ネイチャークルーズNEWS!036



684
2010年5月31日 「じゃあね、バイバイ♪」
・・・と船長が言ったとたんに手を振って見送ってくれたのはこちらの動物。
シンクロか??とツッコミをいれたくなりました。


オットセイです!本日のオットセイはとーーーってもサービス精神旺盛で
ずっと船の周りでこちらを気にすることなく、体をごっしごしかいていました♪
 

ほぼ無関心。
 
本日も、テレビ局の撮影チャーターにて1日出航です。
海鳥も色々見ることが出来ました!
 

アビの仲間がたくさんいましたよ〜、シロエリオオハムが近距離で撮影でき
白黒のハシブトウミガラス!こちらも近いですよね。
 
 
その他、ミンククジラやイシイルカも何度も確認することができ・・・
そして、なんと!!!本日もザトウクジラに出遭うことができましたよ。
養殖昆布施設のすぐそば!知円別港の目の前です。
 
 
そのままザトウクジラが港に入港するのかと思っちゃいました^^
 

潮吹きがこのように、たか〜くあがります。
午前中に観察したザトウクジラはよく尾びれをあげて潜る泳ぎ方をします。
そして夕方にもザトウクジラを発見、船の真ん前でいきなりの浮上です!!
 

捕食しているシーンをみんなでゆっくり観察出来ました♪
こちらのザトウクジラは午前に見た個体とは違って、尾びれを全くあげずに泳ぎます。
 

わかりづらいと思いますが・・・お口をがばぁ〜!!!っとあけて一気に餌を飲み込みます。
この2頭は、昨日も確認された個体のようでした。
尾びれもぶんぶん振り回していましたよ、凄いしぶきでした。
 
一番浅いところでは約70Mほどしかないところでゆうゆうと泳いでいたんです。
とても貴重なシーンを見ることができ大感動でした。
 
また、本日の朝日新聞には昨日のザトウクジラについての記事が掲載されました。





683
2010年5月30日 「Evergreen小笠原遠征!?」
本日午前便波が多少ある中、ザトウクジラを見てきました。
確認されたのは、小笠原!!!
 
 
・・・ではなく、なんと羅臼町知円別沖です。
しかも、こんなに陸から近いところで2頭確認。
船長の話では、先週数回、地元漁業者からザトウクジラとも推察される
大型クジラの目撃情報が寄せられていたそうです。

 
そして、撮影した中に摂餌の様子と思われる写真が収められました!
ガイド佐藤の話によると、根室海峡でのザトウクジラの摂餌を示唆する
生態画像の記録は、おそらく今回が初めてでしょうとのこと!!
午後便に関しては、波風が強くなり残念ながら欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。

ということで夕方にルサフィールドハウスへ実習生と一緒に行ってきました。
今日から新しく竹本さんが実習生として加わりました!
 

先日紹介した、中村さんと竹本さんがシャチと記念撮影♪
二人とも夏までお手伝いしてもらいます、皆さんよろしくお願いします。
 
 
私と比べても、シャチってこーーーんなに大きいんですよね〜。
本日、確認されたザトウクジラは少々小ぶりだったそうですが、
シャチよりも大きいんです。
波がある中、皆さま本当にお疲れ様でした。





682
2010年5月29日 「太陽さんさん♪♪」
本日は久しぶりに太陽が顔を出しました!!!
見て下さい、この青空とカモメ。
 

この青空とさくら。
 
 
しかし本日はずっと風が吹き、波もあるため出航出来ず・・・
午前・午後便ともに欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございませんでした。
 
本日、夕方からはテレビ局の撮影チャーターにて少しだけ出航!
多少波はあったものの、イシイルカが私たちを出迎えてくれましたよ。


それからハシボソミズナギドリもたくさんいました。
 
 
羅臼岳バックに、凄い数です!!
明日も午前・午後共に出航予定です、素敵な出遭いが待ってますように☆ミ





681
2010年5月28日 「センスがいいのは?」
本日も1日時化のため欠航となりました。
先日、友達から“春の新作”がメールで届きました・・・
 

何かと言うと、羅臼川での川辺アート!?石や海藻、ビーチグラスを使った顔です(笑)
私も体育会系の血が騒ぎ『これは負けてられん!』と早速実習生と一緒に羅臼川へ♪
 
こちらが実習生の作品、坊ちゃん風?
 

