ネイチャークルーズNEWS!057



1226
2012年2月29日 「勇猛なワシの姿」

今現在で、本日の日の出が今年一番良かったと感じました、エリカです。
朝はとってーも寒く、凍えていたのですが日中はポカポカ春を感じる陽気♪
それでも気温は、それほど下がらなかったようですが(汗)
 
 
北方領土・国後島の背景は真っ赤に染まっていきました!
とっても綺麗に日の出が見られましたよ。
 

長谷川船長が撮影、日の出♪♪
 

流氷がしばらく港周辺を覆っていたため、漁船が出航出来ずにいましたが
本日は、流氷がゆるんだので久しぶりにスケソウダラ漁船が出航です。
 

凛と立つオオワシ、漁船をバックに撮影しました。
この厳冬期に、知床と名のつくところで漁船が出航しているのは羅臼だけなんです!
知床・羅臼ならではの風景です。
 

流氷帯はかなり緩んだものの、港からはまだ近く
こちらは奥に赤白の羅臼灯台が見える、クジラが見える丘公園の場所です。
 
 
2便目、ちょうど海上保安庁の砕氷型巡視船てしおが出航してきました。


本日、ワシは約180羽ほど確認出来ました。
午後1時からの1時間便では船の周りにワシは約20羽はいたそうです。
お客様にカウントして頂きました^^
 

早朝便の日の出も最高でしたが、昼間日が昇ってからの本日の景色も
べた凪、無風、青空に白い雪ととても美しい景色が見られました。
こちらの知床連山の景色も船長撮影ですよ〜、とても綺麗ですよね^^
 

本日は本当に天気がよく、海の条件も良く、どの時間を切り取っても素敵な1日でした^^
流氷の形もどんどん形を変え、高さが出てきました。
この調子で、まだまだ出航し続けたいですね…そろそろ鰭脚類や鯨類も見たい。





1225
2012年2月28日 「国後島から昇る日の出

今朝、外に出てみると雲がない!綺麗な星空が!!
国後島側にも…雲がない!?
 
久しぶりに日の出が期待できそうな本日は、早朝便と8時半便の
2便出航となりました。
 
じわじわと空が赤く焼けてゆきます…
 

おー!!久しぶりにいい感じの日の出が見られそうです。
奥に見えるのは、北方領土・国後島と朝日、そこを今か今かと待っている
一眼レフをかまえたお客さま。こちらの写真は世界の川端さんに撮影してもらい…
私はじっくり目で見ておりました。
 

本日の日の出の様子は、知床羅臼観光協会ブログのほんものニュースでも
ご覧いただけます♪
 
オオワシ、オジロワシがメインとなっておりますが、他の海鳥にも興味がある方もいます。
本日はワタリガラスが見たいと言っていたお客様も。
こちら船長撮影カワアイサ、他シノリガモ、スズガモも見られました。
 
 
奪い合いのシーンがよく見られ、オジロワシが上空でバトルを繰り広げておりました。
後ろから追われて、加えていた魚が口からポロっ。


早朝は気温が下がり、−14度ととても寒かったです(泣)
オオワシ、オジロワシは多い時で、約200羽ほど確認出来ました。
 

早朝便は、港前まで氷が詰まっており、沖での移動スペースが少なかったのですが
9時便では岸壁からぐっと離れ大きく水路が出来ました!
短時間でも、流氷は風向きや潮の流れでガラっと動きが変わるんです。
奥に街並みが見えてます!早朝便では、流氷が接岸しておりました。
 

3羽のカモメが1つの魚に飛び掛かり、1羽が勝ち取りましたが!?
その後、ツルンっと滑って慌ててしまいましたよ〜(笑)
 

お客様はワシに夢中でしたが、私はこのカモメたちに夢中で
一人で笑っておりました^^





1224
2012年2月27日 「まだまだ流氷接岸中

本日は早朝便と9時半から撮影、8時半から1時間のクルーズの3便出航です。
朝から雪が降り続きました。
 
気温自体はそこまで低くなく、風もないので暖かくも感じますが
1日中雪にあたっていると、さすがに体が冷えますし体力を消耗します(汗)
しかし、一眼レフを持ったお客様は本日も熱心に撮影しておりました!
 

本日は3社出航となりましたが、多い時で約190羽ほどのオオワシ・オジロワシが
確認できました。
 

空をまっすぐと見つめ何を考えているのでしょうか?
淋しげにも見えるワシが目につきました。
 

雪が降っているとなかなか上手に撮ることができませんが…
雰囲気はとてもいいんですよ!
 

睨みをきかせたオオワシ、迫力があります。
本日3便目は中国の団体様を乗せてくのクルーズとなりましたが
添乗員さんの話では『みなさん、オオワシが撮りたいんですよ』ということで
2時間半集中しておりました。
 
流氷帯はまだまだ港前までぎっちり入ってきております。
明日も早朝便にて出航です^^





1223
2012年2月26日 「弱肉強食の世界

本日は4便出航、早朝便、8時半便は撮影コースにて
11時便、12時半便は1時間の団体様のツアーにて出航。
 
連日乗船しているお客様もいらっしゃったので、そろそろ綺麗な朝日もと
思っていたのですが、北方領土・国後島に厚い雲がかかっておりました…
がしかし、雲の合間から太陽が!?
 

日の出に合わせては残念でしたが、意外に綺麗に光がもれましたよ^^
 

撮っている時は、手前のオオワシに集中しており奥のオオワシが
目に入ってなかったのですが撮った写真をチェックをしたら、
ちょうどクロスしてましたね。
 
 
本日、面白いシーンを見ることが出来ました。
よくワシたちは魚の奪い合いをしますが、こちらどういう状態かわかりますか?
 
これはぜひとも動画が欲しかった!!
1羽のオオワシが、下にいるもう1羽のオオワシを踏みつけているんです。
2羽上と下に重なっております。


 
奪い合っているこういった姿を間近で撮影したことはなかなかないので
船長も興奮しておりましたね。
 
『野生の生き物というのは、同じ仲間同士で殺しあうことは滅多にない。
最後には弱い方がちゃんと引き下がるもんだ。相手が死ぬまで喧嘩するのは人間だけだ。』
長谷川船長がよく言います。
 

 
いつもオジロワシばかりを撮影している私ですが、本日はなぜかオオワシばかり
良い写真が撮れたなと思いました^^
 

本日は、オオワシ・オジロワシが約200羽ほど集まりました。
港内には、スズガモ、シノリガモ、ホオジロがもなど見られました。
一眼レフを持ったお客様がずらりと並びましたね。
 

羅臼岳には雲がかかっており、雪が降ってきそうだなぁと船長と話していたのですが
12時便ではすっきり雲がなくなりました!
 

