ネイチャークルーズNEWS!050



1056
2011年7月31日 「陸から近い!!」

本日は午前便、多少波がある中出航。
出航してすぐにアホウドリの幼鳥をお客様が見つけて下さいました。
 
 
午前も午後もマッコウクジラで見ることができました。
羅臼岳とマッコウクジラ!!山頂にはまだ雪が残っています^^
 
 
午後便は、羅臼の宿の『とおまわり』のご主人横前さんと娘さん方が皆さんでご乗船♪
横前さんもマッコウクジラを見つけて下さいました^^ありがとうございます。
 
 
なかなか見ることができない、夕暮れ時…逆光の中でマッコウクジラ!!


とても幻想的な風景です、また午後便はほとんど港前で浮上していたので
ゆっくり観察することが出来ました。
午後便は、入港間際にたくさんのイシイルカ。
らうす道の駅と知床ネイチャークルーズの壁画も見えます(笑)
 

午後便はちょっと長めのクルーズになりました、暑い中皆さん大変お疲れ様でした。
 
一つお知らせがございます。
8月1日〜8月3日までの間システムの都合上、知床ネイチャークルーズの
ネイチャークルーズNEWSの更新が出来ません。
その日のクルーズ内容は、今まで通り羅臼観光協会のほんものニュースにて
更新致しますので、そちらをご覧ください!!





1055
2011年7月30日 「アホウドリは珍しいのです」

本日は、波風が心配されましたが2便共に出航することが出来ました。
午前便はマッコウクジラを見ている時にさらにミンククジラが近くで浮上!
ちらっとだけ背中を見せるミンククジラを見られた方は少ないようでした(汗)
午前便は少なくとも4頭のマッコウクジラを確認。
 

近くで大きなマッコウクジラを見ることができましたね。
午前便はまたクロアシアホウドリが至近距離で撮影することが出来ました。
とても近かったのですが、鳥に興味のある方が乗っていなかったのが…残念でした(笑)
 

午前便はとんとんとマッコウクジラを確認することが出来たのですが、
午後便はちょっと苦戦してしまいました…
しかし2便目もマッコウクジラ、そして港前ではたっくさんのイシイルカに
出遭うことが出来ました。
 

入港間際にはイルカ?の死骸に群がるフルマカモメを確認することが出来ました。
いつも見られるハイイロのフルマカモメと白色型のフルマカモメです。
 

波が心配でしたが、思った以上に穏やかになり本日も安定してマッコウクジラが
見られてよかったですね^^
本日は北からの風でとても寒い1日となりました、皆さま大変お疲れ様でした。





1054
2011年7月29日 「必死のラストダイブ」

本日は2便出航したのですが、午前・午後とでガラっと海の表情が変わりました。
海鳥はトウゾクカモメやウトウ、フルマカモメが目立ち
 

午後便はクロアシアホウドリが間近で観察できました。
 

午前便はべた凪の中、イシイルカ・マッコウクジラを複数確認することが出来ました。
2頭同時に浮上したシーンもありました^^手前と奥にマッコウクジラが浮上。
 
 
午前便は本当に凪が良く、マッコウクジラは少なくとも6頭は確認できました。
ご覧のように近くでダイブも見られましたね。
 

そして、午後便・・・あっという間に白波が立ち見つけるには悪条件に。
波がある中でもみなさん一生懸命探して頂きました。
とおーーくに1度、そして2度目は近くに浮上したものの、白波の中へ向かうことに!!
 

バッシャバシャしぶきを浴びたのですが、なんとか?マッコウクジラの大きさや
豪快ダイブを皆さんにご覧頂けたようでした。
午後便、びしょ濡れになられた皆さま風邪など引かないようにお気を付けて下さい。
風も冷たい中、大変お疲れ様でした。
 
今時期、朝6時から海が穏やかな時はコンブ漁が行われています。
本日は、船長が羅臼道の駅前から撮影してくれました。
国道からでもご覧頂けます^^
 

羅臼に宿泊されている方は、ちょっと早起きをして滅多に見ることが出来ない
コンブ漁をぜひご覧になられては如何でしょうか?





1053
2011年7月28日 「日露中間地点を行ったり来たり」

本日は、べた凪の中2便共に出航しました。
日差しがとても強く、みなさん日焼けしましたね…
 
さて、本日も午前・午後共にマッコウクジラやイシイルカに出遭うことが
できましたよ!!
こちらは午前便、マッコウクジラが目の前で豪快ダイブ。
 
 
午後便は、日露中間地点にマッコウクジラが浮上することが多く、
なかなか近づくことが出来ませんでした。
奥に見えるのは、北方領土・国後島です。

 
午後便は、西日が強いとこのように国後島がはっきり見ることが出来ます。
午後便入港間際には、たっくさんのイシイルカが活発にしぶきをあげておりました。
奥には、砕氷型巡視船てしおの姿も。
 

本日は、フルマカモメもたっくさん船の周りに集まりました。
 

その他、ウトウやトウゾクカモメも見られましたよ。
マッコウクジラに関しては、少なくとも4頭は根室海峡内で確認できました。
午前便は、種類はわからなかったのですがアカボウクジラ科のクジラが4頭
遠くで確認できました。
本日は風もなくとても暑く感じた1日でしたね、皆さま大変お疲れ様でした。





1052
2011年7月27日 「青空にかけるレインボー」

本日は、凪も天気も最高の中出航しました!
鳥はアカエリヒレアシシギがとても目立ちましたね。
 
 
その他、ウトウやフルマカモメなども見られました。
 
午前便では、羅臼沖をイカ釣りの日本海から太平洋側に回る船がたくさん見られました。
こういう光景はなかなか見られることがないんです。
 
 
長谷川船長は留萌から来た船ではないかと言っておりました。
留萌沖辺りで操業している船は、津軽海峡を渡って太平洋に抜けるよりも
オホーツク海から根室海峡を通って太平洋に抜ける方が近いそうです。
 