こちらが大木の作品、南米風?
 

友達に作品を見せたら、初心者には難しかったかな〜と言われてしまった(汗)
確かにセンスもとわれるし、なかなか作るのに苦戦しましたが結構面白くはまりそうです♪
またトライして上達してやる〜。





680
2010年5月27日 「溶けてしまう・・・」
連日雨雨雨で、いい加減光合成を行いたい今日この頃。
本日もテレビ局の撮影チャーターにてお昼から出航しましたが・・・
時化のため1時間ほどで帰ってきてしまいました。

 
しかし、ハシボソミズナギドリの数は凄かったですよ。
時化てばかりで、まともに出航出来ずにいます・・・悲しいですね。
さて、明日こそ!!





679
2010年5月26日 「遅ればせながら、開花☆」
知床倶楽部や羅臼観光協会ほんものニュースでも
続々と桜開花の経過レポートが紹介されております。
 
私も先日、長谷川船長から『桜が咲いたぞ〜』と言われていたので
沖仕事に出る前に見てきました。
 

2010/5/23の朝6時ちょっと前の風景です^^
 
知床ネイチャークルーズ事務所からすぐ!!
誠諦寺(じょうたいじ)の桜はこの通り、やーーーっと咲き始めましたね♪
ちょっと濃いめのピンクがとってもcuteです。
しかし、連日寒い日が続いていますので満開まではまだまだ時間がかかりそう。
 
 
そして、雨・・・せっかく咲いた桜もあっという間に(泣)

 
早く晴れ渡った下でお花見したいです!!
※携帯で撮影したので、上手く撮れずにすみません。
本日は時化のため欠航となりました、明日は果たして!?





678
2010年5月25日 「雨続きです」
本日もテレビ局のチャーターにて7時ころ出航しましたが・・・
9時ころに時化で戻ってくることになってしまいました。
それでも、ハシボソミズナギドリはわりと数をなし、ミンククジラも数回浮上!!
 
 
本日のショットは、ピンボケのミズナギドリのみでした、すみません。
 
そして、新しい実習生のご紹介。
この麦わら帽子がトレードマークの中村有里沙さんです!
7月いっぱいまでお手伝い頂けます、みなさんよろしくお願い致します。

 
正面からの写真がまだ撮れていないので、素敵なスマイル写真はまた後日♪
お楽しみに〜。





677
2010年5月24日 「黄金バット参上!!」
本日もどんよりとした風景でしたが、1日テレビ局の撮影チャーターにて出航。
フルマカモメやアカエリヒレアシシギなどがとても目立ちましたよ。


以下の写真は、本州でも見かけるオオセグロカモメですが
いつもの甲高い鳴き声ではなく、ネコがすがる様な可愛い鳴き声で
キィユ〜っと首を曲げながら何度も鳴いていました。
 

そして、本日もシャチと出遭うことが出来ました!!
 

お腹を見せたり、胸びれをあげたり子どもたちはとても可愛いです♪
 
本日のおまけは、ミズナギドリ撮影で舳先で船を誘導する町民川端隆さん・・・
この姿を見て船長が
 
 
「エリカ見れ〜川端さん、黄金バットみたいだな(爆笑)!!」
自分で言って、ひたすら笑っていた船長。
黄金バットとは船長が子どものころ流行っていたアニメだそうです。
私は黄金バットを知らないので、回答に困りましたが
マント(ポンチョ)をバッサバサになびかせ、勇ましい川端さんなのでした。





676
2010年5月23日 「ウトウのサーフィン♪」
本日みせてくれたのは、ウトウの波乗りでした!!
上手に息を合わせて、2羽が波に負けずにサーフィン。
珍しい姿に船上で笑いがこぼれましたね。
 
 
ということで、本日も視界はあまりよくない中テレビ局のチャーターにて
1日沖におりました。
撮影メインは、このハシボソミズナギドリです。
 
 
ミズナギドリの群れの奥に、撮影中の船がいるのですが・・・
見えますか?船が見えなくなるほど連日凄い大群を見てるのです。
その他、ミンククジラも数回確認し、そしてお客様が霧の中「あ、シャチ・・・」
 
 
1頭がよりそい、胸びれでなでなで〜♪
本日も見せてくれました!約25頭ほどのたくさんのシャチたちと出遭ってきましたよ。

 
船の真横で尾びれを高く挙げ、水面をたたく音と姿は大迫力です。
 

 
そして、本日もなんと大ジャーーーーンプ!!
したのは以下の小さな赤ちゃんシャチ♪


 
パワフルにジャンプするも、ぴょこんという感じの可愛いジャンプでした。
赤ちゃんシャチを目の前にし撮影しているのは、知床ダイビング企画
関さんです。この位置で撮影した関さん・・・いい写真撮れてるでしょう〜!?
 