羅臼岳がとてもキレイでした。





1222
2012年2月25日 「眩い流氷原

本日は、早朝便と9時便の2便出航となりました。
早朝便は天気はよかったのですが、北方領土・国後島には厚い雲が…
日の出は見られませんでしたが、知床連山は雲がなくとても綺麗でした^^
時間がたち、少し空がピンク色になり始めました。
 
 
早朝便はなんと!!−14度まで下がったそうです。
ゴム手袋をしていても、凍えて手の感覚がなくなるわけですね…
そんな中でも、カメラをかまえた方たちはずっと外で撮影です。

 
こちらは、第五十三寶来丸が凍りついた海をどんどん突き進み港へ向かう途中。
『ワシ飛ばしに行くかぁ!?』と船頭さんから長谷川船長に、電話が入りました(汗)
『こっち来なくていいから、そのまままっすぐ帰れ〜!!』と長谷川船長。


昨年、鮮明に私は覚えていますが…
思いっきり私たちの船の横をぐわーーーっと突っ込み、
ワシを飛ばし氷も粉々にし帰っていきました。
そんなお茶目な船頭さんです(汗)
 
ピントがあったと喜んで油断すると、カモメが飛んで邪魔をされることがよくあります。
 

本日も流氷帯は港の目の前、オオワシ・オジロワシは早朝3社、9時便2社で出航し
早朝・9時便共に約200羽ほど確認出来ました。
 
 
氷の間に水辺があれば、カモメたちがたくさん集まりみんなで水浴び。
何度も水をかぶり丁寧に顔を洗っております!綺麗好きなんですね^^


ワシたちの中には、水面に足をとられ溺れかかるワシたちが見られます。
しかしこちらは、シャーベット状の氷に足がはまりどんどん沈んでいった結果
座り込んでしまったオオワシです。
座り込んで落ち着いたと思ったら、すぐに飛び立っていきました(笑)
 

氷上でオジロワシのコーラス隊(2羽)がクワックワッと音色を奏でます^^
 

昨日と違って天気がよく、綺麗なキラキラ氷上の撮影となった本日は
一面白い銀世界、とても幻想的でしたよ。
 

 
流氷帯はこのまま港前で安定してくれるのでしょうか!?明日も出航します。





1221
2012年2月24日 「手足の感覚がなくなります

本日は早朝便撮影コース、1時間クルーズの団体様、そして9時半から15時半まで
チャーターにて出航しました!
朝から雪で、朝日は期待できなかったのですが…流氷は港を出てすぐそこに^^
雪の中の撮影は、苦手ですみません。
晴れている日もとても綺麗ですが、雪の中の撮影も素敵です。
 

海鳥は、スズガモ、シノリガモ、カワアイサやこちらのクロガモなど見られました。
 

ゴマフアザラシが頭を出している姿を見ることができました♪
海上保安庁の砕氷型巡視船が巡回から帰ってきました。
 
 
こちら、1時間クルーズの団体様です。
昨日、網走側を走ってきた時に流氷が遥か沖だったので流氷が見られるか
とても心配していたようですが…
こんなに流氷があるとは思っていなかったようで、大変喜ばれておりました。
しかし寒さのあまり、早めに船内へ(笑)
 
 
1時間のクルーズに、町民の私のお友達が乗船しました♪
鳥好きと聞いており、ぜひ船に乗ってもらいたいと思っていたので
念願のバードウォッチングクルーズ。2人とも楽しんでもらえたようです。
 
 
ミホちゃん、ハヤトありがとう^^今度はみんなで一緒に来てね。
1日強めの風、雪とでとても寒かったのですが…
14時頃になりやっと晴れ間が見えました。
 
景色はどんどん明るくなり、綺麗な青空と雪が降りたての白い流氷!!
そこにオオワシが凛とかっこよく佇んでいます。


カモメも流氷のゆりかごでお休み中♪
 
 
最終的には、流氷の動きがとても速くあっという間に港の出入り口がふさがる寸前。
とても近くまで詰まってきました。
 

明日も流氷帯は近くにありそうです^^楽しみです。





1220
2012年2月23日 「雪の中のワシたち

本日は、午早朝便と11時から16時までは海外のお客様のチャーターにて出航。
私たちの出航前に、漁船たちが出航しました!
 

雲が厚く、朝焼けは見られませんでしたがワシはたくさん集まりました。
早朝は3社で出航しましたが、約300羽ほどのオオワシ、オジロワシ!
奥に見えるのは、北方領土・国後島です。
 

早朝便もお昼からのチャーター便も大きなレンズを持ったお客様がずらりです。
 

とぉーー!!っとオオワシが魚をキャッチ。
 

こちらの写真、向かって左側がオジロワシ、右側がオオワシですよ。
 

お昼の便は、ワシたちがたくさん動き観察しているのがとても楽しかったです。
私、大木がオジロワシを撮影している姿を長谷川船長が撮影しておりました^^
 
 
流氷は広く分散しており、薄く氷が張っているところも多いのですが、
カモメたちが氷に着地するも、ツルツル滑りキキーっとブレーキ♪
 

実は3日間だけお手伝い頂いている実習生が、以下の写真に混ざっています^^
写真左から、長谷川Jr、羅臼在住のカメラマン石井輝章さん、大木、そして
実習生の坂口藍子さん、最後にスタッフ岡野。
東京海洋大学からきた坂口さんは、シャチが好きなんです!
みんなで記念撮影。
 

チャーターでは長い時間船の上にいたので、ゆっくりワシたちの観察が出来面白かったです。
何度見てもカッコいい顔つきのオジロワシ。
 

坂口さんは明日で実習終了なので、なんとかシャチを見つけたい。
 
さて、お知らせがございます!
明日、2012年2月24日(金)の朝8時から放送フジテレビ『とくダネ』という番組で

羅臼町が紹介される予定です^^
 


お天気お兄さんの天達さんが来られました。
お時間ある方は、ぜひご覧になって下さい!
長谷川船長は『俺出るから!』とみんなに連絡をしておりましたので、船長…でます!?
船長は小さいので見つけづらいかもしれませんが…お見逃しなく。





1219
2012年2月22日 「ちょっと離れましたが…

本日は3便出航となりました。
昨日まで羅臼港付近にあった流氷がちょっと離れてしまったようで
全便港内の流氷を使っての撮影となってしまいました…
 
1便目は昨日、今日とご乗船頂きました海外からの団体のお客様。
大きなレンズのカメラがづらりと並んでいます^^
 
 
港内にはたくさんのカモが見られました。
スズガモにシノリガモ、ウミアイサにカワアイサなど。
 
 
オジロワシがガッチリと鋭い爪でカレイを捕まえました!

