 
 
ハシボソミズナギドリの群れも日に日に増えています!!
そして本日午前の便に関しては、シャチが北方領土・国後島側に確認できましたが
遠かったですね・・・午前は5頭ほど確認。
 
午後便はというと、このように近くで見ることが出来ました。
午後は午前とは違う群れで、4頭確認。
 

午後はちょっと波があったので、ちょうどシャチの顔全体が海上に上がった瞬間を
船長がしっかり収めていましたので、以下の写真で拡大してみました!
 
 
シャチが目を閉じているのがはっきりわかるかと思います♪とても可愛いです。
そして、5月いっぱいまで当社でお手伝いしてくれる実習生をご紹介します。
 


京都出身、岸田久代(きしだ ひさよ)さんです。
シャチが好きだそうで、今日は興奮しっぱなし!?・・・といった感じでしたね☆
鳥には全く詳しくないそうなので、鳥好きの皆さまご指導のほどよろしくお願い致します(笑)





654
2010年4月29日 「Automated External Defibrillator
こちらのコンパクトなバック・・・実はAEDです。
当社の船Evergreen号にAEDを搭載致しました!!
当社の船だけが使用するのではなく、船長の仲間の漁船が万が一の場合があっても
役に立てることがあればという思いの元に搭載。
いずれにせよ、使用しないことにこしたことはありませんね!

 
そして、本日から知床・らうす道の駅に設置された65型テレビによる
羅臼のライブ映像放映がスタートいたしました。
羅臼町観光協会のほんものニュースでも紹介されておりますのでご覧下さい。
 
本日は、時化のため午前・午後共に欠航でした・・・





653
2010年4月28日 「日本野鳥の会写真展」
北海道の雄大な自然の中に息づく、多様な生きものの姿を
いつもお世話になっております、戸塚学さん倉沢栄一さん
そして、和田正宏さんという贅沢な3名の作品でご紹介する写真展が開催されます!



期間:2010年5月10日(月)〜6月16日(水)
場所:オープンギャラリー(品川)キャノンSタワー2Fにて
入場無料です。ぜひお近くにお住まいの方は足を運んで頂ければと思います。





652
2010年4月27日 「惜しげもなくシャチです」
本日は午後便のみ出航しました。
天気もよく羅臼岳もキレイに見えてましたよ!!
さて、本日のクルーズはというと、珍しくオジロワシが上空を飛び
 
 
ハシボソミズナギドリの群れ増えてきましたよ〜
漁船からの連絡では、知床岬の方にもミズナギドリが集まってきていたと
目撃情報を頂いております。
 
 
そして、出航して1時間走らずともシャチの群れを発見しました。
船に近い所でもこのように、キャビンの中から撮影しています。


近くに寄ってきてくれたり
 
 
北方領土・国後島もキレイに見ることが出来ました。
チャチャ岳とシャチのコラボショットです♪


前後左右、どこを見てもシャチ!シャチ!!シャチ!!!
船を取り囲むようにシャチだらけ・・・



本日は全部で少なくとも40頭はいたと思われます。もっといたかもしれません!
夏季クルーズ、ご予約受付中です!皆さまのご予約お待ちしております。





651
2010年4月25日 「べた凪&視界不良」
本日は午前便のみ出航しました。
出航前から、雪が降り始め・・・
 
視界はご覧の通り、見える範囲が狭くずっと雪が降り続きました。
最初は皆さん元気に外で周りを見ていたのですが・・・
最終的に2階デッキに残っていたのは、ごくわずかでした。
 
視界は一向に晴れませんでした(汗)
ずっと沖を走っていたのですが、途中から沿岸沿いを走りモイルス湾へ行きました。


雪が降りしきるモイルス湾、雰囲気はとてもいいですよ〜めちゃめちゃ寒いですが(笑)
本日はウトウが目立ち、フルマカモメも確認されましたよ。

 
どんどん海も穏やかになり、最後にはべた凪ですが・・・
視界は最後の最後まで晴れず!!!
粘って粘って長時間のクルーズとなりましたが、皆さま寒い中大変お疲れ様でした。





650
2010年4月24日 「陸の王者、海の王者」
本日は、午前・午後共に出航です!
午前は他社の観光船はまなすさんと2隻で出航し、私たちは沿岸沿いを岬方面へ。
今年初の数は少なかったもののハシボソミズナギドリの群れを確認。
 
モイルス湾から赤岩へ向かうと、ウニ漁の船が出ていましたよ〜
以下の写真は珍しいコラボショットです!さてウニ漁の船と・・・??
 