 
船に向かってきて、真下を交わすシーンもありました。
 

 
本日、一番写真に頭数が写りこんだのは12頭。記録更新です♪
本日の情報は、らうす観光協会ほんものニュース(5/23)でも紹介されておりますので
ぜひご覧下さい。





675
2010年5月22日 「濃霧だって、霧雨だって」
本日もテレビ局の撮影チャーターにて出航です。
久しぶりに知床岬の方まで行ってきました!!
以下の写真は夫婦滝です♪


ミンククジラは何度か浮上を確認しました。
そしてイシイルカも船首に。
 
 
ハシボソミズナギドリは連日凄い数群れていますね〜。
船長が操舵室から撮影☆


鳥類に関しては、アビ類やフルマカモメも多く確認されております。
本日も昨日に引き続き視界はあまりよくなかったものの
たくさんの出遭いがありましたね、また明日も1日はりきって行ってきます!!





674
2010年5月21日 「くちばしが美しい♪」
本日もテレビ局の撮影チャーターにて1日沖にいました。
多少波があり、1日霧の中どんよ〜りこんな感じ・・・
 
 
そんな中でも、たくさんのハシボソミズナギドリとミンククジラ!!
 
 
その他イシイルカやツチクジラとも出遭うことが出来ました☆
遠方ではコアホウドリも確認され、そしてどんよ〜りしたこんな日は
オレンジのこのくちばしが本当に目立ちますねぇ!!!

By:長谷川船長撮影
 
そうです、今年初観測のエトピリカ。
アイヌ語で「くちばし(etu)が美しい(pirka)」の意味を持つエトピリカ。
昨年も出遭ったのは、こんな薄暗い日の6月のことでした。
そして、本日は波の合間からひょっこり顔を出したのは



オットセイの子どもでした。愛嬌たっぷりとっても可愛らしいです。
本日もたくさんの生き物に出遭うことができた日となりました。





673
2010年5月20日 「アルランV世に乗船し」
本日は、テレビ局のチャーター撮影にて出航しましたが、
波が出てきたため午前中で帰港しました。
 
午後にガイド佐藤がまるみさんのアルランV世の出航に
同乗させて頂きましたので、そちらのレポートです!
 
雨で寒い1日となりましたが、シャチに出遭うことができました。


2つの群れを確認することが出来たそうです。
 
 
こちらの写真は、手前の群れの他に奥にもシャチの群れがいるのがわかりますよね!?
13頭ほど写真に写りこんでいますよ!
 
 
約25頭ほどはいたということでした。
お昼には、陸からシャチが確認できると船長に連絡もありました。
また明日もチャーターにて出航です!素敵な出遭いがありますように☆





672
2010年5月19日 「数えられる人は数えてちょーだい」
本日もテレビ局の撮影チャーターにて1日沖にいました。
海鳥もたくさん、フルマカモメやアカエリヒレアシシギなどが
目立ちました!
 
そして、遠かったのですが北方領土・国後島側にはシャチを確認。
10頭前後いたと思われますが、遠くて写真にうまく収まらず・・・
オスシャチの背びれをとらえたのですが、わかりますか?
 
 
そして、今回の撮影メインがこのハシボソミズナギドリ!!
本日は、本当にたくさんのミズナギドリが群れていましたよ。
さて、画面上に何羽のミズナギドリがいるでしょう?