 
ワシたちは木に止まり、船の様子を見ているのですが…
木に止まらず地面にいるワシたちを発見しました♪
木の下にオオワシがいるのがわかりますか?
 
 
本日はウニ漁が出ておりました、本日のウニは明後日お店に並びます。
 
 
ワシの数はとても少なく、40羽から50羽ほどしか集まりませんでした。
3便目の1時間クルーズも他の便同様港内で撮影だったのですが、
波もだいぶ落ち着いたこともあり、ちょっとだけ沖に出て北方領土・国後島を眺めました。
 
 
青空で景色はとても綺麗でしたね!羅臼岳もこの通りとても綺麗でした^^
夕方、国後展望塔から沖観察をしたのですが、流氷帯が近くに見られました!
明日は近いところに流氷があることを願って、早朝便にて出航となります。





1218
2012年2月21日 「ハッピーラッキーハート

本日、3便出航予定だったのですが、風が強く、雪も降り出し早朝便のみ
残り2便は欠航…ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。
 
日の出が気になるところでしたが、
『案外、雲の形も面白いし変わった日の出が見れるかもしれないぞ』と
一緒に出航していた、他社の観光船まるみさんの高橋船長が無線で話しているのを
聞いておりました。
 
すると、雲と雲の間から太陽が顔をだし、本当に面白い景色が見られました^^
太陽が雲の切れ間から見えはじめ、一瞬太陽が二つ出てきたように見えました!
 写真では伝わりづらい(汗)
 

氷の間に魚が落ちているようです…
ずっと氷に顔を突っ込み『こ、ここに魚が!!』ともごもごしているオオワシが^^
 

 
珍しく船長に写真で褒められました(笑)
『これいいねぇ〜、大きく引き伸ばすか!でもピントがあまいな』
そうなんです、ピントがあまいのでボツの写真です…
 

お客様が『ハートの形してる!』といきなり言うので、何かと思ったら
オオワシの羽のことでした^^確かにハートに見えますよねぇ。
それではしゃいでいたのは、船長!
『ほんとだハートだ!エリカ、撮れ撮れ』と盛り上がり♪
 

本日はオオワシがほとんどで、オジロワシが少ない印象でした。
ワシは、EverGreenとまるみさんのアルランV世の周りに集まっただけでも約180羽ほど。
このようにざっと見ても、肩の白いオオワシが目立ちますよね。
 

本日、出航時はそれほど気にならなかったのですが、どんどん風が強くなっていきました。
私がいつも立っている、2階のフライデッキは風が当たり、すっっっごく寒いんです。
そんな中一人だけ最初から最後まで、ずっと撮影し続けていたお客様が、
こちらの富山から来られたお客様。
いいものが沢山撮れたと、大変喜ばれておりました^^
 

本日あまり目立たなかったオジロワシ。
 

帰りは吹雪…雪で前が見えずもちろん帰路は2回デッキに一人きりでした(汗)
『黒いヒレ』を探すどころではありませんでした。





1217
2012年2月20日 「朝焼け

流氷は昨日よりもっと陸に近いところにきておりました。
順調に3便出航です!!
 
日の出はとても綺麗で、ここ最近では一番きれいです♪♪
流氷にたたずむオジロワシ。
 

朝日に照らされてオオワシの羽も綺麗に赤くなりました。
 

早朝便では、このように一眼レフカメラを持ったお客様でいっぱいに…
写真家・井村 淳先生の写真ツアーの団体様です^^
 

オオワシ、オジロワシは本日もたくさん集まりました。
早朝便は、3社で出航でしたが全部で300羽はいたかもしれません。
 

本日の船長の1枚!!
『ゴメ(カモメ)がうまく撮れたぞ!!』と笑顔で自慢されました。
 

とても寒い日が続いておりますが、本日はそこまで風も吹かなかったため
ちょっと暖かくも感じました。
しかしオオワシは鼻水を垂らし!?いや、口ばしからつらら…(笑)
 

お昼からはテレビ局のチャーターにて夕暮れまで沖にいました。
すると長く沖にいるので、こちらゴマフアザラシを発見。
近いところに2頭確認しましたよ。
 
船長撮影…氷にピントが合ってます。
 
本日は船のエンジンを完全に停船し、静まり返る沖合を耳で感じました。
ワシがよく動き、バサバサと羽ばたく音が響きます!
そして波の音より、氷同士が擦れる音が響きます!
こちら、オジロワシを撮影しました^^
 

奥には流氷上のワシ、そして北方領土・国後島を背景に。
流氷自体は、密度があったのですが流れに流れ緩んできましたね〜。
水路が出来るので、そこに光が当たりまた美しい景色を作り出すのです。
 

2階デッキでボーっとこの絶景を独り占めするわけです。





1216
2012年2月19日 「スラマッ テンガハリ

スラマッ テンガハリとは…マレー語でこんにちは!と言う意味です。
本日、マレーシア出身のお客様と仲良しになり挨拶を色々教わりました。
毎日いろんな国の方々がご乗船されるので楽しいんです^^
 
本日は4便出航となりました!
早朝便、9時便は撮影コース2時間半クルーズ。
流氷は思った以上に近いところにあり、日の出に間に合っての撮影です。
 
本日の朝日はこんな感じ。
 

日の出の時間は、ちょっと雲が厚かったですね…
私には十分でした満足、満足。
 

こちらは流氷の間から、氷ぼんでん…流氷時期に見られる棒状の浮きです。
本日は多少風があり、流氷が流れていたので氷ぼんでんが出たり入ったり^^
 

早朝便帰り、先に帰港していた他社の観光船が通った跡が海上に残っておりました!!
これは一面、シャーベット状に海上が凍っているんです。
 

ワシは本日、撮影コースでは250羽以上集まり、早朝便は約280羽は確認しました。
ワシの数も多かったのですが、動きも良かったですよ!
 

