ネイチャークルーズNEWS!049



1025
2011年6月30日 「べったべた凪」

本日は、午前・午後2便出航しました。
こんな凪のいい日はめったにないぞ!と船長…本当にその通り。
鏡のようなべったべたの凪の海、これは沼か!?
 
そんな中、2便共にイシイルカ&ミンククジラを見つけました。
そして午前便は、マッコウクジラも3頭は確認できました。
しかし、なかなか船の近くでは浮上せず遠かった(汗)
 


そして、午後便もマッコウクジラがいたポイントへすぐさま向かうも見つかりませんでした。
水中マイクを落としてマッコウクジラの発するクリック音という音を聞きます。
音は少し拾えたのですが、結局見つからず。
 
本日はミズナギドリがたっくさん見られました。
こちらは水中に飛び込むミズナギドリの捕食シーンを撮影♪どんどん水中へダイブするのです。
 

飛び入りで乗船された中国からのお客様も大変喜んでおりました^^
黒いつぶつぶはすべてミズナギドリです。
 

午後便、マッコウクジラは残念でしたが、帰港途中なぞのクジラがいきなり船の前に浮上!!
全部で6頭は確認できました。
 

アカボウクジラ科のなにか…でしょう。種類は不明です。
 

最後の最後でラッキーでしたね。
 
そして、ここでお知らせがございます!!
なんと、知床ネイチャークルーズ壁画がやーっと完成しました^^
 

私は沖仕事があり朝5時から、夕方沖仕事が終わってからの作業となり
なかなか進まなかったのですがやっと完成☆
シャチとオオワシ、イシイルカを私は担当し、他は華奈江社長が描いてくれました♪
スタッフ岡野がこんなに小さい(左下)とっても目立つ壁画が出来上がりましたね。
 
羅臼道の駅裏、知床ネイチャークルーズの事務所へは、こちらの壁画が目印です^^
 
そして明日から日曜までは、羅臼神社のお祭りです。
長谷川Jrも神輿をかつぎますよ!!
 
 
町はお祭りの準備に大忙しです、楽しみです!





1024
2011年6月29日 「シャチまではまだまだ遠い」
本日は、凪もよく晴天の中出航です。
3便共にイシイルカに出遭うことができました。
 
午前便では5頭のまとまったイシイルカがくっついて泳いでいました。
すると、その中に小さな赤ちゃんイルカも混ざって一生懸命泳いでましたよ^^
写真は…収められませんでした。
 

残雪残る知床連山もこの通り、とても綺麗です!
本日は気温が上がりとても暖かい日となりました。
以下の写真、しぶきがあがっているのがイシイルカです♪
 

そして、本日午前便のみシャチを10頭前後、確認することができました。
昨日は私しか見つけることが出来なく、望遠レンズでも撮影は無理な場所でした(泣)
でも今日はなーーーんとか頑張って、オスの背びれだけ(汗)かなりトリミングしています。
いちをシャチのオス背びれ。無理ありますね…
 

しかしこの後、少しだけこちらに近くなったので、双眼鏡でお客様もみなさんしっかり確認出来ました^^
そしてミンククジラも3便共に見られました。
 

夕方便はミズナギドリも多く確認することが出来、そのた本日はハイイロウミツバメ
ウトウ、フルマカモメが目立ちました。
 
再度告知です!
知床ネイチャークルーズも取材協力をした番組が放送されます!
7月1日(金)19時〜19時30分BSプレミアム「海のトワイライトゾーン
「深海から命をつなぐ〜北海道・知床」
シャチやイシイルカなどなど羅臼の海の映像が流れる予定です^^
お時間ある方、ぜひご覧ください。





1023
2011年6月28日 「港内に赤ちゃん」

本日は2便共に出航しました。
久しぶりに1日濃霧に悩まされた日となりましたが、なんとかイシイルカに
出遭うことができましたよ〜。
多少波もあったので、お客様は見づらかったと思います…
写真にはイシルカのしぶきが2つありますが、わかるでしょうか?(汗)
 
 
そして、午後便はシャチを発見しました!!…しかし、シャチはマイ眼鏡でなんとか見える範囲
オスの背びれが見えたのですが、日露中間地点よりもずーーーーーーーっと北方領土・国後島側。
明日はもうちょいこっちに来てくれよ〜と心の中で呼びかけました(泣)
 
さて、今朝方そろそろ船の出航準備に入ろうとしたら長谷川船長に1本の電話。
実はイルカの子どもが港内に迷い込み、しかもまだ生きているということでした。
急いで船の上架場がある港へ!
いました、とーっても小さなイシイルカの赤ちゃん。
どうしてこんな港の奥まで迷い込んでしまったのか、ずっとうろうろ泳いでいました。
 


船の準備もあったので少し観察をしすぐに帰宅しましたが、
その後無事、保護され沖に戻ることができたそうです。
とりあえず、よかった…





1022
2011年6月27日 「地元の子どもたちと♪」

本日は、2便出航です!
1便目は羅臼中学校2年生と共に他社の観光船はまなすと2隻で出航。
波が多少ありましたが、ミンククジラをたくさん見ることができました。
写真のミンククジラは遠かったですが…船の周りを悠々と泳ぐミンククジラにも出遭い
近くでもしっかり見られましたね^^
 

午前便はイシイルカに出遭えず『地元の中学生にイルカも見せてやりたかったな』と
船長がとても残念そうにつぶやいていましたが、午後便は逆にイシイルカばかりの
クルーズとなりました(笑)


船に長いことついてくれて、みなさん喜んでおられました。
こちら舳先の仲睦まじいお二人は、羅臼の宿うみねこ屋さんの須田さんご夫妻♪
奥様はなんと、観光船初体験!!
 