羅臼漁港からそれほど離れていない場所での撮影となりました。
西日を浴びて、とてもキレイなミズナギドリです♪
 
 
そして、本日はイシイルカもいたるところで確認出来、
ミンククジラと多く出遭うことができました!!
以下の写真は、ミズナギドリの群れの中にミンククジラが顔を出しました。



その他、オットセイも見ることが出来ましたよ〜
本日もたっくさんの生き物たちと出遭えたクルーズでした。
天気も良く、凪もよく、皆さん日焼けで顔が赤くなってました♪





671
2010年5月18日 「霧の羅臼沖」
本日からテレビ局の撮影チャーターにて出航です!
今朝、漁船経営もしているわしの宿のご主人からモイルス湾から1.5マイル沖にて
シャチの目撃情報を頂きましたが、濃霧の為見つけることが出来ませんでした。
 
本日は写真には収められませんでしたが・・・
オットセイやミンククジラ、そしてツチクジラらしきものも確認。
 
イシイルカは船にもついて泳いでくれましたよ!!
 
 
そしてハシボソミズナギドリの群れは本日も凄かったです。
 
 
逆光の中、ゆっくり休んでいました。
ただ本当に霧が濃い1日となってしまい、生き物もよく探せず・・・
 
 
しかしながら、景色はとても幻想的ですよね。
明日も1日沖にいるので、多くの出遭いを求めて出航します。





670
2010年5月17日 「おひさしぶりね〜あなたに会うなんて〜♪」
あれから、ちょうど1年と2ヶ月が過ぎました。
2009年3月17日に出遭ったシャチたちTU1の3頭のグループと再会。
オスは一番最初に見つけたのですが、その後雲隠れしてしまいましたが
お母さんと子どもは、知床連山をバックに2頭並んで泳いでいます!!
 

本日は出航時、雲ともやで隠れていた知床連山も青く美しい。
 
 
ハシボソミズナギドリの群れもあちらこちらに分散しておりました。
ミズナギドリの中にミンククジラが船首近くで浮上♪
フルマカモメも目立ち、フルマカモメの白色も発見しました。


その他ケイマフリも。


予測不能な泳ぎをするこのファミリー。
潜水時間も長いのでみんなでキョロキョロ探していると、何度も船の真下を泳ぎ
真横に突然の浮上です☆ミ
 
 
後半は快晴になり、シャチも透けてよく見えていたのでとてもキレイに水中を泳いでいる写真も
撮ることが出来ましたよ。
 
 
常連のお客様も初めてシャチに遭えて喜ばれておりました!
明日はどんな出遭いが待っているでしょうね?
 
そして、先日5月14日の朝日新聞にて羅臼沖のシャチが一面を飾っております。
ぜひ、ご覧下さい。





669
2010年5月16日 「一周 365度」
本日も午前・午後共に出航しました!!
本日は今年一番のミズナギドリデーだったのではないでしょうか!?
 
こちらは午前便のミズナギドリ写真です♪
 
 
午前便は、なんと船の真横に突然ミンククジラが1頭浮上したようです。
あまりにも近すぎたので、カメラにちゃんと収められた方はいらっしゃったのでしょうか?
午後便は、まずイシイルカが私たちを出迎えてくれました!
 
 
体が見えない、独特な泳ぎ方をします。
しぶきがあがっているところにイシイルカがいるんですよ。
そして、こちらは午後便のハシボソミズナギドリ!!



お客様の見つめる先に、ミズナギドリの大群です。
奥の奥までミズナギドリが着水をして休んでいました。
 
本日のミズナギドリの群れを見て長谷川船長がマイクで一言・・・
『船がミズナギドリに囲まれてる〜365度ミズナギドリだなぁ!!』と言いました。
そこでお客様・・・
『残りの5度は何やねん!!』
いやぁ、ごもっとも(笑)
勢いあまって360度をオーバーしてしまうほど、凄い鳥群れだったってことを
船長は伝えたかったのでしょう♪
一面のミズナギドリは鳥に詳しくないお客様も、とても喜んでおられましたよ。





668
2010年5月15日 「青空のもと」
本日は久しぶりの出航となりました。
午前便は、イシイルカを近くで見ることができました!!
 