11時から、そして13時からは1時間のクルーズです!!
流氷本体は、昨日よりも近いところにあったので1時間でも十分楽しめましたね。
団体様のツアーでも、ワシがたくさん集まりお客様は青空のもと
翼を大きく広げのびのびとしたワシたちの姿に歓声をあげておりました^^
 
 
本日、海上保安庁の砕氷型巡視船『てしお』が一般の方たちの体験航海をやっていたようです♪
たくさん人が乗っているのが見えました。
 

オジロワシがガシっと魚を掴んで飛んでいくと『おぉ〜』とお客様が盛り上がります(笑)
 

13時便のお客様方と景色最高の中、2回デッキで記念撮影です。
お客様を差し置いて、何で船長がど真ん中なんだーー(怒)!!!
 

舳先では長谷川Jrが一生懸命魚を投げてくれています。
スタッフ岡野も一緒に楽しんでおりました。
 
 
一面白く埋め尽くされた流氷と青い空、本当に息をのむ美しさ♪
本日は、快晴!!どこを切り取っても美しい景色で、とても癒されました。
 
同時進行で、知床・羅臼観光協会のほんものニュースでも他の写真を
掲載しておりますので、ぜひご覧下さい。





1215
2012年2月18日 「陸に足をついても揺れています

日の出の時間までには流氷に到達することが出来ませんでしたが
流氷帯はちゃんと日本側に^^
朝日は、雲が厚かったのですが綺麗に見られました。
 

本日はちょっと風が強かったので、オジロワシの首回りも
羽が逆立っておりました^^
 
 
オジロワシがとても近いところを通っていきました!
改めて近くで見ると、とっても大きいんですよね〜。

 
早朝便が一番ワシが集まりましたが、約120羽ほどいました。
流氷は、港から9マイルほど離れておりました(海では1マイル・1海里=1852メートル)
ワシ自体は少し少ない印象でしたが、お客様は喜ばれておりました。
 

流氷の状態は、こんな感じです。
国後島側までびっちり入っております。
 

そして、オジロワシよりもオオワシの方が目立ちましたね!
 
 
本日は、早朝便があったため3時半起きでしたが、6時出航の早朝便
その後の9時便、そして午後1時から5時までのチャーター便!!!
チャーターをした撮影陣がこちら『ディスカバリーチャンネル』の方々です^^


ワシや流氷の撮影に臨みました。
放送は来年を予定しているそうです!また詳細がわかればお知らせします。
久しぶりに夕方のクルーズ、波もありなかなか探鯨も出来ず…
黒いヒレも確認できませんでした。
 

1日沖にいたので、気分爽快〜♪明日も流氷帯に到達できますように。





1214
2012年2月17日 「気持ちのいい海上

本日は3便出航、1便目のみ久しぶりに沖にでました!
流氷らしきものを求めて3社出航です…
しかし流氷帯に当たらず、流氷に見えたものは波でした。
 
沖に出ると、港前は波がほとんどなく凪ておりました。
というのもこの『蓮の葉』氷が海にふたをしているため穏やかなのです。
 
 
流氷にたどり着けず、仕方がないので港に戻ることに(泣)
船首でカモメと遊んでいるのは、野鳥写真家・戸塚学さんです^^
 

流氷本体にぶつかることは出来ませんでしたが…
途中に残っていた流れ氷を使っての撮影をしました。
風もさほどなく、暖かく感じる天気のいい1日でした。
知床連山も絶景です!!
 

氷は小さいものの、ワシは沢山集まりました。
ざっと150羽ほど集まりました。
 

最近、港内の赤灯台の上にオオワシがとまっています^^
いつも同じ個体なのか?お気に入りのようです。
やはりワシは高いところがお好きなんですね!
 

いつもは、長谷川Jrがワシ用に魚を投げてくれるのですが、
わたくし大木が舳先に行くと…『エリカ!お前は素手で魚を投げれ〜』というので
素手でスケソウダラを掴み投げ、そのとーっても臭い手で船長の顔を撫でてやりました!!
 

…というのはウソです(笑)もちろんそんな度胸はありません。
 
本日もワシたちを観察していると、とても面白かったです^^
グワっ!!!と開脚をしているオジロワシ…
 

髪型がライオンのようにイカしたワシも…(笑)
 
 
1便目以外は団体様の1時間ツアーで2本出航しましたが、
関西からそして九州からのお客様です!
風がなかったので『あまり寒くないのね〜』と言うのは最初だけ(笑)!!
昨日同様、どんどん人数は減り、最終便は日も沈んできたので入港前に
2階デッキは私一人ぼっちに(泣)
『2階はすでにお客様がいないので、私一人なんです…』とマイクで話すと
 

客室で暖をとっていたお客様、7名ほどが2階へ上がってきてくださいました♪
なんて優しいんだ〜。とてもハッピーな気持ちのまま、本日も終了となりました。
港内に頭を出したアザラシさんがいましたが、見たのは私だけでした(汗)





1213
2012年2月16日 「沖に出る解放感

昨日は台風並みの暴風!!
私は全く眠れず、これは窓ガラスが壊れるなと初めて思いました(笑)
寝たのは今朝4時頃、6時に目覚めましたが窓ガラスは壊れておりませんでした。
 
さて、華奈江社長から買って頂いたこの『おニューの帽子』をいつかぶろうかと
まさに本日の様に、風が強くとーーーっても寒く感じる日につけるもんですねってことで
かぶったところを船長に撮られました。もちろん、EverGreenのロゴ入り(非売品…笑)
 

本日も流氷が遠かったので、9時便と1時便にて出航し港内撮影です。
ワシは約100羽ほど集まり、風はありますが、天気は最高♪
首をかしげたオオワシがキョロキョロと獲物を探しておりました。
 
 
上空にはたくさんのワシたちが山からおりてきます。
そして、ワシたちはターゲットの魚を決めると、ビューンと一気におりてきます。
そして、この鋭い爪でガシ!!っと魚を捕まえるわけです。
 
 
ワシが鈴なりに木に止まっています。
さて、このフレームにいったい何羽のワシが止まっているでしょう!?