 
お二人ともいい写真収められたでしょうか!?
昨日に引き続きシャチも一生懸命探しましたが、残念な結果に終わりました。
 
さて、一つお知らせです。
知床ネイチャークルーズも取材協力をした番組が放送されます!
7月1日19時〜19時30分BSプレミアム「海のトワイライトゾーン
「深海から命をつなぐ〜北海道・知床」
シャチやイシイルカなどなど羅臼の海の映像が流れる予定です^^
お時間ある方、ぜひご覧ください。





1021
2011年6月26日 「世界の川端大いに語る!」

本日は午前・午後共に凪もよし天気もよしの中出航です。
午前はイシイルカ、ミンククジラを見てから少し北へ向かいシャチ探し!
イシイルカは近くで見ることができましたよ^^
 

そして、諦めかけたその時…たまたま羅臼側へ回ってきていた
ゴジラ岩観光の船長さんから連絡があり、シャチらしいヒレが見えたと情報が…
よくよく探すと、とーーーくにシャチを確認しました。
ギリギリでしたが、シャチ群れに出遭い帰ってくることができました。
近寄れた群れは少なかったのですが、全部で30頭ほどはいたと思います。
 

世界の川端さんは本日のお客様に熱弁していたようで、船長が言うには
『身振り手振り、俺の3倍はしゃべっていたぞ!』と言っておりました^^
 
午後もイシイルカを見て、シャチを探しに沖へ進むと
常連のお客様がクジラが見える丘公園から陸に近いところにシャチがいると教えて下さいました。
いつもお世話になっております!!
 
すると、15頭ほどシャチがいました。
 
 
残雪残る、知床連山をバックにシャチ^^
 

この3頭が船の周りをぐるぐるじゃれて、こちらが遊ばれておりました(笑)
 

わかりづらいのですが、シャチの群れとイシイルカの群れが一緒に泳いでいたのです^^
イシイルカは全く逃げる気配もなく、シャチも追い回す気配がなく、仲良しさんでした♪
 

子どもたちはいつものように、スパイホップという偵察行動や、背面泳ぎ
お互いにじゃれあい、しまいにはジャンプ!!
 

午後便は、長時間のクルーズになったのですが『そろそろ帰りますか?』の質問に誰も『うん』と
言ってくれず、お客様は夢中で見ておりました。
午後便は、本当に陸に近かったので丘からの情報がなければ見つけられませんでしたね、
本当にありがとうございました。





1020
2011年6月25日 「島もくっきりはっきり」

本日は、午前・午後共に欠航…なんとか風が弱まった夕方に
臨時便にて出航しました。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございませんでした。
 
本日は、夕方も波が残り船酔いされている方もいたようです。
鯨類は残念ながら見つけることができませんでした。
 
夕方、ミズナギドリが捕食をしていました、数は分散し少なかったですね。
波があり、写真もブレブレですみません。
 

ロシアの貨物船、近くで見る機会も少ないですね。
このように丸い船体は、かなり古いタイプの船らしいですよ。
 
 
景色!!は最高だったんです、晴れ間も見え知床連山、北方領土・国後島も
西日に照らされとても綺麗でした。
 

TVなどでは、各地猛暑日が続いているようですが、羅臼は寒いです!!
朝晩の気温は一桁です、しっかり防寒対策を。





1019
2011年6月24日 「初!ウトロ観光♪」

本日は朝から波があり、午前・午後共に欠航となってしまいました。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。
 
さて、本日はウトロへ行ってきました!本日は携帯写真にて失礼します。
新人スタッフ岡野は初ウトロということで色々と観光です♪
行きの知床峠は雨と濃霧と前が見えませんでした、おまけにすごい風。
 
 
まずはお昼ご飯を漁師の店かにやさんで頂きました^^いつもお世話になっております。
海を眺めながら美味しい食事が楽しめます!運がよければ窓越しにシャチも!?
 
 
本日はかにやの店長オススメ、海鮮ラーメンを頂きました。
具だくさんでなんとも贅沢なラーメン、あっさりしていて細麺!とてもおいしかったです。
 
 
それから、道の駅や世界自然遺産センター
実寸大のオオワシを広げてみましたが、岡野が腕を広げる以上にオオワシは大きい。
端から端まで2M以上あるんです。
 

それから知床自然センターも見学し帰りました。
帰りは羅臼側は晴れ間がのぞき、とても綺麗に北方領土・国後島も見えましたよ。
 

ウトロも昨日、一昨日と観光船は欠航していたようです。
明日は私たちも出航したいものですね、シャチよ!待っててくれよ〜。





1018
2011年6月23日 「1時間で堪能」

本日は、高波のため2便欠航となってしまいました。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございません。
しかし、夕方はうねりが残りつつ波が落ち着いてきたので
団体様を乗せ1時間のクルーズにて出航です。
 

本日は気温が上がらず、とても寒い日となりましたね。
お客様も『寒い、寒い』と言いながらも雨の中カッパを着て外で頑張ってくれました^^
まずは、ミズナギドリの大群に出遭うことができました。
 

これはほんの一部に過ぎませんが、とーっても大きな群れでした。
そして久しぶりに迫力ある、捕食シーンも撮影することができましたよ。
その他、イシイルカにも出遭うことができ、1時間という短いクルーズでしたが
みなさん笑顔で下船されていきました^^
 