 
実は写真右上の黒い物体は、ヒグマです!
羅臼側で船からヒグマを見られるのは珍しいんです。
 
そして、以下の写真は何だと思いますか??
 
 
船に乗っている方たちは、最初・・・『ラッコだー!!』と盛り上がったそうですが(笑)
何と、オットセイでした。鰭脚を絡めて浮いているようですね♪
それから観光船はまなすさんから連絡があり、シャチがいたということでした。
急いで向かいましたが、シャチは遥か遠く・・・北方領土・国後島側。
双眼鏡で何とか見れたかな?という距離にいました。
 
午前は残念ながら、とーーーーくシャチでしたが、午後便は観光船はまなすさんが
すでにシャチを近くで確認していたので、連絡をもらい直行!!
この通り、近くで観察することができましたよ。さて以下の写真はシャチが何頭写っているでしょう?
 
 
シャチの背びれが見にくい波がたっていたようですね。
潮吹きにはキレイな虹がかかっています!!

 
オスの立派な背びれはやはり貫禄が違いますよ。
背びれだけでも2メートル近くあるんです、波を押しのけ泳ぐ姿は本当にカッコいい!!
 
本日は約10頭ほどの群れでした。



午前、午後と内容がガラリと違った面白いクルーズでした。
さて、明日はどんな出遭いが待っているのか楽しみです♪





649
2010年4月23日 「welcome to Rausu」
本日はタイから来たお客様と共に、12時の臨時便にて出航です。
ユリカモメがたくさん目立ちましたよ〜その他海鳥はウトウもこのように
特徴的な突起もしっかり写っていますね!船長がキャビンから撮影。
 
 
ミンククジラも2頭確認されました。
そして、皆さんも気になるのがやはりシャチでしょう!!!
本日も見てきましたよ、こーーんなに遠くに・・・
背景には北方領土・国後島がはっきり☆
 
 
残念ながら発見されたのが日露中間地点よりもロシア側で長いこと待ったのですが、
とうとう日本側に入ってくることはありませんでした。
肉眼でギリギリ見えるくらいに遠い(泣)約12頭程いたと思われます!
最近シャチとの遭遇率が高くなっております。
もちろん100%の遭遇を保障することは出来ませんが、一緒に羅臼の海へ行ってみませんか??
皆さまのご予約お待ちしております。 オルカGo!!Go!!





648
2010年4月22日 「試験→シャチ」
本日は、以下のような感じで観光船各社の船長さんたちと共に水中マイクと
らうす道の駅のモニターで流すライブ映像の試験を行いました。
 

試験を終了した後に・・・
実は、出航前に漁師さんから相泊沖にシャチがいたと連絡を受けており
ちょっと足を伸ばしましたが、シャチは見つからず帰港かな〜と思ったら
さすが、世界の川端さん!!!波もあり探すにはコンディションは悪い中
肉眼でシャチの噴気を発見、ありがとうございます。
 

船の近くにも寄ってきてくれたそうで、無邪気に尾びれを上げたり
仰向けになったり、遊ぶシャチたち。
 

ピンボケですが、手前のシャチは少しオレンジがかっていますよね。
シャチの赤ちゃんですよ♪
GWもまだまだ空きがございますので、ぜひ一緒にシャチを探しに行きましょう!!
 