 
港内では、ホオジロガモ、スズガモ、シノリガモ、ウミアイサ、
そしてこちらのオナガガモなども見られました。
仲良く水中をのぞいているようです^^
 

こちらのお客様は、午後1時の団体様クルーズ。
本州から来られた方々なので、こちらの寒さが辛そうですが
カメラをやる方々は元気に粘っておりました!
そこに船長も登場し、色々と説明をしていたのですが…


外の寒さに耐えきれず、暖かい客室に非難された方は・・・
 

このように笑顔で船長の説明を聞いておりました(笑)
そんなお客様と『では、みなさん船長とご一緒に一枚!!』と言ったのですが
いちを奥に船長のお腹だけ写っております…
2便目終了後、最近ほとんど港外へ出ていない私たちは、船を動かすためちょいと沖へ。
 

北方領土の国後島もとても綺麗ですが、海は時化てます。
シャチの姿は確認できませんでした(泣)





1212
2012年2月15日 「好みのタイプは・・・

こんな顔です。
 

ちょっと体がむくっとしたがっちり系のこのオジロワシ。
体つきと顔が好みだったので、まじまじと観察してしまいました。
イケメンです(笑)
 
さて、本日も残念ながら港内での撮影となりました。
流氷はまだまだ遠そうです…
港内で撮影していると、携帯で岸壁から撮影しているチャレンジャーな人を発見。
眼鏡をのぞくと、羅臼の宿『とおまわり』のご主人!!
ご主人が撮影した、素晴らしい写真は本日のブログを要チェック♪
 
 
流氷は残念でしたが…
ワシを撮影するのであれば港内でも十分に撮影できます。
一眼レフを持ったお客様がずらり!!本日は海外からのお客様も多かったです。
本日のワシの数は約120羽、その他岸壁にもとまり、道路沿いの木々にも
目立ちましたよ。

 
漁船が次々と入港してきました。
流氷があってもぐんぐん進んで行く漁船の雰囲気がとてもかっこいいです。

 
船のすぐそこでオジロワシが夢中で魚を食べていたんです^^
お食事を邪魔しないように、そっと頭上から撮影しました。
羽がとても綺麗です♪
 

 
本日は、写真右が厚岸味覚ターミナル“コンキリエ”の支配人加藤さんと
写真左が釧路プリンスホテルの北澤さんがご乗船されました。


以前からお知らせしております、
映画 『日本列島いきものたちの物語』 2012年2月4日(土)から絶賛上映中です。
羅臼在住のカメラマン石井英二さん、輝章さん親子が知床を舞台に
ヒグマの親子の撮影に臨みました!
 
そして、こちらのカメラマン・前川貴行さんは『日本列島いきものたちの物語』で
六甲山地を舞台にイノシシの撮影に臨みました。
ウリボーたちがとっても可愛いんです☆
 

 
ぜひ愛溢れる家族の姿、自然の壮大な景色をご覧ください。





1211
2012年2月14日 「足をすくわれる

本日、流氷帯が確認出来ていたのですがあまりにも遠く断念しました…
そして港内での撮影9時便のみ行われました。
 
最近、個人的にワシの正面の写真にはまっています。
こちら、オジロワシの正面写真。
 
 
そしてこちらがオオワシの正面写真。

 
ワシたちはもちろん、船をかわして入ってきますから
正面の写真は難しいです…
ワシの群れは、ざっと70羽ほど集まったでしょうか!?


昨日に比べて、ワシの動きが良かったです。
本日は海外からのお客様も多かったですが、近くで見れるワシに
とても喜んでおりました。
 

昨日はとっても寒い1日だったのですが、本日は気温がプラスに!
港内の流氷は溶けているところが多く、氷の隙間が目立ちました。
すると、こちらのオジロワシ…目の前に魚があるのですが
なかなか近づこうとしません。
 

そして意を決して魚に飛びつくと、ぶくぶく…と足元がすっかり水につかってしまい
焦ってバタバタと這い上がってきました(笑)
 

いやぁ、まいったまいった…と聞こえてきそう^^
結局飛び込んでみるも、お魚Getならずトホホ…
そんなおまぬけなワシたちがたくさん見られた面白い日でした。





1210
2012年2月13日 「しばれる〜

しばれるとは…こちらの方言で、簡単に言うと“すっごい寒いね”的な意味です。
本日の羅臼町最低気温は−13度…寒いじゃなく痛いです。
これだけ下がるのも、羅臼では珍しいんですよ!

これでめちゃくちゃ寒いぞ!!!とか言うと北海道の内陸地方の方は
−20度などよくあることなので、怒られちゃいますけど…(汗)
 
その上、本日は風が夜中からずっと強く、さらに体感温度が下がるんです。
しかし風がある日は、ワシたちの飛んでいる姿が凄く面白い。
風に向かってくるワシたちの姿がカッコいいです^^
 
 
本日は1便のみ出航となったわけですが、流氷帯は遠く港内の氷を使って
撮影となりました。
港内は、こんな感じになっています。
 

本日はなかなかワシが集まりませんでした…多い時で50羽ほどです。
 
 
風が強く『ゴー』っと吹くと、周りに積もった雪が一気に舞い真っ白っ!!
どういう状況かというと…こんな感じになるわけです。
 
 
こちらの方は、野鳥写真家・戸塚学さんです^^
ブログ“夕刊 呑んだ暮れ”にて羅臼での撮影についてもアップされていますので
ぜひ、ご覧ください♪

風が強くても、天気はとーっても良かったんですよ♪
青空にワシたちもはえます。
 
 
さて、夕方に国後展望塔へ行きました。
流氷の白い帯が遠くに見えたのですが…明日こそ沖に出たいです(泣)





1209
2012年2月12日 「雪降る港内

朝、外に出ると綺麗な朝焼けが見えました^^
綺麗な景色は見られたものの…本日も流氷は見えず港内での撮影です。
 

国後展望塔からは視界が悪いため流氷を確認することが出来ず
撮影中も雪が徐々に降り出しました。
しかし、オオワシ・オジロワシはたくさん集まりましたよ!!
 