午前便、今年初のカマイルカの群れを確認することが出来ました。
私たちの船の船尾波にのってサーフィン♪
 

こちらはいつものイシイルカです、イシイルカは海面に体を出さずに泳ぐのが
特徴です^^白黒ボディーがきれいです。


そして、午前便はこちら!!マッコウクジラを間近で観察することが出来ました。
お客様にピントが合っていますが、とても近いのがわかりますね。
午前は10回以上の浮上を確認し、少なくとも5頭はマッコウクジラがいたと思われます。
 
 
午後便は、あちこち離れたところでマッコウクジラが浮上し、振り回されっぱなしになりましたが
最後はベストコンディションの中のレインボーブロー!!

とってもきれいな虹のベールがマッコウクジラを包みました。
久しぶりに色濃いくっきりレインボーにお客様も喜ばれていた様子です。
本日は暑い中大変お疲れ様でした。





1051
2011年7月26日 「流れ落ちる滴」

本日は、凪のいい中2便共に出航しました。
空は快晴、多少うねりが残っているようでしたが海は穏やかで
2便共にマッコウクジラに出遭うことが出来ました。
 
雪残る知床連山をバックにマッコウクジラが浮上しました。
本日はとても気温があがり、真夏のような羅臼でしたがまだ山頂には雪が残っています。
 
 
といっても、羅臼の気温は20度です(笑)
お客様の中で船が好きな方がいたようで、船長と一緒に操船をして喜んでいたようです。
ちなみに、左が男の子のお客様で右が船長です。
 

このように、本日はとても近いところで午前・午後共にマッコウクジラが近くで見られましたね^^
 

海鳥は、ウトウやフルマカモメ、こちらはフルマカモメの白色。
そして本日は潮目にたくさんのアカエリヒレアシシギがいました。
 
 
午前中は残念ながら確認できなかったイシイルカでしたが
午後便はたくさん見られました!!
 

真っ青な海とマッコウクジラの尾びれから滴る水がとてもキレイです。
 
停船している時間が長くちょっと船酔いされた方もいらっしゃいましたが、
マッコウクジラを間近で見られて、調子も復活していたようです^^
 
下船後、いつものノラ猫ちゃんが長谷川家の前にやってきて甘えてました。


船長の足をどうどうと踏みつけて、ゴロンです…(笑)
めんこくて癒されますね。





1050
2011年7月25日 「ねーねーかまってー」

本日は、午前便は波浪のため欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。
午後便は、多少波がありましたが朝に比べて落ち着いてきたので
出航してみることに…
 
本日はミズナギドリがとても目立ちましたよ。
こちらは、ミズナギドリと近くにアカエリヒレアシシギが着水しておりました。
 
 
その他、ウトウ、フルマカモメ、そして今年初のクロアシアホウドリも確認できました。
そして、本日も水中マイクを海中におろし、マッコウクジラが発するクリック音という音を
聞きながら探しました、クリック音は残念ながら微弱で拾える程度、
クリック音の他にもシャチの鳴き声が遠くに拾えていたようですが
北の方はまだ白波が目立っており、探せる範囲が狭い状況での探鯨。
 
しかし、出航してすぐにミンククジラ、そしてイシイルカもたくさん見られたのです!!
それからなんと北方領土・国後島側にシャチの群れを確認することができました^^
以下はウトウととーくのシャチの家族(汗)
 

船酔いされているお客様もいらっしゃったので、大変だったと思いますが…
辛抱強く日露中間地点から羅臼側に入ってくるのをひたすら待ち、やっと。
オスが停船させている船に自ら接近するなど、迫力あるシーンを見ることができました。
 
 
先日も出遭った家族たちでした。
また子どもたちも船の周りでじゃれて遊んでいましたよ〜♪
赤ちゃんは他のシャチに絡みつき遊んで欲しいと言わんばかりにスリスリしてました。
海藻を体に絡めたり、尾びれで海面をパンパンたたいたりとても可愛かったです。
 

こちら写真家・今井尚二さん!!シャチが目の前に浮上してますよ〜(笑)


 
そして、本日たっくさん頭を出してスパイホップという偵察行動をよくやっていたシャチたち。
何度も何度もどーんと頭を出して私たちを観察していたようでした。
 

広く分散しておりましたが、約10頭くらいいたと思われます。
本日は風と雨ととーっても寒いクルーズとなりましたが、皆さま大変お疲れ様でした。





1049
2011年7月24日 「若い小ぶりのマッコウ達」

本日は、2便出航しました!
午前便は穏やかな海へ、午後は一気に風が通り多少波がある中での出航です。
3便目は波があるため欠航となりました、ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。
 
本日も2便共にイシイルカ&マッコウクジラに出遭うことができました。
午前便は、遠いマッコウクジラばかり浮上しておりましたが、最後に近くで見ることができましたね。
 

知床半島の緑をバックにマッコウクジラ^^
海鳥は、アカエリヒレアシシギやウトウ、フルマカモメなどが見られました。
 
午後便は、千島歯舞諸島移住者連盟青少年洋上セミナーの団体様を乗せ
他社の観光船と共に3隻で出航です。
 

子どもたちも多く、船酔いが心配されましたが元気に最後まで楽しんでくれました。
 

3年連続!こちらの団体様は毎回マッコウクジラやシャチを見て、外したことがないそうです。
最近、確認されるマッコウクジラは今まで見ていた個体よりも、小ぶりな個体が目立ってきました。
どんどん若い個体たちが入ってきてくれるといいですね!!
 