 
そして、ひとつお知らせがございます。
以前もご紹介しましたが、自然写真家の今井尚二さんの写真集『すくすくヒグマ』
が本日発売を開始いたしました〜☆

 
昨日、北海道新聞の夕刊でも大きく記事が取り上げられていました。
私も目を通しましたが、心温まる母子の暮らしや絆、伝わるものがたくさん溢れる
素晴らしい写真集でしたよ。ぜひ皆さまにも見て頂きたいです!通信販売はこちらから
知床ネイチャークルーズ事務所でも取り扱っておりますよ。
 
本日は、今井さんと長々とお互い熱く語ってしまいました。
写真のこと、自然のこと、今井さんの写真にかける想いや苦労・・・
『写真の裏側を見なさい』今井さんは、その写真の背景も見ることが大事だと言っていました。
その1枚の写真を撮るための、苦労や努力が伝わってくるものだと。
私も皆さんに自分の撮る写真を通して、羅臼の素晴らしさをたーーーーっくさん伝えていきたいと
常に思っています。





647
2010年4月21日 「どうせなら、船に乗って近くで見てみよう!!」
・・・と常連のお客様、写真家の宮本昌幸さんは言いました。
彼のブログで素晴らしい羅臼沖のシャチの写真が紹介されておりますよ♪
いつもお世話になっております。
 
そう、羅臼沖のシャチの遭遇率は日本一と豪語してもいいでしょう!!
以下の写真は先日の4月18日に出遭ったシャチの群れです。
陸からさほど離れていない場所、そして自分達から船に向かってきてくれました。
 
 
夕暮れ時の景色も素晴らしい時間。
宮本さんも羅臼沖は陸からでも肉眼でシャチが見られる貴重な場所と豪語そして切なる思い・・・
その気になる内容は、ぜひ写真家・宮本昌幸の撮影日誌をのぞいて見て下さい。
 
ぜひ私たちと一緒にシャチを探しに行きましょう!皆さまのご予約お待ちしております。





646
2010年4月19日 「雪壁ウォーク」
2010年4月18日は何の日かというと・・・長谷川船長夫妻の結婚記念日♪
そして、知床雪壁ウォーク開催日でしたね!!今回は大木も初参加です。
たくさんの参加者が続々と受付。
 
スタッフ佐藤も受付嬢で活躍中☆
 
スタート地点はこんな感じでした〜、人が凄いですね(笑)
 
 
こーーーんなに雪壁が高いんですよ、この前で多くの方々が記念撮影!!

 
観光協会後藤さんがしっかり仕事をこなしております。


 
羅臼岳をバックに除雪作業の見学もしました。
 

今回の参加者、最高齢が77歳最年少が当日18日がお誕生日の
雪香(せっか)ちゃんでした。5歳になりました〜おめでとう!!

 
パパとママと楽しそうに参加していましたよ♪
私は運動不足が心配でしたが、10km歩ききりました〜。
また、知床雪壁ウォークの様子は、観光協会後藤さんがアップしてます
羅臼ほんものニュースでも紹介されておりますので、ぜひご覧下さい。
あ、撮り忘れましたが長谷川船長もしっかりカニ汁担当で仕事をしてました。
 
そして、本日凪もよく、天気もいい1日でしたよ〜海最高。
でもお客様の需要がない中・・・スタッフ佐藤は午後シャチを10頭?ほど
確認したと連絡をくれました。
シャチがいても、出航が出来ません(泣)GWもまだまだご予約受付中です。
皆さまのご予約お待ちしております。





645
2010年4月18日 「オルカゴーゴ、ゴー!!!」
本日は、風も少なく暑過ぎず、いい状態で雪壁ウォークに初参加!
のお話は申し訳ありませんがまた後日・・・
ということで、本日雪壁ウォークを切り上げ午後2時に臨時便を
急遽出すことになり、出航〜♪
 
風が本当になく、凪もよく、鳥も少なく、気持ちが悪いくらいに穏やかな海。
最初に出航していた他社の観光船アルランV世からシャチがいたと連絡!
背びれがとても大きなオスのシャチに観音岩付近で出遭うことができました。
 
 
ずっと1頭のみでしたが、帰港途中にクジラが見える丘から観察していた町民から
シャチが近くにいると連絡があり、向かうと何頭か分散していました。
あとはもうご覧の通り・・・立派なオスが西日に照らされ、勇ましく