 
カモメがカレイを食べる姿をずっと観察していたんです。
カモメは魚をまるのみ!!したかったのですが…
カレイの幅がありすぎて、結局飲み込むことが出来ず固まっていました(笑)
 

こちらは、どちらの魚を食べようか迷っていたオジロワシを発見!?
頭が右…左…右…と動き選んでいましたよ^^
 

雪がこんこんと降る中での撮影もまたいい雰囲気です。
 

本日3便目は、台湾からの団体のお客様です。
皆さん大きな荷物を手に乗船…ずらりと望遠レンズが並んでおりますね〜。
 

本日のクルーズで1番ワシが集まったのは1便目で、約120羽のワシが確認でき
山の木々にはこちらを伺って見ていたワシたちが、他にもたくさん見えました。
 

天気がよくなれば、流氷の状態も展望塔から確認出来るのですが…
明日朝に期待します。





1208
2012年2月11日 「日頃の行いはいいはずですが…

残念ながら、本日も流氷が遥か遠く(泣)
ということで港内にある氷を使っての撮影となりました。
 
このように漁船が入ってオオワシ・オジロワシが撮影できるという風景
羅臼ならではの風景ですね。
 
 
本日は3便出航となりましたが、9時の撮影コースではオオワシ・オジロワシが
ざっと数えて約70羽ほど確認出来ました。


その他、港内にはウミアイサ、スズガモ、ホオジロガモ、シノリガモなど見られました。
1時間の団体様のツアーもオオワシ・オジロワシが近くで見られて喜んで頂けました。
 

道路沿いの木々に沢山オオワシ・オジロワシが止まっている姿が見られますが、
ワシが1本の木にたくさん止まっていました。
 
 
本日は気に入った写真がなく、ピンボケばかり(汗)


天気はとっても良かったのですが、流氷が遠かったのは何より残念です。
明日も出航予定です、流氷が入ってきますように…





1207
2012年2月10日 「流氷遠し」

本日は9時便のみ出航となりました。
早朝便で出航した他社の情報から、流氷が遠いことは聞いていたのですが…
朝方吹いた風により、さらに流氷が離れておりました(泣)
往復1時間走ったのですが、結果港内での撮影となりました。
 
昨夕見えていた流氷はすっかり離れてしまいましたね。
港内には、こちらオナガガモをはじめ、スズガモ、シノリガモ、カワアイサなどが見られました。
 

第百三十五 昭漁丸 がちょうど入港^^
 

ワシが上空で、鋭い爪でがっちり魚を掴んでいます!
上空で器用に魚を食べておりました。


 
港内には小さなアザラシが氷の上でゴロゴロ♪
 

ワシたちが激しく魚の奪い合いをしており、
その奥には、アザラシがのんびりゴロゴロ♪
 
 
先ほど、世界の川端さんが“The JR Hokkaido”というJR北海道の車内誌
を持ってきてくれました。
世界の川端さんは、羅臼町民で元々役場勤務。
昔はとーっても怖い方で、船長たちが子どものころ流氷に乗って遊んでいると
『コラーーーー!!!』とよく怒鳴られていたそうですよ。
船長から、川端さんは名物おやじだったんだ!と未だよく聞かされます。
 
今はすっかり動画にはまり、EverGreenに乗船しては、日々生き物たちの出遭いを
楽しみに映像を撮り続けている方なんです。
船ではこんな感じで、ちょっと寡黙な?雰囲気を漂わせておりますが…(笑)
 

雑誌ではかっこよくダンディーに?掲載されておりましたよ^^
実は、世界の川端さん…役場に勤めていた当時(1969年2月)
歩いて知床半島を回った凄い冒険家なんです!
約100キロ、18日間の道のり。そして歩いた場所は流氷原…
 

川端隆さんの冒険記はゴジラ岩観光さんのHPに詳しく掲載されております。
ぜひご覧ください。
 
THE JR Hokkaido には川端さんのお話以外に
知床ダイビング企画の関さんや知床ナチュラリスト協会SHINRAさんも
紹介されておりました^^
道内、JRで移動の際はぜひご覧になってみてください。





1206
2012年2月9日 「安全点検の日」

早朝から風が強く、ほとんど眠れませんでした…(泣)
お客様の需要があったものの、荒天のため本日も終日欠航となりました。
 
朝に船で仕事をし、港内で漂いながら漁船の出航風景を
船長と長谷川Jrと見学しておりました^^
いつもなら早朝に漁船は出航するのですが、本日は強風のため
遅れての出航となりました。
 
カメラを持っていなかったので…携帯写真で失礼します。
出港風景、カッコいいです^^
 

さて、色々と船での作業をしていたのも、本日午後からは…
北海道運輸局による安全点検の日です!
 

皆さんの命を預かる仕事です、しっかり点検して頂き安全第一で出航します。
 
夕方、国後展望塔へ船長と行って海の様子を観察してきました。
 

連日、欠航となっておりましたが流氷はやっと入ってきたようです。
ちょっと距離がありますが奥に白く帯が出来ています、こちらが流氷です。
明日は久しぶりに9時便にて出航予定!!流氷帯が近くにありますように…





1205
2012年2月8日 「日本列島いきものたちの物語」

車で走ること3時間…みんなで釧路の映画館へ!!
昨夜から羅臼は吹雪いており、本日は終日欠航です(泣)
ということで自然ドキュメンタリー映画『日本列島いきものたちの物語』を
観てきました^^
 
 
以前から宣伝しておりました、羅臼在住のカメラマン
石井英二さん、輝章さん親子が知床のヒグマ親子の撮影を担当したんです^^
 
映画は何と言いますか、とりあえず凄い映像でした。
どの動物も、母の愛情あふれる姿、子どもたちの逞しく力強く生きていく姿
本当に素晴らしい映画でした。
 
今朝の北海道新聞(根室版)で今回映画の撮影に挑みました
石井英二さんの記事が掲載されておりました。


 
あっ…映画を見る際は、最後のエンドロールもしっかりチェックしてくださいね!
知床ネイチャークルーズの名前をしっかり確認してきました(笑)
皆さん、ぜひ劇場へ!!!