 
羅臼岳をバックにハシボソミズナギドリの群れも見ごとです。


そして、なんとミンククジラが船の近くで見ることも出来ましたよ。
緑色の物体は、お客様の頭(笑)凄く近かったんです。
 
 
そして、午前・午後共に出遭うことが出来たのがシャチでした。
午前便は日露中間地点よりもロシア側に確認しましたが、じわじわとシャチは日本側へ!!
近くで観察することができ、午後便に関しては羅臼漁港を出航して10分ほどでシャチと
出遭うことができました。
 
 
出航してすぐに『シャチが近くに見えるぞ〜』と連絡をくれたのが
羅臼町民・世界の川端さんでした。何と自宅からの確認・・・凄いです☆
シャチみずから、船へ接近・・・お客様も目の前に大きなシャチ!!
とても驚いていました。


こちらはの背景には羅臼灯台、そして目の前には立派な背びれをもったオスのシャチ2頭。
 

本日の午後便は、頭を海面に出し偵察する行動や胸鰭で海面をたたく行動
 

尾びれで海面をたたく行動などなど、本当に様々なシャチたち表情を見せてくれました!
 

そして本日のクライマックスをかざったのは、豪快・・・
 

ジャーーーーッンプ!!!!
何度も繰り返しジャンプをしておりました。
 

午後便は頭数が本当に多く、約50頭近くのシャチたちが辺り一面に群れていた
といった雰囲気でした。
羅臼の海・・・恐るべし・・・





667
2010年5月14日 「知床横断道路通過できません」
本日の知床峠・・・雪のため封鎖されておりました!!
だいぶ山頂は雪が溶けてきて春を感じ始めたのですが、春はいずこ。
 
羅臼川河口から
 
ゲートが開いても時間規制されておりますので、ウトロと羅臼を行き来するお客様は
お時間にご注意ください。
 
さて、先日は実習生の岸田さんをつれて羅臼観光♪
まずはやっぱり、知床ネイチャークルーズ事務所裏の海鮮工房にてソフトクリームから☆


 
それから天気もいいので、ちょっとドライブをしてルサフィールドハウスまで行ってきました。
岸田さんが何をしているかというと、オオワシの着ぐるみを着させてもらっています。
フィールドハウススタッフさん、お世話になりました(笑)
 
 
あっ、オオワシ完成品を撮りわすれてしまった(汗)!!すみません。
以下の写真は、ルサフィールドハウス横を流れる川にて管理人のおじさんがエサをまいているところ。

 
川には何がいるのかというと??実はサケの稚魚放流のためのイケスがもうけられ
この管理人のおじさんが、1日4回せっせとエサやりをしているそうで。
放流したら4年後にまた川に戻ってくる予定だそうですよ〜♪
しかも、最近この川に珍しい鳥ダイサギが現れているとか!?
知床倶楽部アトリエブログにて紹介されておりましたので、ぜひご覧下さい。
 
本日は、波浪のため午前・午後とも欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございませんでした。
明日の出航に期待しましょう!





666
2010年5月13日 「Tシャツ☆ポロシャツ販売開始」
朝、わしの宿から連絡があり漁船がシャチを確認したと知らせて下さいました。
しかし、本日は波浪のため1日欠航です。
夕方には陸からシャチを確認したと写真家・石井輝章さんから連絡を受けました。
残念です(泣)
 
さて、本日はお知らせです!!
なんと知床ネイチャークルーズオリジナルポロシャツ&Tシャツの販売が決定しました〜
 
まずはポロシャツのデザインです。
色はピンクとグリーンで胸にはワンポイントのシャチ、腕にはアンカー♪
ポップな色ですがくどくない感じ。
 
 
そしてTシャツは前にマッコウクジラ、バックにはシャチのプリントです。
 
 
色はというと、こちら↓↓↓
 
 
ピンク生地  ×パープル文字
ネイビー生地×イエロー文字
グリーン生地 ×ネイビー文字
 
と3種類とバリエーションも豊富です。
そしてなんと!!!こちらのTシャツ、ポロシャツをお買い上げ頂き
次回からこちらを着てご乗船頂きますと・・・一般乗船料から15%割引させて頂きますよ。
(注意:他の割引との併用は出来ません。)
みんなで一緒にTシャツを着て乗船しましょ〜☆ミ





665
2010年5月12日 「日露中間地点クルーズ」
本日は午後便のみ出航しました。
まずは、パラパラと途切れることなく飛んでいるハジボソミズナギドリの中に
ミンククジラが浮上!
何度も浮上は確認出来たのですが、写真には収められませんでした・・・すみません。
 
本日は、たくさんのイシイルカと出遭うことができましたよ。
しかも船首にくっついて一緒に泳いでくれました!!
船首から身を乗り出して撮影、ずっとこのように舳先にくっついてくれました。
 