例年通りなら、ホッケがたくさんとれて港も活気づく時期なのですが
漁師さんたちの話を聞くと、全然ホッケがとれていないそうです…
 

港もどことなくさびしい雰囲気を感じさせます。





1017
2011年6月22日 「羅臼側に…いたー!!」

本日は需要があった午前便のみ出航となりました。
朝から沖も濃霧…漁船たちもかなり霧が濃いぞとのことでしたが
とりあえず出てみることに。
 
まずは出航後すぐにイシイルカに出遭いました。
それからミズナギドリを探しながら、ミンククジラも探すものの見つからず。
他社の観光船から陸に近いところで複数ミンククジラを確認していると連絡を受け
ミンククジラを5頭近くで見ることができました^^ゆっくり2頭そろって浮上。
 

それからミンククジラもほどほどにし、少しシャチ探しへ。
なかなか見つからないなぁ…と思っていたその時、国後側はるか彼方にシャチのヒレを確認!
しかし、もやっていたこともあり見失いかけたら、違う群れを発見!するが、またしても国後側。
他の群れはいないかなぁ!?と思っていたら、なんと羅臼側にも1グループいたではないか!!
 
 
ということで、10頭ほどのシャチの群れを近くで見ることができました。
こちらの背びれが立派なオスシャチは、よくひっくり返って、
尾びれをあげたり、胸びれあげたりしていました。


昨日、とーーーくのシャチを見て悔しがり、本日リベンジしたお客様はよかったですね。
 

午後便は、需要がなかったので当社は出航出来ませんでしたが
他社の観光船まるみさんの船はシャチをたくさん見ることができたそうです。
午前中確認した数だけでも30頭はいたと思いましたが、午後は40頭〜50頭いたとのこと
明日もいてくれ〜♪





1016
2011年6月21日 「遠くの黒いヒレ」

本日は、午前・午後共に出航しました。
午前便はミンククジラが近くでゆーっくり見ることが出来ました。
朝、漁船からはミズナギドリがたくさんいると聞いておりました^^
 
 
ミズナギドリもミンククジラもたくさんいましたね。
船に向かってくるミンククジラもいたので、近距離で観察することができました。
その他、もちろんイシイルカにも出遭うことができましたね^^
 

本日は天気も良く、視界も良かった1日でしたのでイシイルカもとても綺麗でした。
海鳥は、ミズナギドリの他フルマカモメもたくさんいましたよ。
 

午後便は…お久しぶりのシャチを確認!広く分散しておりましたが20頭はいたようです。
といっても、ご覧のとおりとても遠かったのでした。
 

日露中間地点よりもずっとロシア側でした(泣)
明日にはこちらに来てくれることを願って…





1015
2011年6月20日 「海は広くて大きかったんだ」

本日は午前のみお客様の需要があり、1便出航です!
出航間際にまたしても厄介な濃霧(泣)
ミズナギドリがたーっくさんいるのにも関わらず、視界がききません…
しかし、みるみるうちに視界が開け…久しぶりの広い海を眺められました(笑)
ミズナギドリがゆっくりしております、黒い粒はすべてミズナギドリです。
 

やはり、ミズナギドリの周りには複数のミンククジラが浮上。
いきなり船首に浮上してきた時は、その大きさにお客様も驚いていた様子。
 

ミンククジラが口を開けている様子も見られました^^
餌となるプランクトン類がたくさんあるんですね。
本日は、フルマカモメもたくさん目立ちましたよ!!
 
 
停船していると次々と船の周りに集まってきます。
その他、海鳥はハイイロウミツバメ、コシジロウミツバメ、ウトウなどなど。

入港間際には、イシイルカにも出遭うことができました!
白い息が出る、寒い中でのクルーズ…皆さまお疲れ様でした。
 
さて、昨年販売しておりました世界自然遺産登録5周年切手ですが
知床ネイチャークルーズでは30枚限定販売することになりました。
 

(税込1500円)
 
私たちの撮影した写真や知床ダイビング企画の川原さんのお写真も♪
発売当初、買い逃してしまったお客様!知床ネイチャークルーズ事務所にて
販売しておりますのでよろしくお願いします。





1014
2011年6月19日 「濃霧に頭を抱え」

本日は午前・午後共に出航しました。
2便共にミズナギドリがたくさんいましたよ。
 
 
本日は、鳥好きの方も多かったので鳥もゆっくり観察しました^^
船を停船させると、フルマカモメが集まってきます。
 
 
その他、ウトウ、アビ類、ウミスズメなども見られました。
午前便は後半濃霧でしたが、ミンククジラにも出遭いましたね^^
 
午後はずーーーーーっと濃霧でしたが、救いのイシイルカ様登場。
 船についてくれたので、ゆっくり走りながらみなさん夢中で撮影!
 

 
イシイルカから船を見つけ寄ってきてくれたので、本当に助かりました。
 
 
入港間際には晴れ渡り、イシイルカが大サービスで船についてくれました。
虹もかかって、とても綺麗でしたね!
 
そして昨日の“知床開き”ですが、雨も降る中大盛り上がり!!
花火もあがって、知り合いを招いてパーティー☆
 

羅臼の花火は山が近く、反響してとても迫力あるんです、胸に響きます^^
船からみんなで花火を見上げ楽しみました。





1013
2011年6月18日 「のべ何回の浮上って…いっぱい」

本日は、多少波がある中午前、そして雨の中午後共に出航しました。
午前便は知床連山バックにミズナギドリがたくさんいました^^
 
 
その他、フルマカモメ、ウトウ、アビ類、コシジロウミツバメが見られました。
午前便は、ミズナギドリの捕食シーンも観察。
 

本日は、午前午後共にたくさんのイシイルカ&ミンククジラを観察することができ、
さて、熱心にお客様たちが見ているのは!?
 