また本日他社の観光船まるみさんが早朝便出航した際、シャチを確認したそうです。
船の周りで遊んでくれたとのこと…本日私たちは出逢うことが出来ず残念でした。





1048
2011年7月23日 「久しぶりの岬コース」

本日は午前・午後共に出航しました。
2便共にイシイルカに出遭うことができました!
午後便は、イシイルカがたくさん群れてしぶきをあげていました。
 
午前便は、マッコウクジラを確認することができました。
本日はたくさん浮上を確認出来ましたね!
少なくとも6頭は根室海峡に入ってきていたようです。
 
 
本日、ウトウがたっくさん見られました。
岬方面には、30羽近いウトウの群れが着水しておりました。
 
 
午前便は、15頭ほどのシャチの群れにも出遭いましたよ。
 
 
あまり船に近づいてくれないシャチ家族でしたが、
時々船の様子を見に来て寄ってきてくれました^^
 
 
豪快にしぶきをあげて泳ぐシャチたちでした。
 
 
午後便は、入れ替わりで先に出ていた観光船がシャチを見ててくれたので
そのままシャチの元へ向かいました。
 
 
岬方面にどんどん向かっているようで、久しぶりにモイルス湾の方まで行きました。
すっかり緑色濃く夏色の岸壁とシャチたち^^
また、時折体全体を出しジャンプを繰り返す様子も見られ、
いつもは見られない行動をシャチたちがとっていました。
 
 
午後は6頭ほどのシャチ群れ。
この家族も船に寄ってこないシャチたちでしたが迫力あるジャンプや高速泳ぎで
お客様を魅了していましたね^^明日も遭えるといいです。





1047
2011年7月22日 「シャチ!近すぎて困る距離」

本日は午前・午後共に出航しました。
マッコウクジラは2便共に見ることが出来ましたよ^^
午後便はイシイルカにも出遭いました。
海鳥はフルマカモメ、ウトウ、その他本日はミズナギドリがたくさん見られたんです。
 
午前便、マッコウクジラの浮上を待っていると…
 

他社の観光船まるみさんからマッコウクジラが出たと連絡!!
それに向かう途中、黒いヒレが見えたのでいちを“黒いヒレが見えたけど…”と
船長に報告したのですが流されたので、そのままマッコウクジラに向かいました。
そして、マッコウクジラに到着!!そこへ一緒にこちらも浮上。
 
 
やっぱり彼らでした^^オスのシャチがまるみさんの船のすぐ近くに浮上しました。
マッコウクジラにシャチにお客様もどこを見ればいいのか…大忙し♪

 
午後便もマッコウクジラを待っていると、シャチを見つけ1隻だけだったのでゆっくり観察。
午前は近くで10頭ほど確認したシャチは、午後便30頭ほど確認出来ました!!
 
まずはこちらの3頭のトリオシャチがやってくれましたよ。
船に近づき、尾びれをぱたぱた、ジャンプにスパイホップ☆
 


舳先に立っているのは、写真家の野口純一さんです。
シャチが舳先下でばしゃばしゃじゃれて、そのしぶきがバシャっと野口さんにかかると
テンションがあがって素敵な笑顔を見せてくれました(笑)↑↑
 

後半また別群れに遭い、そのファミリーも船を停船させているとどんどんみんなで寄ってきて、
船がシャチに取り囲まれました…私の撮影しているカメラじゃレンズが大きい(泣)


船にまとわりついて本当にすごかったですね!船長が言う“オルカショー”を
久しぶりにお腹いっぱい楽しませてもらいました。
そして、最後は長谷川船長本日1番の傑作!!!シャチのジャーンプっ♪
 
 
レンズが小さく遠かったですが、しっかり抑えましたね。
マッコウクジラも4頭は確認でき、シャチもたくさん出遭えた贅沢な1日でした。
ちょっとはしゃぎ過ぎて疲れた感もある中帰港…皆さま大変お疲れ様でした。





1046
2011年7月21日 「ニホンザリガニを最後に見たのは…!?」

本日は、羅臼沖は高波のため終日欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。
 
さて、本日は風はあるものの快晴!!ということで“ザリガニ探索部隊”出動。
以前、長谷川船長から『羅臼には、ニホンザリガニがいる川がある』と聞いており、
時間がある時に行こう!という話をしておりました。
 
ということで…長靴をはきみんなで川に来てみました^^
小鳥の声が響き渡り、木々の葉っぱの間から眩い光が射し込みます。
たまには緑が香る空気を吸うのもとても気持ちがいいですよね。
 
 
最初は面倒臭そうにしていた船長が一番はりきって楽しんでいたのは言うまででもありません…

 
川の石をひっくり返してみると、川虫たちがたくさん見られました。
久しぶりにアメンボも!!水はとーーーっても冷たいです。
 
 
この川には、昔はたくさんのニホンザリガニが生息していたそうです。
長谷川Jrたちも、小さいころに連れて来たことがあったそうです。
 船長と一緒に私も探してみたものの…見つからず。
 

 
船長の背丈(153p)よりも狭い幅のこの川に、今は大きな砂防ダムと漁道が作られました。
 
 
『この魚道を設計したやつ!ここを魚になったつもりであがれるもんならあがってみやがれ!!』
『地域住民も望んでいないものを勝手に作るなー!!』などなど激怒し
静かな森の中に、どでかい船長の怒りの声が響きました。
 
今回は残念ながら、日本ザリガニは確認できませんでした…(泣)
また他の情報ももらっているので別な川にトライします^^
 
さて、ご報告が遅くなりましたが
当HPのアクセス件数がなんと“400000”件を突破いたしました〜☆
 
 
いつも応援してくださっている皆さま、本当に本当にありがとうございます。
“祝500000アクセス”には何かサプライズをやろうか!?と船長と話しております。
これからもどんどん羅臼の海を配信していきますので、今後ともよろしくお願いします。