 
呼吸のタイミングを合わせみんなで仲良く
 

急に方向転換をし、黄金色の海を突き進むシャチたち
 
 
4頭並んで泳いでいたら・・・


 
後から2頭浮上!明らかに小さく隠れている子シャチ☆ミ
本日は全部で計9頭確認しました。
 

風がなかったとはいえ、吐く息は白くとても寒かったですね。

 
鳥類はユリカモメ、ウトウ、ウミガラス類、そしてハシボソミズナギドリも数羽!
この時期がやってきましたよ。
午前中は、スタッフ佐藤がクジラが見える丘からミンククジラも確認しました。
さぁ、一緒にシャチを探しに行きましょー!! オルカGo!!Go!!





644
2010年4月17日 「海からの春便り」
本日は、風がなくべった凪の1日でした。
漁船の漁師さんから赤岩の沖合いにシャチがいたと連絡がありましたよ!
午後には、スタッフ佐藤がクジラが見える丘公園から海を観察していると
ミンククジラを数頭確認したと連絡がありました。
ミンククジラの泳いでいる姿はとても見づらいのですが、潮吹きがわかりやすく見え
鳥群れもあったので、どうやらオキアミがたくさんいたのでしょう。
それを捕食していたと思われます。これも春を感じる風景ですよね!
羅臼ビジターセンターのトピックにも紹介されております♪
 
知床には海から山までたくさんの生き物がおり、それが当たり前のように感じていますが
当たり前であって、当たり前でない素晴らしい自然が溢れています。

夕暮れのシャチと羅臼の町並み 2009年3月撮影
町からシャチが見れる・・・こんな贅沢ってないですよね(笑)
シャチは春先に遭遇率が上がっております!
ぜひ私たちと一緒にシャチを探しに行きませんか??
詳細はこちらオルカGo!!Go!!





643
2010年4月16日 「羅臼沖へLet's Go!!」
昨晩、友達とこんな話をしておりました。
本当なら、本の中やテレビの中の存在であるような
プロの写真家さんや絵描きさんなど芸術家の方々が羅臼にたくさん集い、
自分達と知り合いになっていくこと…この事実って凄すぎる。
 
確かに、プロの方のみならずみなさんに出会えたことは偶然であり必然ですが
それだけの魅力がこの知床に、そして羅臼にはあるんだな〜と改めて実感。
そこに今、居合わせることが出来ていることに日々感謝してます!!
 
いつもお世話になっている方々をはじめ、いつも知床ネイチャークルーズを
応援してくださっている皆さま、本当に本当にありがとうございます。
たらたらと前書きが長くなりましたが・・・お別れのメッセージではございません(笑)
やーーーっと船体整備が完了し、夏季クルーズ準備が整いました!!
シャチ・・・見たいですよね!?私も見たーい。では私たちと一緒に羅臼沖へ行きましょう♪
 

シャチの噴気孔右下に映っているのが私です♪
 
もちろん野生の生き物ですので、100%の遭遇を保障することは出来ませんが
シャチの遭遇率は日本一と言っても過言ではありません。
 
 
シャチのみならず、春先はミンククジラ、ツチクジラ、イシイルカとの遭遇の可能性も
鯨類のみならず、ユリカモメやウミスズメ、ウミガラス類、そして徐々にハシボソミズナギドリも集まります。
まずは海に出てみないことには!!皆さまのご予約お待ちしております。





642
2010年4月14日 「春を告げる花」
根室へ行く途中の車内から流れるラジオを何となく聞いていると、
根室ネイチャーセンターのスタッフさんが福寿草(フクジュソウ)が咲いているという
話をしておりました。
 
アイヌ語ではクナウノンノ【女神の花】やチライアパッポ【イトウの花】と呼ばれていたそうです。
クナウノンノというのはある伝説からとった名前だそうで
チライアパッポというのは、福寿草が咲く頃サケ科のイトウが遡上してくる時期にあたるため
そのような名前で呼ばれていたとか。
ちょうどいいので根室の帰りに春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターへ寄ってもらいました。
 