 
ミンククジラです、最初はなかなか見つけづらそうにしていたお客様でしたが
午後便は、ミンククジラがたーっくさんいたんです!
ざっと見た時でも船を取り囲むように、十数頭。
今度は逆にどこを撮影していいのか・・・わからない(笑)
 
 
このように2頭一緒に泳ぐシーンも多かったですね。
そこで船長『おい、エリカ!今日のミンククジラの浮上回数、のべ何回だべ??』
そんないきなり言われても…60か、70か、80か、90かもうとりあえず沢山。
明日は天気が回復してくれるといいですね。
 
 
幻想的な羅臼岳を見ての入港となりました。
本日は、これから知床開き!!またお祭りの様子は明日にでも紹介します。


1012
2011年6月17日 「ゆりかご船」

本日は濃霧と波が心配されましたが、何とか午前便のみ出航。
午後便は高波のため欠航となってしまいました。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。
 
さて、本日の午前便はというと…白波もあり見分けがつきにくかったものの
沢山のイシイルカに出遭うことができ、後半は見方がわかったお客様も
積極的に見つけて下さいました^^
 

沖合はまだ霧がかかり、波もあったので見づらいまま
本日出逢えた鯨類は、イシイルカのみとなりました。
小さいお客様たちは、ゆらゆら揺られ船上で眠りについておりました。
 
帰港途中、第38翼丸の作業を見学しながら帰港。
実は現在、国立科学博物館の窪寺さんという方が深海の調査のため
翼丸をチャーターし色々と調べているのです!
 

翼丸の周りには、たっくさんのフルマカモメが集まってます。
水中カメラを引き上げ、その先には…おっ!?イカも釣れている(笑)
 

本日、深海500M付近では深海性のイカがたくさんいたことがわかったそうです。
マッコウクジラたちもこれらの深海性のイカを求めて羅臼の海へやってきているのかも
しれませんよね。まだまだ新しい発見があるかもしれません☆
 
夕方ちょっとだけ、その辺に咲いていたお花を摘んできました♪
まー、まー、花が似合わないとか言わないで。
 

渋くて私にぴったりの素敵な花瓶が手に入ったので、早速使わせて頂きました。
こちらは、羅臼の宿うみねこ屋さんの奥様の作品^^
当社の華奈江社長もうみねこ屋さんの陶芸教室に通っております。
 
そして明日、明後日はいよいよ羅臼のお祭り“知床開き”が開催されます。
社長たちも陶芸の作品を販売したり、お手伝いに行くのでお時間ある方、ぜひお越し下さい^^





1011
2011年6月16日 「夏香る羅臼」

本日は、午前便濃霧のため出航出来ず、午後便のみ出航しました。
沖合は多少波がありましたが、久しぶりの快晴!
北方領土の国後島がはっきり見えました。
知床半島もすっかり新緑に色を染め、夏を感じさせる景色になってきました…が。
まだまだ山頂の方は、残雪が残っているんですよ。
 

さて、本日はコシジロウミツバメを見つけました。ピンボケですみません。
 
 
その他、ハイイロウミツバメ、ウトウ、フルマカモメ、ミズナギドリも見られました。
鯨類はイシイルカに出遭うことができましたね♪


本日は海の色がきれいで、透けていたのでイルカもとても見やすかったですね^^
そして早朝と11時頃、漁船から“シャチがいる”の連絡を受けていたので
ちょっと期待をしつつ、探しましたが見つからず。
 
しかし、やーっと見つけたのは、日露中間地点よりもロシア側。
双眼鏡をかけてもお客様は見つけることができないくらいに、遥か向こう(泣)
とても残念でしたが、約10頭ほど確認できました。
 
明日からは、シャチ運の強い常連のご家族がご乗船。
その娘さんからプレゼントとして頂いたこのシャチに十分に拝みながら
明日にかけます^^
 

明日は近くでシャチが見れますよーに☆ミ





1010
2011年6月15日 「無邪気な子ども」

午前はお客様の需要がなく午前便のみ出航しました。
本日はここ最近では1番のミズナギドリの群れに出遭いました。
 
 
南へ向かっても、北に向かっても、凄いミズナギドリの数でしたよ〜
久しぶりに船が鳥に取り囲まれ、360度ミズナギドリ^^
そこにはやはり、たっくさんのミンククジラやイシイルカが目立ちましたね。
以下の写真は、ミンククジラの浮上のシーン。
 
こちらのお客様は、双眼鏡で熱心に『シャチ』を探してくださいました^^
 

シャチは結局残念でしたが、最後の最後イシイルカがとても長い時間船について
泳いでくれたんです♪
そして、船長曰く『うちの観光船始まって以来だな!こんなに船についたのは』
とのこと…本当に長くゆーっくりまーったり泳ぐイルカたち。
 
べた凪でとてもきれいに泳ぐ姿を観察できました。
そして先ほどの、My双眼鏡で熱心に『シャチ』を探していたご主人もイルカの虜☆
子どもばりにはしゃいでいたのは、このご主人でした^^
 
さて、一つお知らせです。
知床ネイチャークルーズの新作トレーナー&ポロシャツが出来上がりました。
まずはこちらのポロシャツ!!
ポイントは胸元で、ポケットからシャチのしっぽが出ているパターンと
マッコウクジラの尾びれが出ているパターン2種類になります。
 
 
長谷川船長…常に落ち着きがないのでブレまくりです(笑)
妊婦腹も健在。
 
 
色はこんなかんじですよ、各種3000円(税込)
 
(白・赤・藤)
そしてこちらがトレーナー。

(アイボリー・紺・ピンク・グレー)
トレーナーのポイントは、後ろに描かれたEverGreenとマッコウクジラのロゴ^^

 
表はマッコウクジラがこんな感じです。


各種4000円(税込)となっております。
また、今回のトレーナーポロシャツご購入者に関しても、ご乗船時にこちらを
着用して来て下さった方には、ご乗船料より15%引きとなっております!!
 