1045
2011年7月20日 「シャチの会話」

本日は、2便出航となりました。
昨日の早朝にもシャチの目撃情報を漁師さんからもらっていたので
今日もいるといいな〜と思いながら出航です。
 
2便共にマッコウクジラを確認できたのですが…
ちょーっと遠かったですね〜、2頭は間違いなくいるようでした。
 
本日は、ウトウがとっても目立ちましたね^^
Vの字になりたくさん飛んでいく姿が確認されました。
その他、フルマカモメやトウゾクカモメも見られました。
 

午前便のことでした、マッコウクジラの発するクリック音を水中マイクで聞いていると
“キュー、キュー”と鳴き声が聞こえてくるではありませんか!?
船長『絶対シャチの声だ!!エリカ、シャチを探してくれ〜』と言われシャチを探していると
写真家の野口さんが先に見つけて下さいました^^
以下の写真は、出航前に船尾で撮影していた野口さんを撮影してみました。
 
 
シャチは、確かに遥か国後島側にいましたが、オスの背びれしか見えないくらいに
とっても遠くに3頭はいました…そしてこちらに近づくことなく見失いました。
 
午前便は、イシイルカに出遭えました!!
 

午後便は、残念ながら近くで見ることが出来ず…
本日は暖かい方だと私的には感じたのですが、お客様は『寒い、寒い』と言ってました。
寒い中、皆さん大変お疲れ様でした。





1044
2011年7月19日 「コンブ漁開始!!」

本日は、高波のため終日欠航となってしまいました・・・
ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。
 
さて今年の天然コンブ漁は7月16日から開始しました。
羅臼は養殖のコンブ漁業も盛んに行われております。
 
 
水中を“のぞきメガネ”で見ながら、こんぶ竿(わっぱ)を上手に操り
水中からコンブをねじり取るんです。
大きなフォークでスパゲティーをくるくると巻き取るイメージです!
 
 
普通、水産物のお土産屋さんで売られている羅臼コンブは
天然と表示されていないものは、ほとんどこの養殖のコンブです。
ただ、養殖コンブが品質が低いわけではありません。
 
また、この羅臼コンブを食べて育つ羅臼のバフンウニはまた格別な味わいです。
コンブの美味しいところは、ウニもおいしいんですよ。
流氷の中でのウニ漁は、日本でもここだけです(羅臼のウニ漁は1月〜6月まで)
羅臼のコンブもウニもとても美味しいですよ^^





1043
2011年7月18日 「宿敵濃霧」

本日も3便出航となりました。
べったべたの凪と無風…そして濃霧(泣)
風がないので霧が1日とれませんでした。
 
1便目は、他社の観光船まるみさんがマッコウクジラを見つけたので
連絡を頂きなんとか間に合いました!!
 
出ているところはとても少ないのですが、とっても大きなマッコウクジラ。
船と比較してもその大きさがわかりますよね!?
 
 
本日確認したマッコウクジラはとても穏やかで、ゆーっくりしていました。
2隻でじっくり観察することができました。
 そして間近で迫力のダイブ!!濃霧の中、とてもラッキーでしたね。
マッコウクジラに出遭えたのは、本日この1便目のみ。
 

海鳥は、ウトウやフルマカモメ、ミズナギドリ、その他
アカエリヒレアシシギなど見られました。
 

本日は、本当に凪がよく鏡状の海でした。
2、3便目はイシイルカに出遭うことができました^^
イシイルカのしぶきまでもが、海面に映っております。
 

そして、1日ずーーーーっと濃霧でしたが…
 

3便目終了間近にこの景色!!!知床連山と北方領土・国後島が一瞬にして姿を現しました。
なんとも美しい景色が広がりお客様もうっとりでしたね。
私たちは目で生き物を探しているので、霧で視界がないのが一番辛いのです。
明日は霧がかかりませんように…





1042
2011年7月17日 「穏やかな海とシャチ」

本日は、3便出航となりました。
3便共にご乗船された以下の常連のお客様!!
シャチの新作ポロシャツを着て気合十分で乗り込みました。
本日は長谷川船長とおそろいです^^
 
 
1日とてもいい凪、雨も降ったり止んだりの繰り返しでしたが
1、2便共にシャチに出遭うことができましたー!!
先発の観光船がシャチを見つけてくれました。
警戒心の強いシャチたちでしたが、たまには船に寄ってきてくれることも。
 

 
1便目は、10頭ほどのシャチ群れでした。
奥の観光船は他社のまるみさん、そして手前には立派な背びれのオスシャチが。
背びれだけでも2M近くあるんです。
 
 
2便目は、午前とは違うシャチ群れが近くで2グループは確認できました。
どちらの群れも10頭前後、さらに北方領土・国後島側に10頭前後のシャチ群れ!!
 
 
2便目はシャチをたくさん見つけることができましたよ。
3便目はシャチは遥か国後島側にいってしまったようでしたが、
久しぶりにイシイルカが長い時間舳先について泳いでくれました。
本日はいつも撮影が難しいイシイルカを携帯でトライ♪
しぶきがあがっているのがイシイルカです、ゆっくり走る船について泳いでくれています。
 

 
また1便目と3便目にはツチクジラの群れにも出遭うことが出来ました。
シャチに遭うよりも遭遇率が低いツチクジラ!!10Mほどの大型のクジラなのです。
 

 
3便目はいたるところでイシイルカが目立ちました。
 
 
本日は雨が降る中、ちょっと肌寒いクルーズとなりましたね、皆さま大変お疲れ様でした。





1041
2011年7月16日 「2度目のご訪問」

2010年8月13日にEverGreenの舳先で休息した珍客。それが、アカアシカツオドリ。
元スタッフの佐藤と『あの鳥は、何カツオドリなんだろうか?』という話をし
種類当ての賭けをしたんです、そこで私が負けたためカツオドリにちなみ
『カツオのたたき』を佐藤にプレゼントしたことを思い出しました(笑)
 