 
そして、このイシイルカたちの遥か向こうには、実はシャチも発見しておりました。
しかし残念ながら、日露中間地点よりもロシア側・・・じっくり日本側に入ってきてくれることを
ただただ願いました。


そして、この通り!!じわじわこちら側に入ってきてくれたシャチたち。
 

お客様も、こんなに近くで見れるとは思わなかった!!と嬉しそうでしたぁ☆
昨日見た群れを確認し、その他遠くに他の群れも分散して背びれを見せていました。
ざっと本日も30頭ほどいたと思われます。
帰りはまたしても大サービス♪イシイルカたちが船についてくれました。
 

最近、一気にフルマカモメの姿が目立つようになり、フルマカモメの
白色も目に付くようになりました。
本日はずーーっと雨が降り、とーーっても寒いクルーズとなりました。
そんな中、外でカッパを着て皆さま一生懸命探されておりました・・・大変お疲れ様でした。





665
2010年5月11日 「シャチ×ハシボソミズナギドリ」
本日はお昼便と夕方便の2便出航。
どちらの便もシャチと出遭うことが出来ましたよ!!
知床岬に近いところだったので、距離がありましたね〜
ハシボソミズナギドリの大群の中にシャチが浮上♪

 
お昼便はなんとシャチがペニス(ピンク色の部分)を出し、
繁殖行動をとっていたようす。
 
 
そして、2便ともイシイルカも見ることができました。
 
夕便も岬に近いところでシャチを見つけ、とてもゆっくりしている様子でした。
お昼も夕方もこのスパイホップと言う偵察行動を何度もやっていました。
 
 
以前のニュースでも頭数を数えたことがあったのですが、今回も1枚に結構映りこんだかな!?
と数えたら・・・前回同様10頭でした〜記録更新ならず。

 
ハシボソミズナギドリの群れは本当に迫力満点ですね♪
大きな群れがいくつかに分散しておりました。


夕便は全部で30頭ほどのシャチを確認しました。
以下の写真は、手前のシャチ群れの奥にもシャチがいるのがわかりますよね!
お昼便と同じ群れが夕便にも登場。
 

とっても寒くて、大変だったかと思いますが皆さん本当にお疲れ様でした。
2便とも本当に長時間クルーズとなってしまいお疲れだと思います。
皆さんゆっくり休んでくださ〜い。





664
2010年5月10日 「撮影研究中」
本日は、風のため午前・午後共に欠航致しました。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございません!
 
さて昨日の写真になりますが、以下のビデオカメラを回しているのは
観光協会の後藤さん!


彼は、お休みの日に船に何度も乗ってはこのようにビデオカメラの撮影研究をし
同乗している写真家さんなどに、色々と聞きながらめきめきと腕をあげています。
それはなぜかと言うと、以前も紹介しました知床・らうす道の駅に設置された
大画面TVで流す映像を撮影するためですよ!!
ちなみに、彼は最近一眼レフデビューも・・・
 
 
こちらの写真は、後藤さんに提供して頂いた自然写真家・今井尚二さんの写真。
いつもお世話になっております、奥様もいつも気を遣って頂き応援してくださってありがとうございます。
 
なんと、今井さんが見つめる先には・・・オスシャチの背びれが!!上手にフレームイン♪
しかもバックには北方領土の国後島のシルエットという贅沢な1枚。
後藤さんも私も、カメラは初心者なので日々特訓中です。あたたかく見守ってください(笑)
 
そして、本日クジラが見える丘公園からは、ミンククジラを確認することが出来ました。
明日はどんな出遭いが待っているのか?楽しみです。





663
2010年5月9日 「青い海と白い山と白黒・・・」
シャチでした!!
本日も午前・午後共に出航したEvergreenはシャチと出遭いました。
 
 
若い個体のシャチたちが船にも近づいてくれましたよ。
以下の写真は、シャチの頭ですね!あまりのアップに何が何だか!?
鼻の穴がぽっかり開いています。


本日はハシボソミズナギドリも本当にあちらこちらに群がっていました!!