 
スタッフさんに福寿草は咲いているか聞いてみると、ガラス窓のすぐそこに
小さい黄色に輝く花が、福寿草です。


日の光りを浴び花が開くそうなので、ガザニアとかと似てますね。
また毒成分も含んでいるようなので、食べたりしないで下さい。
 
そして、船体整備も順調に進み今月16日には陸に上げていた船を海上に降ろす予定。
また4月18日(日)には知床雪壁ウォークが開催されます!
参加者もまだまだ募集中!観光船のご予約も受付中ですよ。
知床の山を体験した後は、知床・羅臼の海も一緒に堪能しませんか?
みなさまのご乗船お待ちしております♪





641
2010年4月13日 「何の話ってそれは…」
早速ですが、以下の写真をご覧下さい。
羅臼岳が一段と目立ち、きれいな知床連山が一望できます!
 
 
その隣には、北方領土の国後島に…
 
 
そして、目の前には野付半島が広がっています♪
 
 
さて、一体ここはどこから見た景色なのでしょう??
正解は、こちら↓↓別海北方展望塔…横にある公衆トイレからでした〜


船長がお手洗いに行きたいというので立ち寄ったのですが、
おトイレから出てくるなり『エリカ!お前も行ってこい、オーシャンビューだぞ!凄い景色だー。』
別に行きたくもなかったので、渋々のぞきに行くと何と素晴らしい景色なんだ!!
コレだけの景色が開放的な窓がついたトイレから見えます。
男性の方は、用を足しながら見ることが出来るらしいですよ。変な話ですみません…
船長は『今までこんな景色を見渡せるトイレは見たことない!!』とえらく感動しておられました。
『うちの近くの公衆トイレが一番!』『うちの近くの公衆トイレはココが違う!!』という
ご自慢お手洗いを知っている方がおりましたら、ぜひご連絡下さい(笑)
最後の最後までこんな話ですみませんでした…
 
そして、一昨日のニュースで出した以下の法律の漢字の読み方の回答。
 
虎膃肭臍猟獲取締法』
 
 
『らっこおっとせいりょうかくとりしまりほう』
 
が正解でした。根室の納沙布岬にはどうやらラッコが集まっているようで、
それが記事になっていました。みなさんは読めましたか?





640
2010年4月12日 「春よ恋」
タンチョウのオスであろう1羽が大きく羽を広げていました。
ずっと観察していると、近くにいたメスであろうタンチョウに愛のアタック!!
さて、この2羽は結ばれたのでしょうか?着実に春を感じる今日この頃です。
 
 
ということで、整備に出していたプロペラを取りに午前中は根室へ行ってきました。
ご覧の通り、職人技が光るこの作業…お見事です。いつもありがとうございます。
 
 
そして、天候に左右されながらも…なんとか塗装の方も最終段階突入。
塗装作業をして頂いてるのは、福士塗装工業さんのイケメン職人さんたち♪
アップでお見せ出来ないのが残念です(笑)
 

船体整備及びエンジン整備も終わり、夏季クルーズの準備が間もなく完了。
 
午後から私は、クジラが見える丘公園で生き物探しをしていると
北方領土・国後島のチャチャ岳方面に4頭のシャチ発見!!
かなり遠かったので写真には収めることが出来ませんでしたが、
早くでたーーい!!と歯がゆい感じで観察は続けられたのでした…
昨日出した問題の回答は、明日へ持ち越します。





639
2010年4月11日 「夏季クルーズへ向けて」
本日は、ずっとレクチャー用のパネル作成などの作業をしておりました。
天気が良かったものの風がとても強い1日でしたね…



GWを目前に控え、船体整備も着々と作業が進んでいますが
天気が不安定なのでペンキの乾きが悪いようです(汗)
GWはぜひ私たちと一緒にシャチを探しにいきましょう!!
夏季シーズンまだまだご予約受付中です。
 
いきなりですが、ここで問題です♪以下の漢字は何と読むでしょう??
本日の北海道新聞記事から気になる内容が。
 
虎膃肭臍猟獲取締法』
〜 ヒント=動物2種類です 〜
 
正解は明日にでも…





638
2010年4月9日 「知床横断道路行政視察」
本日は、斜里町と羅臼町を結ぶ知床横断道路行政視察のため
長谷川船長が知床峠まで行ってきました。
見返り峠からはご覧の通り、北方領土・国後島がくっきり見え、
国後島最高峰のチャチャ岳もはっきり見えます!