みんなでどんどん買って、ばんばん着て、じゃんじゃん宣伝(笑)
とても可愛く出来上がりましたので、お土産に如何ですか?





1009
2011年6月14日 「冬に逆戻り」

本日は午前便、お客様の需要がなく出航出来ず
午後便のみの出航となりました。
 
午前便出航していた、他社の観光船まるみさんの情報を元に
港を出て南方面へ船を走らせました。
 
本日もたくさんのミズナギドリの群れを確認することが出来ました。
ミズナギドリの周りには、ミンククジラがあちこちで浮上!!
潮吹きが目立たないミンククジラですが、お客様も見え方がわかってくると
素早く見つけてくれましたね^^
 

餌があるようで、このようにミズナギドリの中にミンククジラが浮上することも♪
ミンククジラもミズナギドリも同じオキアミなどのプランクトン類を捕食するんです。
 
そしてこちら、久しぶりのオットセイ。
本日もとてものんきにされておりましたね〜。
 

それから、南の方ではウミスズメが多く見られました。
べた凪だったので、何を見つけてもとても見やすかったです。
 

もちろん、イシイルカもたくさんいましたよ。船尾波について、泳いでくれました。
本日、日中の最高気温は…な、なんと9度!!!吐く息も白いわけですね。
寒い中、皆さま大変お疲れ様でした。


そして、一つお知らせです。
 
知床・羅臼観光協会HPに掲載されております
“羅臼ほんものニュース”がリニューアルしました。
 
なんと、観光関係各社が独自にブログをアップすることになったのです^^
ですので…知床ネイチャークルーズ分も自らアップしますよ〜
各社の情報盛りだくさん!!
 
ネイチャークルーズNEWSでは公開されていない写真を出来るだけ使用したいと
思っておりますので、2倍楽しめる!?
ぜひ、羅臼観光協会HP“ほんものニュース”をチェックしてみてください。





1008
2011年6月13日 「水中音は聞こえず」

本日もイルカデーとなりました!!
べた凪ということもあり、イシイルカがいたるところに目立ちました。
さて、ご乗船されたお客様が、イシイルカの撮影に苦戦されておりお客様が私に言いました
『君は、イルカを“そこそこ”と指さして、実際出てくるところをわかっているようだけど何を見てわかるの?』
とても素早くイシイルカですが、海面すれすれを泳いだりすると海面に線が見えるんですよね。
 

こんな感じで^^あとは波紋がポンポンと出たり、透けて見えることも多いです。
よーく観察して慣れていくと、撮影しやすくなるんです。
 
本日は久しぶりに、水中マイクを使い水中の音を拾ってみました。
マッコウクジラは海中で餌を探す際に音を放っています、その音は…
本日聞こえることはありませんでした、残念。
 
やはり餌が豊富なのでしょうか?ミズナギドリは本日もたーっくさん見られました。
そしてミズナギドリの群れの周りには、イシイルカもたくさんいるんです。
 
 
その他、鳥類はウトウ、フルマカモメ、アカエリヒレアシシギ、ウミガラス類など見られました。
鳥好きのお客様も多く、みなさん喜ばれていたようでした。
 
さて、お久しぶりの写真家さん紹介です^^
本日は、写真家・太田達也さんですよ。お世話になっております。


久しぶりにお会いしたのですが、意外にも夏シーズンは初とのことで
シャチにマッコウクジラにいい日もあれば、濃霧に悩まされる日も経験されていきました。
この時期もいいねと言っておりました♪
 
羅臼は本当に1年通して素晴らしいところなんですよ〜またぜひお待ちしております。





1007
2011年6月12日 「ミズナギドリの群れ再来」

本日は、2便出航となりました。
午前午後共に、安定してイシイルカ
 

それから、ミンククジラに出遭うことができましたよ^^
本日もミズナギドリが比較的集まって群れていたので、そこへミンククジラが浮上!
 

複数頭うろうろしておりました。
他には、アカエリヒレアシシギ、ウトウ、フルマカモメ、ケイマフリなど
 

午前便は、ミズナギドリの捕食も見ることができました。
 

本日は、マッコウクジラやシャチには出遭えず。
さて、どこへ行ってしまったのでしょう??





1006
2011年6月11日 「まったりモード」

本日は3便出航、1日濃霧に悩まされた今日でしたが…
3便共にイシイルカに出遭うことができました〜!!
 

ゆっくり舳先について泳いでくれるシーンも^^
1便目は2頭マッコウクジラを確認するも、残念ながら日露中間地点よりも
ロシア側での浮上…しかしお客様はその大きさに驚かれておりましたね。
 

そして2便目はミンククジラが近くでゆーっくり泳いでおりました。
潮目にそって2頭でまった〜り♪
 
 
鳥類は、フルマカモメがたくさんいましたね。


その他、本日は最近すっかり減ってしまったミズナギドリも大変目立ちました。
ウトウ、ウミスズメ、ビロードキンクロ、アカエリヒレアシシギなどなど見られました。
夕方便では、ミズナギドリの捕食も見られました。
本日もとても寒い中、皆さま大変お疲れ様でした