1204
2012年2月7日 「濃霧発生」

本日、お客様からメールを頂いた際に
『望郷台のカメラを見ると、かなり吹雪いているようですね』と言われました。
お客様は勘違いをしていたようです。
 
本日の羅臼町は濃霧!!この時期これだけ濃霧が発生するのは
とっても珍しいんですよ。
羅臼の宿『とおまわり』に本日の羅臼の様子がわかりやすく掲載されています。
雪もパラパラ、視界不良もあり本日の9時便は荒天欠航です(泣)
 
さて、本日は1日事務仕事をしており写真は撮らず…
後日、販売予定☆新しく作ったパーカーが届いたので試しに^^
 
正面はこんな感じで…
 
背中はカッコいいシャチが…

腕には可愛いEverGreenが…

色やロゴの配置は、良いも悪いも全て船長のセンスです!!
実はまだまだ新しいデザインのものが出来上がる予定!?
船に乗船するお客様がどんどんお揃いになったら楽しそう(笑)
詳細が決まれば、またご紹介します^^





1203
2012年2月6日 「ざっと250羽のワシ」

本日は早朝便のみ出航となりました。
他社の観光船と2隻で出航し、流氷は昨日と同じ様な場所にありました。
出航時、ちょっと雲が厚いかなぁ!?と世界の川端さんと話しておりましたが…
期待を裏切られました(笑)
 

長谷川船長撮影!!
 
朝焼け、日の出、流氷もワシも好条件でしたね。
氷の隙間の水辺や雲の状態も演出し、本当に素晴らしい景色を見ることが出来ました^^
 
こちらは、空中で魚の奪い合いをしていたワシたちです。
上のワシが魚を落としてしまい、それを横取りしようとしているワシです。
 

知床連山の雪山の景色も最高です!!
 

ちょっと口に詰め込み過ぎでは…!?口ばしからは魚がはみ出してます(汗)
 
 
本日も流氷は陸から遠かったため、カラスも少なかったです。
北見から来られたお客様が、オオワシが見たかったということで
こんなに見れるなんて!!と大変喜ばれておりました^^
 

こんなに見れたのは今年初です(笑)
オオワシが風に背を向け立っていたのですが、チラチラ羽がめくれて
何とも可愛らしく、とても気になりました。
 

流氷の向こうに見えている船は、『安全操業』の船たちです。
『安全操業』とは領有権を棚上げし、日露中間地点を超えて
操業出来る船たちのことを言います。
 

オオワシ・オジロワシは本日約250羽は確認でき
もしかしたら、もっといたかもしれません(汗)
 

以前からお知らせしておりますが…
日本列島いきものたちの物語』が2012年2月4日(土)より上映中です!!
奇跡の島・日本列島に満ちあふれる、いきものたちの“家族愛”感動の自然ドキュメンタリー映画。
その中で、知床を舞台にヒグマの兄弟の成長の記録を羅臼在住のカメラマン
石井英二さん、輝章さん親子が撮影に臨みました。
こちらが、本日の石井英二さんと
 
息子の輝章さんです^^
 

ぜひ、近くに映画館がある方!!足を運んでみてください。
羅臼からは映画館まで3時間です(泣)





1202
2012年2月5日 「まずは船長の熱弁をどうぞ」

本日はウニ漁が行われました。
こちらウニの出漁風景を長谷川船長が撮影しました。
 
 
この小さな船でタモを使い、一人でウニをとるんです。
こんな小さな船で出るんですから、風や波がある日には出漁できません。
こちらの方は、夏の間知床岬にある赤岩地区で番屋生活をし、昆布漁をしている成田さん。
今では、先端部の赤岩地区には、成田さんを含めたった2軒しか行っていません。
船長が赤岩地区に行っていた子どものころ(今から40年前)では、
最大で漁家は48軒、先端部に行っており大変賑わっていたようです。
 
ウニ漁は、船が小さいので常に風にさらされながら作業するので、とっても寒く辛い仕事です。
まさに激寒!!皆さん、ウニを食べる時は『漁師の苦労』を一緒に噛みしめて食べてください。
地元の人たちは高い安いと言いますが、関東関西から来られた方は
羅臼のウニが1折1000円代、2000円代で買えたら驚きますよね!?
北方四島周辺から、輸入されるウニに押され価格がこのように安くなっているんです。
ウニの値段は船長が子どもの頃はもっと高く、これだけの苦労に対してこの値段
漁師が本当にかわいそうだと船長は言っておりました。
ウニだけではないです、他の魚も野菜もなんでもそうですよね。
羅臼昆布を食べて成長したバフンウニは、とても美味しいんですよ!!
羅臼お越しの際は、ぜひ旬のバフンウニをご賞味ください。
 
ということで…そんな成田さんを見届けて、私たちも9時便にて出航。
流氷帯は帯状に陸から約10キロほど離れ、日露中間地点に近い所にありました。
 
 
最初は、なかなか集まらなかったワシ達でしたが…
どんどん動き始めました^^
 
流氷の状態は、こんな感じです。
風が吹いたのでだいぶ崩れてしまいましたね(汗)
知床連山バックに流氷ワシがたくさんいます。
 
 
本日は、約60羽ほどワシが集まりました。
出航時は雪に風で視界も悪くちょっと不安でしたが、最後には天気もよくなりました♪
そして、帰り際のことでした。
私、大木はいつも2階のフライデッキにずっと立っているのですが…
 
こんな感じです。
 
真上によくコヤツ等が集まるわけですよ。
羽の間からちょこっと足が出ていて可愛いかったり。
 
 
そして、私の頭上を越えていったと思ったら
目の前に…
 

丸いライトに着地!!思わずお客様と笑ってしまいました。
冬季クルーズ、随時受付中です!!皆さまからのご予約お待ちしております。





1201
2012年2月4日 「初早朝クルーズ」

まずは、今年初の早朝便が朝の5時半ごろに出航です!!
今年初の早朝便…朝焼け、日の出は最高でした^^
北方領土・国後島の島影から朝日がのぼります。
 

長谷川Jrは、おニューのカッパを着て、寒い中頑張っていますよ〜。
 

本日は羅臼在住カメラマン、石井輝章さんから色々ご指導頂きながら…
カメラを楽しんで撮影しました。
急降下のオジロワシ。
 

ピューンっ!!
 