前置きが長くなったのですが、当社始まって昨日7月15日で2度目になります。
アカアシカツオドリを確認することが出来ました。
船の上をぐるっとまわり、去っていきました。
 

さて、本日は2便共に出航しました。
午前は鯨類に出遭うことが出来ず、午後便もマッコウクジラには出遭えず…
1日水中マイクを使用し、1度もクリック音を聞くも拾うことができませんでした。
しかし、午後便はイシイルカに出遭うことができました。
 

海鳥は、ウトウ、ハイイロウミツバメ、コシジロウミツバメ、ミズナギドリ
ハイイロヒレアシシギ、フルマカモメなどが確認できましたが
海鳥も気持ち少なく感じましたね。
 
さて、本日は羅臼道の駅で漁協婦人部による『ごっこ市』が開催されました。
羅臼観光協会の池上局長が撮影してくださいましたよー^^
 

ありがとうございます!知床ネイチャークルーズの壁画もちゃっかり
入れてもらっています。
3連休は天気がいまいちの予報ですが…無事出航出来ることを願って。
明日も頑張ります。





1040
2011年7月15日 「執念の1頭」

本日は、午前・午後共に出航しました。
そして午前はイシイルカに出遭うことができました!
 
船の向こうにはイシイルカ、そしてさらにその向こう側には
北海道の漁業取締船“海王丸”が見えます。
 
 
本日午前便は、旅行会社の団体様の予約が入っており一緒に同行してきた
ガイドさんは、ウトロの知床ネイチャーオフィス代表の松田さんです。
いつもお世話になっております。

 
写真手前の男性が松田さんです^^陸のガイドを中心としておりますが
鳥類に関してもとても詳しい方なんです。
午前便、マッコウクジラは少なくとも3頭は確認できましたが…
すべて日露中間地点よりロシア側(泣)
 
午後便は、大苦戦。
1頭浮上を見つけるも、遥か国後島側…そして波がたち船酔いのお客様が続出。
みなさん諦めかけていましたが、水中マイクにマッコウクジラが発するクリック音が近い個体1頭確認。
船長が『これでダメなら諦める』と粘って粘って。
 
みなさんとーっても辛いながらも何とか耐えて、そして見事!!!


本日、羅臼側で見られたのはこのマッコウクジラ1頭のみでした。
いつも見られている個体でしたね^^
何とか最後はみなさん笑顔!?で帰ることができました。
最後には拍手喝采(泣)
船酔いされて、大変な思いをした方々、大変申し訳ございませんでした。
でも最後の最後で近くで見られて本当によかったです。





1039
2011年7月14日 「お客様も携帯で撮影」

本日は雨が降りましたが、凪がよかったので午前・午後共に出航しました。
2便共にイシイルカに出遭うことができましたよ。
 
お客様から「よくイルカの出る場所がわかるね」と聞かれますが
しっかりイシイルカたちも自分が通ったしるしを残しています^^
水面に波紋が出来ているのがわかるでしょうか?
 

海鳥は、こちらのウトウをはじめ
ハイイロウミツバメ、フルマカモメ、ミズナギドリ、ハイイロヒレアシシギなどが確認されました。
 
 
午前便は苦戦するも、肉眼でも潮吹きは確認できず
そして水中マイクでマッコウクジラの発する音も拾うことは出来ませんでした。
しかし、午後便は時間差で先に出航していた他社の観光船が遥か北側で
なんとかマッコウクジラを見ることができたと連絡が入り私たちも北へ向かう途中。
1頭のマッコウクジラを発見^^近くでゆっくり見ることが出来ました。
 

そして、次の浮上を待っていると…久しぶりにツチクジラも複数確認出来ました。
遠くでジャンプを繰り返すシーンも見られました。
こちらが2回目の浮上を確認したマッコウクジラ!!
 

間違いなく1回目と2回目の浮上したマッコウクジラの尾びれが違うのがわかりますね♪
少なくとも2頭は確認され、のべ4回の浮上を確認できました。
これだけ近かったら、携帯でもしっかり写っているでしょう^^
 

マッコウクジラのダイブシーンと一緒に写っているのは、長谷川Jrのお友達。
本日午後便はお手伝いしてもらいました。
雨が降り、とても寒い中午前・午後共に皆さま大変お疲れ様でした。





1038
2011年7月13日 「番屋をバックに豪快ダイブ」

本日は2便共に出航となりました。
午前便はべった凪で鏡のような海でした。
午後は多少波が出ましたが、2便共にマッコウクジラを近くで
観察することができましたね^^
 
こちらの写真は午後便ですが、陸がとても近いのがわかりますね。
ここは瀬石・相泊沖6キロの場所でした。
背景に見えるのはコンブ漁やサケ漁の番屋が並んでいるんです。
 
 
マッコウクジラのしっぽと・・・こちらはみなさん、プロの写真家さんたちですよ^^
左から今井尚二さん、真ん中が戸塚学さん、そして右が野口純一さんです。
皆さん真剣です。いつもお世話になっております。
 

本日は、ヒレアシシギ類、ウトウ、ハイイロウミツバメ、ミズナギドリが見られ
そしてこちらはフルマカモメ…とバックにはマッコウクジラが浮上してます♪
 

その他、イシイルカもたくさん見られ、久しぶりのミンククジラも午前便
近くで浮上してくれました!
 