1005
2011年6月10日 「完成間近♪♪」

本日は午前便お客様の需要がなく出航出来ず、
午後は波と濃霧のため欠航となってしまいました、ご予約頂きましたお客様
申し訳ございませんでした。
 
さて、先日紹介しました、知床ネイチャークルーズのご案内壁画ですが
着々と完成に近づいておりますよ〜
 

私も沖仕事がない時に…
 
 
華奈江社長と黙々と進めておりまーす^^
 

私はシャチと、イシイルカ、オオワシも描こうと思っていますが、鳥難しい(汗)
 

壁画も早く進めたいですが、船に乗れない日があると生活のリズムが崩れますね〜
明日は出航できますように。





1004
2011年6月9日 「シャチは無欲の勝利とはいきません」

本日は、午前・午後共に出航しました。
午前便はミンククジラ、マッコウクジラ、そして残念ながら日露中間地点よりも
ロシア側にシャチが確認されました。
マッコウクジラは1頭、近くでゆーっくり観察することが出来ましたね^^
知床連山残雪バックに、豪快な潮吹きのマッコウクジラ。
 
 
午前便、シャチを遠目に帰港途中にはきれいな彩雲も眺めながらの帰港となりました。
 

そして午後便、先日のシャチの子ども祭りで味をしめた?羅臼の宿の“うみねこ屋”ご主人が
本日もご乗船(写真向かって左)
そこへ羅臼の宿の“とおまわり”のご主人も登場!!(写真向かって右)
お二人にはいつもお世話になっております。
 

午後便はというと、午前にシャチが見られたポイントへ向かい…するとやっぱりいました
日露中間地点ぎりぎりのところにシャチ!!急いで向かうも国後島側へ行ってしまいました。
しかーし、羅臼側に入ってくてくれたシャチファミリーがいたではありませんか!!
 
かなり分散していたものの、近くで確認出来ただけでも20頭はいました。
その他、遠くにもたくさん!!
 

 
本日も赤ちゃんたちは無邪気でしたね^^びょんびょん大ジャンプを繰り返し
尾びれでパタパタ、スパイホップ(偵察行動)をとったり。
 
 
すると、シャチの群れに混ざったミンククジラが船の前にいきなり浮上!!
またしても捕食かー!?と思いましたが、ミンククジラはまったりした様子で
シャチに取り囲まれながら泳いでおりました(笑)
 
※110609シャチ1
 
そしてその周りにはイシイルカもいっぱいしぶきをあげていましたよ。
 
 
シャチもミンククジラも、イシイルカもみなさん、仲良しさんですね〜☆
本日はシャチたちが何度も船に寄ってくるシーンが多く、船の周りをぐるぐる。
高速で泳ぎまわってはジャンプ!まるで船がいるのを楽しんでいるかのように
じゃれあっていました。
 

お客様も私もシャチにふられて、右へ左へ(笑)完全にもてあそばれていました。
波が多少あり、船酔いされている方もいたのですが無事上陸(汗)
民宿・本間のお母さんもご乗船されておりましたが初めて見たシャチに喜ばれていた様子。
 
これでシャチの遭遇6日連続となりましたね^^
さてこの記録はいつまで続くのかー!?
 
そして、先日確認したツノメドリという鳥ですがちょーーーレアな鳥だと知りました。
いつもお世話になっている道東の野鳥情報を紹介しているイーグルさんに聞いたところ
エトピリカよりも何倍も貴重だとか…(そぉだったのか!!)本日お話ししたのですが
『無欲の勝利』と言われてしまった〜あはは。って笑い事じゃないそうです。
あちこちから、凄い、凄いと言われやっと実感がわいてきました^^





1003
2011年6月8日 「奥の奥」

シャチがいる場所の話です。
午前便シャチはたくさんいたものの、本日は日露中間地点よりも国後側に
みんな集まっていたようです。
 

ちょっとだけ近づいてくれた群れもいたのですが、結局また国後側へと戻っていきました。
午後便は、他社の観光船が先に出ていたので情報をくれていましたが
みーんなずっと奥にいたようでした。
午前便は、ミンククジラが濃霧の中3頭現れてくれましたし、マッコウクジラもちょっと遠くで尾びれを
確認することができました。
 

午後便はイシイルカが船について泳いでくれましたね^^
久しぶりです!
 
 
マッコウクジラは午後便の方がちょっと近くで見ることが出来ました。
 

警戒する個体が多く、なかなか近づけなかったです…
ハシボソミズナギドリの数は減って、大きな群れが目立たなくなりました。
さて、シャチはどこまで行ってしまったのでしょうか?





1002
2011年6月7日 「子どもは全てを虜にします」

本日は3便出航しました。
3便も出たので、写真も盛りだくさんでお送りします。
 
本日は1便目と3便目がマッコウクジラに出遭うことができました。
とくに近くで見ることが出来たのは3便目のお客様^^
 

鳥ツアーの団体様でしたが、マッコウクジラの迫力に喜んでおられ
マッコウクジラのダイブのあとは船上で拍手がおこりました♪
ちなみに、3便目は鳥専門のガイドさんもいらっしゃったのでたくさん見つけて頂けて
カモメの幼鳥も識別が難しいのですが、以下の写真はオオセグロの生まれて2年の
夏羽だそうです。
 

その他、クロガモ、ビロードキンクロ、ウミスズメ、ウトウ、ハシボソミズナギドリ
フルマカモメなどが見られました。
 
そういえば、鳥についてはもう一つ…本日1便目に見られた鳥ですが
港入港間際に、ふと気になった鳥がいたのでとりあえず何かわからないまま撮影。
ココをご覧ください…何かわかる方います?
 
 
ウトウくらいのサイズ?だけどウトウよりも白い部分が多い気が?
あれ、ウミガラスでもないし?おやおや、何か顔が白くてクチバシ赤い!?
まさかのエトピリカーーー!!!?
 