写真左側 チャチャ岳
 
国道の除雪作業はこんな感じです。
雪のカーテンの向こう側には羅臼岳がすぐそこに。
 

なだれの危険がある所は、このように命綱をつけて人力で行っているんですよ。
こんな急な斜面も・・・凄いですよね。
 
 
こちらのカメラを構えている方は…
知床羅臼の宿まるみの社長の湊さんです!
 


開通予定は、GWに合わせての予定。
開通されても、5月中は時間規制がございますので詳細については
お問い合わせ下さい。





637
2010年4月8日 「1ねんせい」
新入生がぞろぞろと店の前を行進!!
新入生を見ると、春を感じますよね〜ピッカピカの1年生です。
私にもこんな頃があったんだなぁ…ちょうど20年も昔のお話になります(笑)

 
最近、パッとしない日が続いていたのですが本日は1日快晴♪
しかし外は結構冷え込みますね〜。

 
羅臼岳頂上はやはり先日見た時より雪が・・・
本日は北方領土・国後島もくっきりはっきりで海もキレイな青が引き立っていました。





636
2010年4月7日 「春⇔冬」
本日は久しぶりに山頂の雪もかなり溶けてきたので
羅臼岳の写真を撮ろうと思っていたのですが・・・朝起きれば雪。
これで、また山に雪が積もってしまったでしょう。
GWは知床横断道路の開通時間が規制される場合があるので
ご旅行を考えているお客様は開通時間にご注意下さい。
 
ワシは、たまに飛んでいるのを確認出来たり、道沿いの木々を注意して見ると
とまっていたりします。見づらいですがオオワシです。
 
 
本日午後、パン屋に来られた常連のお客様がシャチが見たいと言っておられたので
最近もよく確認されていた、クジラが見える丘公園から見える可能性もありますよ!と
オススメすると『俺は視力が3.0あるから!!』と言っていたので、ぜひ見つけたら
連絡を下さいとお願いしましたが、見つけられなかったのかな・・・連絡なかった(泣)
天気が良ければ、このように北方領土国後島までくっきり見えるんですよ。

 
それ以前に、本日は風が強かったのでその後スタッフ佐藤から海は白波たってるよとの報告あり。
たぶん3.0の視力を持ってたとしても見つけやすい条件ではなかったようです(汗)
次はいつシャチに遭えるでしょう?ぜひ私たちとシャチを探しに行きましょう!!
夏季クルーズ予約受付中です。 オルカGo!!Go!!





635
2010年4月6日 「オススメの浜」
何だか空がぱっとしない日が続いております・・・
最初に羅臼に来た頃に思ったことが、気軽に行ける浜辺が少ないなという印象。
素晴らしい海がこんな目の前にあるのになぁ〜と残念に思いました。
ほとんどテトラポットに埋め尽くされているんですよね。
 
天狗岩の浜辺
 
テトラポットマニアには嬉しいかも!?探すとこんなに形があったのか!
と思うほど色んな形のテトラポットが見られます(笑)
私自身が羅臼をまだまだ知らないだけかもしれませんが・・・
オススメの浜知っている方、ぜひご連絡下さい(笑)
 
さて、みなさんお気づきのことと思いますが、当HPのフラッシュ写真が変わりました!
今回、写真提供して頂いたのは写真家の野口純一さんです。
いつもありがとうございます。
野口さんのオフィシャルサイトには、海の生き物のみならずたくさんの生き物写真が!!
「お〜!」とつい声が出てしまうような素晴らしい写真ばかり、ぜひのぞいてみてください。





634
2010年4月5日 「ゴマフアザラシはいずこ?」
本日は船の掃除等もひと段落ついたのでお休みでした。
最近、シャチが羅臼沖にやってきているせいなのか?
ゴマフアザラシの姿が見られません。
 