 
防波堤のオオセグロカモメのヒナたちもあっという間に大きくなっていきます。


そして、昨夜はいつもお世話になっている常連の写真家さんたちを招いての
BBQ&パスタパーティーを長谷川宅前にて開催^^
 
入港後みんなで準備をしました。
スタッフ岡野は「包丁の使い方がなっていない!!」と写真家・今井さんから
手ほどきをうけてました^^
 
 
たくさんのホタテやホッケなどなどの差し入れも頂きました。
 

メインは写真家・戸塚学シェフによる美味しい〜パスタですよ。
 
 
最後は雨にあたってしまい、ちょっと早めの解散となりましたが…
皆さんたっくさん飲んで食べて笑いっぱなしの楽しいBBQでした。





1037
2011年7月12日 「とろ凪」

本日はお客様の需要がなく午後便のみ出航となりました。
午前は波があったものの、午後は快晴で気温もあがりいい凪になりました^^
 

そして順調にマッコウクジラを観察することが出来ましたよ!!
この個体は最近よく見る個体です。北方領土の国後島バックに大きな尾びれを
どーんとあげ、お客様はとても喜ばれておりました。
 
 
帰り際、イシイルカ2頭ほどゆっくり泳いでいる姿を確認するも、
すっかり大人しくなってお客様は全員見られなかったかも…!?
 
海鳥は、ミズナギドリが本日はよく見られました。
その他フルマカモメ、ウトウ、ミツユビカモメなどなど
こちらはハイイロヒレアシシギだそうです。


マッコウクジラは少なくとも3頭は確認することが出来ました。
3回ほど近くで見ることができましたよ、上出来、上出来♪
明日も凪がいいことを願って出航しまーす。





1036
2011年7月11日 「最後の最後で」

本日は、3便出航しました。
午前・午後2便は大苦戦…少なくとも2頭のマッコウクジラを見つけるも
お客様には大変見つけづらい条件でした。濃霧やはるか日露中間地点よりも国後島側(泣)
イシイルカのしぶきも見れたのですが…うーん。
 
海鳥は、フルマカモメ、ミズナギドリ、ウトウとトウゾクカモメも確認されました。
 

本日は、北海道の漁業取締船の“海王丸”が羅臼沖に来ていました。
 
 
本日は、2便共に鯨類の遭遇がいまいちでしたが、なんと夕方の1時間クルーズでは
近くでこの通りマッコウクジラを確認することができました。

 
マッコウクジラをゆっくり観察し、豪快ダイブを堪能し、最後に拍手が♪
本当にラッキーでしたね^^
この短時間でゆっくりマッコウクジラを見て帰る…なんとも贅沢なクルーズでした。





1035
2011年7月10日 「クジラ見るまで疑ってただろ!?」

本日は、3便出航となりました!!
1日視界がパッと開けることがなく苦戦続きの3便となってしまいましたが…
1便目は奇跡的にマッコウクジラを見つけることができました。
観光船3隻出航していたので、チームプレイのおかげです(汗)
 
1便目船から水中マイクを引っ張っていると、いつものようにフルマカモメが
船尾に集まり20羽ほど集まり、その中に1羽…ミズナギドリくん。
頭を突っ込みながら泳いでいました、餌でも探していたのか?
自分をフルマカモメと思い込んでいるのか?とても可愛らしかったです。
 

 
海鳥は、ウトウやフルマカモメもたくさんいました、雨の滴を体に乗せとても綺麗でした。
 

本日はトウゾクカモメも確認されました。
そして、2便目は地元の小学生&お父さんお母さんたちを乗せ出航です。
 
 
凪もよく子どもたちもおおはしゃぎ^^そしてお母さんたちもおおはしゃぎ^^
マッコウクジラを近くで3頭も見て、イシイルカもたくさんいましたね。
 
『子どもたちは純粋にクジラが見えるって信じてるだろうけど
父さん、母さんたちは見るまで長谷川まただまくらかしてって信じてなかったべ!?』
と船長…皆さんうんうんと首を縦に振りつつ、ここまで見れるとは思っておらず
大変喜ばれていたようです。
 
そして本日3便目が一番手こずってしまいました…
さっきまでのべた凪がどこへやら?急な北風で波が立ち、さっきは晴れてきた濃霧復活!
悪条件の中粘り1頭のマッコウクジラを近くで観察することが出来ました〜^^


 
入港間近にはこのように知床連山も晴れ間が見え、夕暮れ時の綺麗な景色が広がりました。
 

3便目は地元中学校の先生方を乗せての出航でした。
本日は町民の方々が多く乗船され、羅臼の海を存分に楽しんで頂けたことと思います。
またぜひご乗船くださいね〜♪





1034
2011年7月9日 「雪山バックのシャチにマッコウ」

本日は、午前・午後共に出航しました。
予想に反してのべた凪&晴天で出航しました。
 

2便共に安定してマッコウクジラやイシイルカに出遭うことができました^^
そして、港から日露中間地点まで船を走らせゆっくり探鯨を始めた矢先・・・
北方領土・国後島側に“黒いヒレ”?が見えた気がしました。
しかし国後側は霧がたちこめ、非常に見にくく粘りに粘って霧も取れてきたら…
いたー!間違いなくシャチ。
 
 
というわけで待って待って待ってやっとシャチが羅臼側へ入ってきてくれました!!!
子どもたちはジャンプを繰り返し、お母さんに寄り添うように泳いでいました♪
船長の口癖ですが『雪山バックにシャチなんて、国内ではねーぞ!!』まさにその通り。


知床連山バックに高々とあがるオスシャチのヒレ、ただならぬ緊張が。
 
 
午後便もシャチを見つけることが出来ましたが、残念ながら日露中間地点よりも国後側へ
戻っていました、しかし肉眼ではっきりわかる距離でしたね。
午後便は、岬のゴミ拾いクルーズ帰りのまるみさんと一緒にマッコウクジラを観察!
 