の予想は外れ、ツノメドリという鳥だったようです(笑)
この鳥は、知床ネイチャークルーズ始まって以来、初の目撃となりました。
といっても、目撃したのは残念ながら私だけだったのですが(泣)
結構レアな鳥のようですよ^^
 
イシイルカも見られ、ミンククジラも見られ、そして3便共にたっくさんいたのが
シャチですよ〜!!
子どもシャチは興味津々でとてもカワイイですねぇ。
 
 
3便目はほとんど日露中間地点よりも国後島側で近づけませんでしたが、
そのほかの便は近かったんです。

 
立派なオスが船に接近した時は、カメラのレンズが大きすぎたことを悔やみました。
大迫力です^^
 
そして2便目は、このおチビちゃん4頭がばっちゃばちゃでやってくれました〜♪
4頭並んで、左端は背面ジャンプ、他の3頭はわかりづらいのですが3頭そろって
背面泳ぎ、その他スパホップや尾びれをあげてぶんぶん楽しんでおりました。
 

子どもたちの無邪気な姿に、絶えず私を含めお客様から「かわいい〜」の声。
極めつけは、こちらのジャーンプっ!!!


シャチたちはほとんどサシルイ沖をうろうろしておりました。
全部確認することは出来ず、国後島側にもたっくさんのシャチが見えました。
近くで確認できたのは、1便目40頭くらいは間違いなくいました。
ドタバタ色んなことがぎゅぎゅーっと濃縮されたクルーズでしたね。
やっぱり羅臼の海は素晴らしい〜





1001
2011年6月6日 「見逃したらごめんなさい」

本日は、午前便のみ予約がありましたので出航しました。
…と言っても、ひたすら濃霧でまたまた緊張がはしる中
先発の観光船はまなすから北の方は濃霧がとれていると連絡をもらいました。
加えて、マッコウクジラがいたと教えて頂き、とりあえず視界のきくところまで進み
マッコウクジラを待つと
 

雪山バックにマッコウクジラを見るとこができました^^
他社が確認した個体も入れると、少なくとも4頭は根室海峡にいたようです。
どのマッコウクジラもゆっくり観察することが出来ましたね。
 

フルマカモメも本日は、たっくさん見られました。船の近くぎりぎりを飛び回ります♪
そして、マッコウクジラを待つ間、北方領土・国後島側にはミンククジラ
それから濃霧がかかって見づらい場所、しかもとってーーも遠くにシャチのヒレ?と思われる
ものが確認できたのですが、とても見づらくシャチという自信がない(泣)
距離もあったので、不安な中
『2マイル以上あると思うけど、たぶんシャチ…見逃したらごめんなさい』
とりあえず先に謝っておきましたが、ビンゴ〜!!
 
 
近くで見られたのは、このシャチ3頭のみでした。
見てわかるとおり、シャチにたどり着いたころには濃霧の中
そして、最初は全部のシャチが国後島側にいたんです…約20頭ほど悠々と泳いでいました。
 
こちらに来てくれないか待っていると、どんどん濃霧が迫ってきて、
諦めかけていたその時、濃霧の中からシャチが現れてくれたんです。ありがとー!!


そして、帰港途中もマッコウクジラを観察し皆さん笑顔で帰られました。
 
話変わって、只今知床ネイチャークルーズ事務所脇の壁にご案内のための
落書きをしています(笑)
私、大木はシャチを描く権限を社長から頂きまして、案を出しやっと描き始めましたよ〜
 

さて、どんな壁画が出来上がるのか乞うご期待☆
船がない時でないと、なかなか進めることができないので気長にお待ちください。
ぜひご乗船の際は、記念撮影などしてみてはいかがですか!?





1000
2011年6月5日 「ミラクルミラクル☆」

本日は3便出航しました。
午前便はなんと!!ガス、ガス、ガス…見渡す限りガスのみ。
視界が悪く、海鳥オンリーのクルーズとなりました。
ガスの中のフルマカモメ^^
 

みんなでリベンジ!!午前便に乗船されたお客様全員と一緒に午後1時便出航。
ガスは朝に比べたらよくなりました。
そして、観測初?ミサゴという鳥が沖合を飛んでいるのが見られました。
 

イシイルカにミンククジラも見られましたね。それからなーんと、シャチの登場です。
近くで見られたのはこちらの2頭、ずっと一緒に進んでいくと北方領土・国後島側に
家族であろうシャチの群れがじゃれあっていました。
撮ってる最中は全く気付かなかったのですが、潮吹きに虹がかかっていた^^
無理を言えば、潮吹きがちょっとハートのようにも見え…
 
 
そして3便目15時便出航間近に濃霧発生、鳥好きの方々のツアーだったのですが
鳥もこんなに濃いならどうしようもない…という中イシイルカが船を見つけ自ら遊びに来てくれました。


君たちが天使に見えたよ(泣)そして長いこと船の舳先で遊んでいってくれました。
待ってもガスは晴れることなく過ぎていくと…お次は船の前にいきなり
 
 
シャチーーー!!
よく見ると何頭も…そのうちガスがやーっと晴れてきてくれてあちらこちらにシャチが。
本日は、昨日に引き続きすごい数のシャチたち。約60頭ほどはいたと思われます。
みんなちょっと急ぎ足で北へ向かっていたのですが、船を取り囲むように広く分散しておりました。
 
シャチはもういいよ、と鳥好きのお客様に言われながらもシャチを見て(笑)
それから、ハシボソミズナギドリの群れも見られました。

 
鳥ばかりに集中しすぎていたのですが、ミズナギドリの近くではマッコウクジラも確認されました。
鳥類はその他、ウトウ、ウミスズメ、アカエリヒレアシシギなども見ることが出来ました。
濃霧で苦戦の1日となりましたが、皆さん大変お疲れ様でした。