 
日が当たるととてもキレイなんです。耳を澄ませばミズナギドリたちが鳴いています。
午後は、知床連山もこのようにキレイでした〜♪まだまだ雪が残っています。


午前便は、子どもシャチが船に寄ってきてくれましたが、午後はシャチのオスを間近で・・・
 
 
この通り!立派な背びれを持ったオスが長く一緒に泳いでくれました。
シャチと知床連山、そしてミズナギドリ・・・最高の光景です。
午前・午後共に出遭ったのは、同じ群れで約7頭ほどは確認しました。


本日は、フルマカモメもとても目立ち、午前・午後共にミンククジラも発見!
午後便は、船の真横にいきなり浮上するシーンも。
あまりの近さに写真に収められず、もっと撮影が上達するように頑張りまーす♪
撮影を頑張っていると言えば、観光協会の後藤さんですが・・・その話はまた明日。





662
2010年5月8日 「バードデイ」
本日は霧が朝からかかっていたのですが、凪もよく2便とも出航!!
午前・午後共にミンククジラの浮上を多く確認することが出来ました。
霧が濃い中のグレーなボディー、とても幻想的です。
 
 
その他、本日は・・・
浮き玉の上のアジサシ


アビの仲間
 

シロハラトウゾク


これからどんどんシーズンを迎えます、フルマカモメ!!
 
 
本日午後は今季初めて、はっきりと見ることが出来たのはイシイルカです♪
 

そして船の舳先について泳いでくれました〜みなさん、素早い動きについていけてたかな!?
本日も様々な生き物との出遭いがありましたね、また明日もはりきって出航です。





661
2010年5月6日 「まだまだ寒いクルーズ」
本日も午前便のみの出航となり、午後便は強風のため欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様、大変申し訳ございませんでした。
 
本日は、シャチと出遭うことが出来ました。
 

景色もキレイでしたよ、陸に近いところで見ることが出来ました。
羅臼の町並みと知床連山、そしてシャチです!
 
 
とても立派な背びれのオスです、背景の山は知床連山ではなく
北方領土・国後島です。
 
シャチの子どもがこっちに向かってくる可愛い姿も♪
 
ハシボソミズナギドリの群れもたくさんいましたよ。
しかもシャチの分散した群れの中にミンククジラが浮上するシーンもあったんです!
シャチの頭数は全部で約40頭ほどはいたと思われます。
まだまだシャチシーズン!!皆さまのご予約お待ちしております。





660
2010年5月5日 「漂流物・・・!?」
本日も昨日に引き続き、午前便のみの出航となりました。
午後便ご予約頂きましたお客様、大変申し訳ございませんでした。
 
本日午前便も、多少波がありました。そこで出迎えてくれたのは・・・こちら。
 
 
2つ浮いている物体の正体は、最近よく見かけているオットセイです。
2頭、仲良く並んでプカプカと船に興味もなく気ままに浮いていることが多いんです♪
他には、イシイルカを発見した方もいたようですが、波もあり見づらかったですね(汗)
 
朝、出航前にはシャチの姿を陸から確認はしていたのですが・・・
ハイスピードで移動してしまっていたようです。
シャチは遥か国後側の海へ。
波がある中の航海、皆さま大変お疲れ様でした。





659
2010年5月4日 「ワタリ」
最近では、一列になって北上していくカモ類がよく目に付きますが、
本日は、なんとハクチョウがしかも沖で着水している姿を見ることができました!


ハクチョウは沼やたんぼでしか見たことがありませんが・・・(笑)
海上で休憩していたんですね。
 
 
そして、港前ではハシボソミズナギドリが風が強い中、一斉に飛び立つ姿が
とてもキレイでしたよ。

ご覧の通り、風が強くなり波が出てきてしまったので午後便は欠航でした。
午後便にご予約頂きましたお客様、申し訳ございませんでした。
 
午後2時半ごろには世界の川端さんからシャチが見えるぞー!と連絡あり。
もちろん陸から観察しており、7,8頭ほどいたと思われると言っておりました。
その後、スタッフ佐藤も観察したところ10頭ほどいたと教えてくれました。
しかもマッコウクジラを発見した方もいらっしゃいましたよ♪
明日は、出航できますように!!





658
2010年5月3日 「お初にお目にかかります」
本日は、午前、お昼、午後便と三便出航しました。
どの航海もなんとシャチを見ることが出来ました!
 

じゃれ合ったり、尾びれで海面をたたいたり・・・
停船させる船によってくるシャチもいましたね!
 