乗船していたのは、地元の子どもたちだったそうです。みなさんゴミ拾いお疲れ様でした。
そして、マッコウクジラは本日もゆっくり近くで見ることができました。
 

午後便に関しては、帰り際ツチクジラの3頭の群れも近くで見られました。
とーっても暑く日差しが強い1日でした。皆さま大変お疲れ様でした。
 
さて、一つお知らせがあります。
全道放送になりますが、NHKのつながる@きたカフェにて
7月11日(月)11:30〜12:00の放送内の中で世界の川端さんが撮影した
シャチの映像が流れるそうです!!お時間ある方はぜひご覧ください。





1033
2011年7月8日 「オスの社会行動」

本日は、2便共に出航しました。
午前便は濃霧が停滞し悪条件…と思ったら霧の中にどーんとマッコウクジラ浮上。
目の前でゆっくり見ることが出来ました。
 

船を停船されるとフルマカモメがたっくさん集まってきました^^
 

本日はフルマカモメの白色、ハイイロウミツバメやミズナギドリも見られました。
午後便はすっきりとまではいきませんが、午前中より視界が開けました!
出航してから、イシイルカに出遭いその後アカボウクジラ科の識別不可能のなぞのクジラが
プカプカ1頭で浮いていました。
 
 
そして、午後もマッコウクジラを近くで見ることができました。
のべ浮上回数は10回、次々出てきてあっちもこっちもとはいきませんでしたね…(汗)
少なくとも4頭は確認できました。


最後には、マッコウクジラのオスが社会行動をとる様子も見られました。
マッコウクジラのオス同士が複数で行動するシーンはなかなか見られないんです。
昨日とは違って一気に気温が下がった羅臼、霧の寒い中皆さん大変お疲れ様でした。





1032
2011年7月7日 「キンチョーの夏、マッコウの夏」

本日も午前・午後共に2便出航しました^^
出航間際に濃霧!?お客さまは心配そうでしたが
すぐにとれました。
 
午前便はとってお苦戦しました、マッコウクジラが浮上しても北方領土・国後島側。
残念なまま帰港となりました。
するとたままた前方にマッコウクジラ!わりと近くでみることができお客様も大喜び^^
その後、さらに違う個体が前方に浮上して、もっと近くで見られました。
よかった、よかった。
 

本日もハイイロウミツバメやフルマカモメが大変目立ちましたね。
ミズナギドリもぱらぱら、アカアシミズナギドリも混ざっているようです。
 
 
そして、午後便なんと海に落ちてしまったオジロワシが岸壁の穴になんとかよじ登ったとの
連絡を頂き観察しながら出航。

 
午後便は、たくさんのイシイルカ、そして午前便でも見られたマッコウクジラが
少なくとも3頭は確認できました。


午前、午後共に確認したマッコウクジラは同じ個体だったかもしれません。
夏の訪れを告げるかのように、マッコウクジラが安定してきましたね。
明日も状態がいい中出航したいです。





1031
2011年7月6日 「やっと20度超え」

本日は、午前・午後共に出航となりました。
午前は白波もあり少々見づらい条件の中ひたすら探します…見つかりません。
焦り始めた頃に、マッコウクジラをお客様が見つけて下さいました^^
午前の方がちょっと遠かったのですが、マッコウクジラの潮吹きも豪快ダイブもしっかり観察♪
 

午後便はこんなに近くで撮影することができました。
少なくとも2頭確認でき、午前・午後ともに近くで見られた個体は同じものでした。
 
 
午前便では見られなかったイシイルカが午後はたくさん見つかりました。
みんな今までどこにいたんだ!?と思うくらいにあちこちでしぶきをあげ
活発に泳いでいましたよ。羅臼岳もとても綺麗でした。
午後はしっかりミンククジラも見られました。
 
本日はフルマカモメがたくさんいましたね。
ミズナギドリはすっかり少なくなってしまいました…
 
 
天気もよくなり、気温もあがり視界がとてもよかったです!
羅臼は真夏でも気温が25度いけば、いい方なんですよ。年の平均気温がとても低いのが羅臼です。
すっかり山々も緑がいっぱいになりましたね、いよいよ短い夏本番となるのでしょうか!?





1030
2011年7月5日 「イルカさんでしゅよ〜」

…と終始私の隣で一緒にイルカを見ていた赤ちゃんにデレデレだった私です。
眠いようで最初は泣いて若干困り顔でしたが…あぁめんこいですね♪
 

ということで、本日は需要があった午後便のみ出航となりました。
最初は波もありましたが、少しずつ波も落ち着きイシイルカにたくさん出遭えました^^
本日もイシイルカは舳先について一緒に泳いでくれましたよ。
 

イシイルカはいたるところで出遭えたのですが、船長がいう『でかいやつ』がなかなか見つからず。
お客様も私のマイ眼鏡で一生懸命探して下さいましたが、シャチ…見つかりませんでしたね。
 
 
鳥類はミズナギドリ、ウトウ、フルマカモメ、ハイイロウミツバメなど見られました。
入港の際に、防波堤をゆっくり進んでもらいました。


見てください!かえったばかりのオオセグロカモメのヒナです☆
まだまだ卵を温めている母鳥がたくさんいるので、これからがベイビーラッシュですね。





1029
2011年7月4日 「手がかじかみました」

本日は、需要がある午前のみの出航となりました。
凪はとーっても良かったものの…濃霧。
ちょっと不安をも感じる中出航したところ、ものの5分で何かがしぶきをあげました。
お!?っと思ったら、イシイルカの赤ちゃん1頭だけが体を出さずに一生懸命泳いでいます。
写真は撮れませんでしたが、とてもかわいらしかったです。
 