999
2011年6月4日 「遊び盛りの子どもたち

本日は午前・午後共に出航出来ました。
朝出航前に、民宿鷲の宿のご主人・川村さんからペキン沖でシャチを確認していると
連絡を頂いていたものの…海上は濃霧のため視界が最悪。
しかし、少しずつ晴れていき…晴れている間に絶対何かを見つけたいと思ったら。
 
なんと、北方領土・国後島側にマッコウクジラを発見。
そして2頭目、それからそれからシャチ!!遠かったのですが広く分散し30頭ほどは
確認できましたよ。
でもみーんな国後側だったので、待っているとじわじわ羅臼側へ^^
 
 
そしてこのように、船の周りでのんびり過ごしてくれたシャチ。
それとミンククジラも船首にいきなりの浮上。
 
午後便は、先発の船がシャチを見つけておりました。
私たちが午前に見ていた辺りでみんなうろうろしていたようです。


午後便はほとんど羅臼側へ入ってきてくれていたので、ゆっくり観察できました^^
ざっと50頭近かったように思いました。
それから、ちょっと警戒心が強く近づくことが出来なかったマッコウクジラも少し堪能。
 
 
こんな感じで、停船させみんなでシャチウォッチング!!
 
私たちの方が観察されているのかもしれませんね。

船の下を何度も潜り、赤ちゃんたちはじゃれて遊んでおりました。
何度もスパイホップという偵察行動をとったり、尾びれで海面をたたいたり。
とても無邪気でかわいらしかったです!!
明日もいてくれるといいのですが…♪
 
また、切手コンテストの締め切りまでまだまだ時間がありますよ〜
ぜひ皆さんご応募下さいね。
 





998
2011年6月3日 「45度のブロー

本日は濃霧のため午前便欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。
 
そして午後便、午前の濃霧が嘘のように晴れ渡り…そしてべったべたの凪♪
とても気温が上がり、無風、暑いくらいのこんな日は何となく予感がします。
 
ということで、いよいよ今年初登場^^
 

マッコウクジラが入ってきましたよ〜。
先に出航していた他社の観光船まるみさんから港前2マイル沖でマッコウクジラが見られたと
連絡が入っており、待つこと1時間マッコウクジラを間近で見ることが出来ました。
この場所なら陸からも十分に観察できる距離!!
 
 
豪快に潮吹きが上がります、シャチ大好きな私も『とうとう来たか〜♪』とテンションがあがりますね。
そしてべた凪の中、イシイルカにもたくさん遭えましたね。

 
ハシボソミズナギドリも分散していたのですが、広範囲に大きな群れでした。
その他、ウトウやフルマカモメ、アカエリヒレアシシギ、アビ類、ウミスズメなど様々な海鳥が見られました。
 
本日、マッコウクジラは1頭のみではなく、少なくとも4頭はいたと思われます。
私たちは6回の浮上を確認することが出来ました。


これから気温も安定し暖かいようですね、マッコウクジラも安定しつつ…
やっぱりシャチもまだまだ足りないですよー!!シャチもどんどん入ってきてほしいです。





997
2011年6月2日 「泣いちゃう…

本日は午前、午後共に波があるため欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございません。
 
さて、今朝8時私たちは長谷川船長の仲間である第38瑞祥丸が羅臼漁港を出港すると聞き
お見送りに行ってきました^^
 
 
向かうは石川県、金沢へイカ釣り漁のため出航です。
羅臼に帰ってくるのは10月初旬頃になるでしょう…

 
羅臼は、沿岸のイカ漁で昨年日本一の水揚げを誇りました。
日本でも屈指の場所なんですよ。
 
大漁旗を大きく棚引かせ出航していきました。
気を付けて帰ってきてください…あぁ、とても淋しい気持ちになりました。





996
2011年6月1日 「ミンククジラ日和!!」

本日は、午前・午後共に出航となりました。
波が少々気になりましたが、どんどん晴れ渡り、ガスもとれ
穏やかになりましたよ^^
 
そして本日はミンクデーとなりました。
4〜5頭ほどのミンククジラがあちこちに集まり、餌を捕食しているようでした。
 

ハシボソミズナギドリの群れも大きかったですね!!
その周りにはやはりミンククジラがついて泳いでおりました。
午前便は、いつになく愛想のないオットセイが見られました(笑)
 

鳥に興味がない方でも、ハシボソミズナギドリの大群には喜ばれますね。
 

船の周りでもごっちゃごちゃに泳ぎまくるミンククジラたち。
とても大きいのです、本当は^^体の白い部分がよく見えて、船の下を潜る姿も
はっきり見えましたよ〜。
 

午後便は、イシイルカがまた船について泳いでくれました。
 
 
お天気はいいものの、北風がすーーーっごく寒い今日はみなさん凍えていましたね。
寒い中、大変お疲れ様でした。
そんなクルーズ後は、知床ネイチャークルーズ事務所わきの足湯に入っていかれては
如何でしょうか!?
 
昨日、日暮れまで寒い中船の中を掃除してました。
羅臼観光協会・新事務局長の池上さん♪


遅くまでお疲れ様でした。とてもきれいになりましたので、お時間ある方はぜひ。



>>> トップ

(有)知床ネイチャークルーズ
〒086-1833 北海道目梨郡羅臼町本町27-1 「道の駅知床・らうす」裏通り
TEL 0153-87-4001 FAX 0153-87-4002 【電話受付時間:7時〜20時】
ご予約は知床一番!知床二番!まで