 
停船させる船の前で動きが止まり、プカプカ浮いているシーンなどもありました。
 
 
ちょっと距離があったのですが、シャチがばちゃばちゃじゃれあい、顔をどーんと出したり♪
 
 
本日はオットセイも何度か確認されました。
常連のお客様もオットセイを初めて見ました!と興奮されている方もいましたよ。
のんびりこちらに興味がなさそうに、浮いているオットセイ・・・あくびでもしたのでしょうか?
大きく口を開けています(笑)

 
そして、ミンククジラも多く確認できました。
3便目は珍しくサメもうろうろ泳いでいましたし・・・
さて、以下のクジラは何クジラでしょう??

 
正解は・・・私たちにも実はわかりません。
何と言うクジラなのか?この写真だけでは、判別が難しいのです。
ツチクジラの仲間の謎のクジラとでもいいましょうか!?
そして、今年初マッコウクジラが到来!!!



豪快な尾びれを上げるダイブは見ることが出来なかったものの
はっきり高くあがるこの潮吹き、まさにマッコウクジラですよね。
そして3便目に関しては帰り際にイルカ・・・しかもネズミイルカです!!
羅臼で見られるのは珍しく、私もこれまた初めて出遭いました。
イシイルカとも全然雰囲気が違ってとても面白かったです。
まだまだこの雄大な自然の中に秘めた可能性が伺える面白い1日でしたね。
明日も何に出遭えるかな!?





657
2010年5月2日 「THE 好奇心」
本日は、午前・午後共に出航。
午前便は、可愛いオットセイを見ることが出来ました!
愛嬌たっぷりでこちらを見てます♪
 
 
そして、ハシボゾミズナギドリも本当に日に日に数が増えていってます。
その他、ミンククジラとシャチを確認。
午前便のシャチは全部で約20頭ほどはいたようです。
 
そして、午後・・・先に出航していた観光船はまなすからシャチがいたと
連絡をうけ、すぐに直行!!
こちらも愛嬌たっぷり、船のすぐ目の前でお腹を出して背面泳ぎ〜

 
こちらは、実習生の岸田さんに一生懸命撮影してもらったオスのシャチ!!
陸が近いですよね、臨場感溢れるこの写真・・・ピンボケはご愛嬌ということで♪

 
上の写真でも近さがわかるかと思いますが、どれだけ近いのかというと、この通り。


シャチのファミリーが息を合わせて浮上。

 
赤ちゃんシャチも、水をかき分け一生懸命家族のシャチについて泳いでいました。
めちゃめちゃ可愛い!!!


 
勢いよく飛び出しながら泳ぐ小さいシャチが目立ちましたよ。
 
 
午後便は、全体で約40頭ほどのシャチを確認出来ました。
午前、午後ともに愛嬌たっぷりの航海でした!
本日のクルーズの内容は、羅臼観光協会のほんものニュースでも
紹介されておりますので、ぜひ見てみてください!!
この素晴らしい自然に感謝ー!!!





656
2010年5月1日 「ミズナギシーズン到来!!」
本日は、若干波がありましたが午前・午後共に出航。
どちらの便も、ハシボゾミズナギドリの群れとミンククジラを確認してきました。
ハシボソミズナギドリの群れはタスマニアから渡ってきます。
このように海面を走って飛び立つんです♪
 
 
ハシボソミズナギドリとミンククジラの対象となるエサは共通してプランクトン等で
本日はミズナギドリの群れの中に、ミンククジラが浮上するシーンも見られました。


 
なんと、午後便は雨がパラパラと降っていたので、景色全体に虹が!!
グラデーションの景色がわかりますでしょうか?黒いつぶは全てミズナギドリ。


北方領土・国後島をバックにミズナギドリの大群です。
こちらは午後便の写真ですが、今シーズン一番のミズナギドリの群れでした。



しかし、この数はまだ序の口です。
これからもっと集まってきますよ〜♪また明日の出航も楽しみにでかけましょう。



>>> トップ

(有)知床ネイチャークルーズ
〒086-1833 北海道目梨郡羅臼町本町27-1 「道の駅知床・らうす」裏通り
TEL 0153-87-4001 FAX 0153-87-4002 【電話受付時間:7時〜20時】
ご予約は知床一番!知床二番!まで