海鳥は本日もハイイロウミツバメやウトウ、フルマカモメ、ミズナギドリが目立ち
 

その後霧が濃く、雨も降る悪条件の中苦戦していたのですが
帰港途中はいたるところでイシイルカに出遭うことが出来ました。
 
こちらの左のお客様は、長谷川船長の友人で浦川のラーメン店『まさご』のご主人です。
お世話になっております。
 

皆さんとても寒い中、濡れながらも見ることができたイシイルカに大変喜んでいました。
 

写真は遠いですが…近くで透けて泳ぐ姿もしっかり見られお客様もはしゃいでおりました。
皆さん風邪などひかないように気を付けて下さいね^^大変お疲れ様でした。
 
先日ご紹介しました『根室海峡に訪れる鯨類たち』の切手シートを知床ネイチャークルーズ事務所にて
本日から販売開始致しました^^
これなら、郵便局がお休みでも当事務所にて購入できます。
 
詳細はこちらから
 
私が撮影した写真その他、ご協力いただきました方々の素晴らしい写真が切手になりました。
ぜひ道東お越しの際は、お買い求め下さい♪





1028
2011年7月3日 「ハイイロウミツバメたくさん」

昨晩は、ビンゴ大会にて羅臼町は大盛り上がりでした。
豪華景品もたくさんありました!
ビンゴ大会は、羅臼町本町で世界の川端さんをはじめ、長谷川船長もお手伝い^^
 
 
屋台も見ながらお祭り雰囲気を堪能してきました。

 
さて本日は2便共に出航しました。
少々波がありましたが、イシイルカに出遭うことが出来ました。
 

視界はよかったものの、シャチやマッコウクジラは見つけられることが出来ず…
海鳥は、ウトウ、フルマカモメ、ミズナギドリなど見られ
本日はハイイロウミツバメがとても目立った1日となりましたよ。
低くヒラヒラ飛んでいます!
 

午後便はミンククジラもチラッと姿を見せましたが、しっかり確認できたお客様は少なかったようです。
本日は少し風が冷たかったのですが、お客様も一生懸命探してくださいました。
皆さま、大変お疲れ様でした。





1027
2011年7月2日 「午後からやってきた」

本日は、午前・午後共に出航しました。
さて、本日はというよイシイルカにミンククジラをゆっくり見ることができました。
 
 
知床連山も、午後にはすっきりくっきり見られました。
そして、午前便は…シャチを見つけました!!が、北方領土・国後島側。
とても遠かったのですが、なんとイシイルカのしぶきに向かってシャチがジャンプをして
勢いよく向かっていくではないですか!?
 

その写真はうまく撮れなかったのですが、シャチは体全体を出して凄いしぶきをあげ
飛び跳ねながら、イシイルカを追いかけているのか?
なんだったのか…迫力ある光景を見ました。
 
そして午後便は、どんどん凪がよくなり極上凪へと変わりました。
フルマカモメやミズナギドリがたっくさん目立ちましたね^^
 

こちらはフルマカモメの白色。
 
 
その他、ハイイロウミツバメもまとまっていました。
シャチは5頭ゆっくり泳いでおりました!あまりフレンドリーなシャチたちではなかったのですが、
2度ほど船を観察しに来てくれて、船の真下を交わすシーンも♪

 
国後島バックにシャチがそろいました。
 
 
あとは、午後便はツチクジラもちらっと3頭ほど、オットセイの子どもも見られましたよ。
明日も穏やかな中、出航したいですねー。
さて、昨夜は青年部!?のお神輿が回ってきたわけで、盛大に熱く繰り広げられました。
なんと、長谷川Jrが神輿に乗ることを許されました^^さまになってます。
 

知床ネイチャークルーズの提灯も♪
 
 
息子の雄紀くんと華奈江社長&長谷川船長と家族写真。
雄紀くん大変お疲れ様でした。
 

今晩は、これからビンゴ大会に繰り出します!!豪華景品当てるぞー☆ミ





1026
2011年7月1日 「根室海峡に訪れる鯨類たち」

本日は、午前・午後共に出航しました。
2便共にイシイルカに出遭うことが出来ましたよ。
港を出てすぐ、しぶきをあげて勢いよく泳いでいます。
 
 
視界はよかったのですが、鯨類はイシイルカのみでした。
鳥類は、以下のウトウ、フルマカモメ、ミズナギドリなど見られました。
 
午後便は長いこと船についてイシイルカが泳いでくれましたね。
明日も凪はよさそうですので、マッコウクジラやシャチも見つけたいです(汗)
 
そして、一つ大事なお知らせがあります。
鯨類好き、羅臼の海の生き物好きのみなさんお待たせいたしました!?
な、なんと…根室海峡に訪れる鯨類をメインにした鯨類切手が7月1日の本日から
販売開始したのです☆ミ
 
表面はこんな感じ^^


裏面には鯨類の解説も。
 

販売郵便局は根室市、標津町、中標津町、別海町、羅臼町の郵便局29局のみでの販売。
知床ネイチャークルーズ事務所にても販売予定です!!
1シート80円切手×10枚で1セット1400円となります。
道東へ来ないことには、買えません!!
さぁ、みなさん羅臼に来て船に乗り切手を買いましょーー♪
 
本日から3日間羅臼町内のお祭りです。
町は賑わい、お神輿、屋台も出ますよ〜お近くにいらっしゃる方はぜひお越しを^^



>>> トップ

(有)知床ネイチャークルーズ
〒086-1833 北海道目梨郡羅臼町本町27-1 「道の駅知床・らうす」裏通り
TEL 0153-87-4001 FAX 0153-87-4002 【電話受付時間:7時〜20時】
ご予約は知床一番!知床二番!まで