昨日と本日、乗船した中国のお客様、その添乗員さんはさっぽろ慎観光バスのチョンさん。
とても日本語が上手で、一眼レフにも目覚め始めているようで私が持っていた
カメラにも興味深々^^
 
写真右が添乗員のチョンさん。
 
早朝便は3隻で出航し、ワシはざっと170羽ほどは確認出来ました。
2便目は1時間のクルーズ、そして3便目は中国の団体様のクルーズでした。
 
毎日、羽だけは綺麗にお手入れしたいですよね♪
 

流氷は崩れた氷ばかりでしたが、帯状に標津方面へのびていました。
1時間のクルーズでも十便に流氷とワシを堪能することが出来ましたね〜♪
 

いつもはオジロワシばかりを撮影しているので、本日はオオワシ重視で。
羽がとても綺麗です。
氷上や上空ではよくワシ同士の餌の奪い合いが見られます。
オリャ!!っと勢いよく足を出すも…
 

足短かった…とどかない(汗)
 
シャッキーンと着地が決まったオオワシ。
 
 
本日の夕方便、斜めに上がるなんと潮吹きがーーーー!!!
 
 
っと思ったら、ただ流氷にしぶきがあたり舞っているだけでした(泣)
 
3便目も面白い動きを見せてくれたオオワシ・オジロワシ。
120羽ほど集まりました。

 
そうそう、1便目入港後怪しい人影を見つけました(笑)



よーく見ると、羅臼の宿うみねこ屋の従業員さんでした^^
港内にいたゴマフアザラシの撮影をしておりました。
素敵な写真を撮る、大好評のブログもぜひチェックしてみてください。





1200
2012年2月3日 「今日はコレで決まり!」

本日は9時便のみ出航となりました。
天気は快晴!国後展望塔からはすぐ近くに流氷帯が確認できいざ出航!
港内には、ホオジロガモ、スズガモ、シノリガモ、カワアイサなどが見られました。
 
景色はこの通り、雪におおわれた白い羅臼岳と流氷に青空がはえますね♪
こちらの写真は『今日のNEWSの写真決定だ!!』と大声をあげた船長の1枚^^
 
 
 ワシたちは動きがよく、風も多少あったので見ていてとても面白かったです。
 
 
私を見ているかはわかりませんが…鋭い目つきがカッコいいですね。
 
 
本日は中国からのお客様も乗られ、喜んで頂けたようで明日もご予約頂きました^^
 

本日は他社の観光船と2隻で出航しましたが、120羽ほどのワシが確認出来ました。
 
 
いつもは船の2階デッキから生き物を探したり、写真を撮っている私ですが
本日は珍しく1階から撮影!!見る角度が変わるので面白い。
皆さんも場所を変えながら、自分の好きなアングルを探してみてください。
 
 
オジロワシの爪…凄いですよねぇ(汗)これで魚を鷲掴みっ!!!
 

 
明日は、今年初の早朝便にて出航予定です。
キレイな朝日が見られますように♪
 
さて、いよいよ明日2月4日(土)から 『日本列島いきものたちの物語』が公開となります!!
 
撮影:石井輝章氏
 
奇跡の島・日本列島に満ちあふれる、いきものたちの“家族愛”感動の自然ドキュメンタリー映画。
その中で、知床を舞台にヒグマの兄弟の成長の記録を羅臼在住のカメラマン
石井英二さん、輝章さん親子が撮影に臨みました。
以下の写真は本日の石井親子です^^
 
お時間ある方は、ぜひ皆さまお誘い合わせの上…劇場へGO!GO!





1199
2012年2月2日 「初アザラシみっけ」

本日は、2便出航となりました。
港内を出るとすぐに、ウミガラスを1羽発見しました。
距離が遠かったのでかなりトリミングしております(汗)
 

 
流氷は港の目の前にぎっしりと入っておりました。
1便目は他社の観光船と2隻で出航し、本船の周りには50羽ほどのワシの群れ。
 
 
こちら撮影している女性は…知床 漁師の店 かにやの店長さんです^^
写真が趣味で、色んな写真を撮っています!
店長ブログでもその腕前が公開されておりますので、素晴らしい写真をぜひご覧ください。
 
 
こちらのオオワシの背景は、羅臼の2階建て漁港です。
本日はこれだけ近いところに流氷帯がありました!
 
 
魚を奪い合い、羽を広げると2M以上ある大きなワシたちが目の前で争います。
羽ばたく音も迫力があるんです。

 
1便目入港間際、アザラシが氷の上で休んでいました。
まだ小さな幼獣のようですね。今年初氷上のアザラシです♪
 

2便目は、韓国の団体様を乗せ出航です!!
この通り、みなさん大きなレンズのついたカメラを持参し、船は荷物でいっぱい(汗)


高い氷に凛としてオオワシがとまっています!奥に見えるのは、北方領土の国後島。
2便目は100羽ほどのワシが集まりました。
 
 
鳥好きのお客様らしく、寒さにも負けずずっと集中しておりました。
帰り際、手を振るとバスの中からみなさん笑顔で手を振り帰っていったので
きっと楽しんで頂けたことと思います^^


韓国のお客様はワシ以外興味がなかったようですが…
その他、ウミアイサ、スズガモ、クロガモ、ハクチョウなども見られました。
 
このまま順調に運航できればいいなと思います。
明日も出航予定!冬季クルーズご予約受付中です。





1198
2012年2月1日 「ココイチ流氷帯」

本日はお客様の需要があり2便出航予定でしたが、
夜中に吹いた風が影響し沖合は波があり、流氷も離れてしまいました…
 
お昼には流氷も近くなってきたので出航したかったのですが、
波がまだあったので残念ながら欠航です。
 
夕方にもう一度、流氷の動きを見に国後展望塔へ向かうと
たまたま他社の観光船の船長も流氷を見に来ておりました^^
 

なかなかいい感じの流氷が入ってきておりましたよ!!
 
 
漁港前、とても近いところに流氷帯が流れてきておりました。
今年に入って一番しっかり流氷帯が見えたでしょうか!?
明日は出航したいです。



>>> トップ

(有)知床ネイチャークルーズ
〒086-1833 北海道目梨郡羅臼町本町27-1 「道の駅知床・らうす」裏通り
TEL 0153-87-4001 FAX 0153-87-4002 【電話受付時間:7時〜20時】
ご予約は知床一番!知床二番!まで