 
昨年も今時期ですと、このサシルイという場所の沿岸沿いの岩場は
ゴマフアザラシの休憩所にもなっているのですが・・・
世界の川端さんも見つからないと言っておりました。

それにしても日に日に暖かくなってきましたね!
東京は桜が満開だそうで・・・羅臼の桜はGW過ぎた頃です。
以下の写真は、先週撮影したヒカリゴケで有名なマッカウス洞窟
氷柱の写真です。

 
天井からもつららが垂れ下がっていましたが、今週はその影もまったくなく
路面もすっかり雪がなくなりました。
しかし、洞窟は落雪注意の為、只今立ち入りは禁止されているようですので
ご注意下さい。
 
本日は夕焼けがとてもキレイでした!!春が待ち遠しいです。





633
2010年4月4日 「船掃除」
先日、北海道新聞に羅臼沖のシャチと当社が紹介された記事が掲載され
シャチが見たいです!!と問い合わせが続々と来るものの、残念ながら船体整備が
続いております。
 
いつものマシンガントーク船長も、さすがに口数が2割ほど減ります(笑)
 

朝からずっと作業が続き、15時頃にクジラが見える丘公園へ。


視界は良好でしたが、シャチの姿を確認することは出来ませんでした。
ワシが数羽、飛んでいるのは確認出来ました。早く海に出たいです!!





632
2010年4月3日 「すくすく ヒグマ (愛、満ち溢れる、野生のヒグマの子育ての記録)
本日は嬉しいお知らせをご紹介します。
当社Evergreenを長年ご乗船して頂いております写真家の今井尚二さんが
なんと待望の写真集を出版することになりましたー!!

(以下、ご本人からのコメント引用)

春、母グマが巣穴から出たばかりの二頭の“こぐま”を独立させるまでの

二年間にわたる子育ての記録。

奥深い知床半島で、人知れずひっそりと幸せに生きるヒグマの親子が見せる

“愛と絆の物語”

暖かい血の通う生き物の涙と感動の“物語写真集”です。

野生の“ヒグマの生態”のみならず、血の通う“生き物の親子の愛情”とは何か?

との答えを探しながら撮影を続けました。

 

自然写真家 今井尚二(PHOTO ASSOCIATES

http://www.shiretokobrownbear.com/

 
発行は2010年4月28日予定!!
知床ネイチャークルーズ事務所でも販売いたします。発売日が待ち遠しいです♪
 
そして、本日も世界の川端さんから連絡があり、クジラが見える丘公園から
シャチを確認したそうですよ〜!!!!!もどかしい気持ちでいっぱいです…泣
GWはぜひ私たちと一緒にシャチを探しに行きましょう。
詳細はこちらから → オルカGo!!Go!!





631
2010年4月2日 「船体整備のお知らせ」
冬季シーズンも多くのお客様にご利用頂き誠にありがとうございました。
流氷の状態もよく、無事終了しました。
本日から船体整備のため船を陸にあげ、約2週間ほどお休みとなります。
 



写真左は当社Evergreen号 右はゴジラ岩観光カムイワッカ55号
 
運行開始は16日からを予定しておりますので、また詳細が決まり次第
ご連絡します。
 
 
今季も最後の最後でシャチと3日連続遭遇!!
野生の生き物ですので100%の遭遇は保障できませんが、
春先は例年シャチの遭遇率が上がっております。
 
 
私たちと一緒に、羅臼の海へシャチを探しに行きませんか??
また、本日もクジラが見える丘公園から世界の川端さんがシャチを確認しております。
沖に出ることは出来ませんが、シャチが羅臼沖にいますよー!!
早く、船体整備も完了し夏季クルーズに備えたいです。
ご予約・お問い合わせはこちらから。どしどしお問い合わせ下さい。



>>> トップ

(有)知床ネイチャークルーズ
〒086-1833 北海道目梨郡羅臼町本町27-1 「道の駅知床・らうす」裏通り
TEL 0153-87-4001 FAX 0153-87-4002 【電話受付時間:7時〜20時】
ご予約は知床一番!知床二番!まで